Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ

2003年9月30日
 

 先週一週間、ここ兵庫県加古川から九州鹿児島まで行ってきました。車で全行程2108キロ(^^)v
 九州を車で一周するのは永年の夢だったので、仕事とは言え本当にうれしかった。高速道路で長距離を走っていると『お友達』ができるんですよね・・これがまた楽しい。同じようなスピードで走る車と適当に車間距離を保ちながら、そして前後で入れ替わる。その間にトラックなんかが入ってきて、置いていかれたかな・・と思っていたら、トラックがのいた後にはスピードを緩めて待っていてくれたりするんですよね。お互い顔を会わせる事はほとんどないけれど、『連れ』なんですよね・・。
 鹿児島の地方TVを見ていたら、西郷隆盛の126回忌だと、ひ孫の方が登場していました。ひ孫と言うその男性は50歳半ばくらいで、この人の・・というか、どう考えても私と一世代も変わらないこの人の曾おじいさんの時代は、まだサムライと言う人達がいたのか・・・坂本竜馬がいた時代。まだ切腹と言う儀式があった時代・・!?さらにパンフレットを見て驚いたのは、桜島と大隈半島が陸続きになったのが大正3年の大噴火の時だと言うこと。ええっ??地面が出来て日本地図が変わったのがそんなに最近のことなの?なんだか頭がこんがらがってきた!!
 私達の世代が曾おじいさん・おばあさんとなる頃には、どんな風に日本は・・世界は・・地球は変わっているんだろう。この100年余りの変貌と同じスピードで変わっていくとしたなら、私達には想像も出来ない世の中になっているのかもしれない。もしかしたら淡路島と神戸が陸続きになっているなんてことが・・あるはずはないけれど(笑)
 それぞれの時代の人たちが精一杯その時を生きて、命を次につないでいく。自然という大きな器の中で、これからも続くであろう長い長い命のつながりは、何があろうと自分達が・・子供達が守っていかなくてはならないものだと、今なお噴煙を上げる阿蘇を前にやけに神妙に考えたのでした。
 


2003年9月16日
 
 今朝子供達を加古川駅まで送ろうと6時過ぎに外へ出て、その気温の低さに驚きました。日中はまだ夏を思わせる太陽が照りつけているうえ、世間は阪神タイガースの優勝に沸いて熱気ムンムンですが、実りの秋は確実にやってきているのですね。
 今学期になって3週間に一度だけの帰宅となった子供達。週末はどうやって過ごしたのかしら。毎日同じ服で1週間過ごしてないかしら・・(笑)という親の心配をよそに元気いっぱい・・というかむしろ当たり前のように、ひと回り大きくなって帰ってきました。一緒に暮らしていた頃はここまではっきりと感じることの出来なかった子供の成長。まあ、これが一番の楽しみと言いますか・・。
 「離れてて寂しくない?」とよく聞かれます。子供達もよく大人にたずねられるようです。「寂しくない」と答えると「えらいね」と言われるらしく、「自分は偉くも何ともなく、楽しいから寂しくないと答えているだけで、さらにその返答を聞いて納得しないような表情をされると困る・・」とボソッと子供達が言うのを聞きました。だから最近では伏目がちに(息子曰く、遠慮がちに)答えているのだと・・。同じような体験をしている私としては、なんとなく想像がつくだけに、彼らの気持ちがよくわかったりして・・・( ;^^)ヘ..
 昨日一番上の息子と、映画『Hero』を観て来ました。映像の美しさと中国史という神秘的な物語に興味があった私と、『マトリックス』のCGチームが手がけている事をポイントに挙げていたアクション映画好きの彼。息子の友達の中ではこの映画の好き嫌いははっきり二分されているらしく、彼の感想を尋ねてみると「まあまあ」という答え。「はは〜ん、彼好みではなかったんだな」と私はわかったけれど、入場料もジュース代も払ってもらった手前、一人前に気を遣ってるとみた・・。
 返事一つについても言い方で相手の気分を良くしたり悪くしたり・・。親元離れて日常生活の中で人との距離の取り方を試行錯誤している彼ら。大人になった私もまだまだ修行中。3週間後帰宅した彼らは、次は私にどんな宿題を残して行くのかしら・・。
 

2003年9月8日
 
 昨日バスケットの試合がありました。いつも試合後にはとんでもない自己嫌悪に襲われて数日間心重い状態が続きます。下手で情けない気持ち、年齢とともに体の動きがイメージ通りにいかないジレンマと腹立たしさ!!そんなものは当たり前のようにあるのですが、もっともっと私を沈み込ませるもの。それは・・。
 子供の頃は負けん気が強く勝つことにかなり執着があったほうだと思う。だから負けない為に練習もしたし策も練った。その思いは大人になっても密かに続いていたような気がする。子供を育てるまでは・・。3人の子供を授かって、競争の無意味さをしみじみと感じることになる。母として子供の保護者としての集まりの中での競争。ここで以前の勝気な私はすっかりなりをひそめてしまったのだ。その方が子供達にとってよい状況だと学習したから。
 でも、母の実務から離れる時間が長くなってあらためて気が付いた。『母』というのはあくまでも幾つかある引出しの一つ。『妻』『娘』『仕事人』etc.。個々の引き出しに気をとられ過ぎて、タンス全体を見る事忘れかけていたのだ。『母引き出し』が戦わないからといって『私タンス』までもが勝負を止めてはいけないのだ。
 戦うことを再開すると誓って挑んだ試合。負けてしまったし結果を残すことは出来なかったけれど、久々に心地よい体の痛みを味わっている。息苦しくて倒れそうになってもコートの中を走り回る。ボールを奪い合うのは相手ではなく「休みたい」という心の声。 そう!!戦う相手は自分。周りの誰でもなく物でもない。自分自身なのだ。大人になって他人と競い合うから傷ついたり苦しんだりする。問題は戦う相手にあったのだ。
 ・・ってなわけで、ひとまずは次の勝負に備えてしっかり休息をとることにしましょう。・・寝すぎだぁ〜と怒鳴られない程度にしておきたいとは思うのですが・・・(笑)
   

2003年8月26日
 
 先週、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)行ってきました。日帰りで楽しめる距離にありながら、実はこれが初めて。ウワサのUSJに期待いっぱい!
 ・・が、結果から言うと昼ご飯を食べてすぐ帰ってきてしまいました。(USJファンの方ごめんなさい)照り返しの強い園内でも元気に歩きまわったり、『90分待ち』と記された列の最後尾に並ぶような我慢強さが、悲しいかな私達にはない・・みたい。待ち時間を少しでも快適にと設置された扇風機の中に羽が取れてしまったまま閉じ込められている蝶や、雰囲気を盛り上げる為に植樹された木々が山の中では見られない庭木だったりすることに、気持ちがいってしまう私達。そんなんじゃ楽しめるはずがない。つまり我が家は遊園地には不向きだということなんですね。「暑い、帰ろう・・」とついには文句タラタラ・・。入場料が・・・とひっかかりながらも、実は私も帰りたい。
 っで、おととい、川で遊ぼう♪とお気に入りのスポット目指して鳥取県まで行ってきました。ドンブカあり、流れの速い浅瀬あり、大きい水溜りあり。草むらに埋もれたどこにでもありそうな風景が、私達には最高のアトラクション会場に見えてしまう。あゆを突こうと必死に潜る川水は足を入れるのさえためらわれる冷水。おまけに小さな虫が体をあちこち刺して超かゆい。極めつけは、はしご階段で重い荷物を片付けている途中の雷豪雨。せっかく着替えたのに全身びっしょり。
 にもかかわらず!!誰一人文句を言わない。ただただおもしろかった!!・・らしい。実は私もずぶぬれさえ楽しんでいたりする。根っからの野生人集団なのだ。
 それにしても子供達。将来のデートコースに遊園地も選択肢に入るのかしら。余計なお世話だとは知りつつなんだか気になる母なのです。
  


2003年8月15日
 
 2日前のこと。ポストに不在配達票があり、差出人欄には北海道に行っている息子の名前。「はは〜ん・・荷物が増えて重くなっったから送ってきたんだなぁ。」と夫と話して宅配会社に連絡。修学旅行に出発して10日余り。便りのないのは元気な証拠とは言え、電話の一本位かけてきても良さそうなものなのに全く音沙汰なし。TVの天気予報を見ては、北海道の雨の多さを気にかけている私達の気持ちなど知る由もないわけで・・。っま、面倒くさがり屋の息子には期待できないか・・(ーー;)
 約30分後荷物が到着。配達員さんの手元を見ると、やけに小さな箱で『横置き厳禁!』の赤いシール。品名は・・ミュラートゥルガウ???
 開けてみると・・なんとハーフサイズの白ワイン!ラベルには『北海道限定』の文字!・・これには正直参りました。おいおい、やってくれるじゃない。ちょっと待ってよ〜。あの子が・・??いつの間にこんなにコシャレタことをするようになったん?・・。私の息子はこんな気の利いたことが出来るヤツではないはず・・。うれしさの後にはなんとも微妙な感情がこみ上げてきました。
 息子14歳の夏。北海道の香りがする透き通ったグリーンのワインボトル。これが、彼の巣立ち記念の一つになるかもしれないな。明朝玄関に立つ彼が私の知らない表情をするとしても、いつもと変わらず「おかえり」と迎えようと心に決めている意地っ張りの母なのです。
 


2003年8月4日
 
 本日のもちママおすすめSong♪ 『しあわせになろうよ』 By長淵剛 (2003年5月1日発売) 
 ここ1週間で何十回と聞いたことか・・『順子』や『巡恋歌』を聞いて切ない想いを抱いていた遠い昔。『とんぼ』や『ひまわり』を聞きながら仕事や子育てという一種の戦い(?)に追われていた頃。 そして久しぶりに聞いた彼のこの歌。「しあわせになってね」ではなく「しあわせにしてね」でもなく「しあわせになろうよ」というフレーズはなんともぐっと来る。 
 『乾杯』で「君にしあわせあれ〜♪」と歌った彼が、15年経って「しあわせになろうよ」と語っている。そうなんだよね・・。しあわせってそういうものなんだよね・・。色々なことを経験して少しずつ見えてきたのかもしれない。だからこんなにも伝わってくるものがあるのかな・・。
 子供達も「いい曲だね!」とMDに録音してはいたけれど、このメッセージの深さは、まだまだ彼らにわかってたまるものか・・今日から2週間の手作り修学旅行に出かけた息子。一から作り上げるのはそれは大変だったし、完璧に計画をしているつもりでもどんなアクシデントがあるかわからない。でもそれをやり終えた時の気持ち・・。北海道から帰路の船中でこの歌を聴く頃には、ほんの少しその意味がわかるかもしれないな・・と思いつつ旅の無事を祈っている母なのです(^-^)/
 
 
>>>Topページへ