Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ

2004年9月26日
 

  この夏は、子ども達に勧められた流行の少年マンガコミックを何十冊と読みました。(子どもだけでなく大人の男性にも人気があるらしい。)
 男の子のマンガって、カタカナの名前やウンチクが盛り込まれ、主人公が仲間を得て戦いながら成長していくというお決まりのパターンがあるようですね。
 女の子のマンガが<恋愛のバイブル的>なものだとすれば、男の子のマンガは<生き方の地図・・>とでもいうのでしょうか。
 例えば、一軒のお店が登場したとすると、女の子のマンガの場合は、どんな雰囲気のお店で、そこで交わされた言葉や情景が大切なのに対して、男の子のマンガは、なんという名前のお店で、そこでの目的は何だったのかという形が大きなポイントだったりする。
 そして、単純明快な『きめゼリフ』も女の子のマンガには少ないような気がします。

 息子が何を考えてるかわからない・・という友人のつぶやきに、今回の読書(?)で、男の子は根本的に別の思考回路だと確信&あきらめ(^^ゞを持った私は言いました。
「彼らが『別物』だと思えると、ラクになることもあるかもしれない。理解できなくて当たり前。未知の生物を観察するつもりで接してみると、新しい発見があるかもしれないよ。」と・・(笑)

   

2004年9月9日
 

沖縄お土産  夏休みに真ん中の息子が沖縄に修学旅行に行きました。
 なにせ、予算は限られているとは言え、子どもたちで行き先から日程から宿泊先まで計画を立て、手配できるとくれば、遊びにとことん貪欲な彼らのこと。
離島から本島まで、できうる限りのことをして・・いえいえ、それ以上に遊んで食べて観ての10日間だったようです。
おまけに、天まで彼らの味方をしてくれたのか、台風のはざまの晴天に恵まれて、連日この上ないビーチ日和。

 「沖縄の人たちはみんなすごく親切だった。」と何度も言うのを聞いていると、美しい自然はもちろんだけれど、出会った人たちの素朴な優しさのおかげで、素晴らしい旅をすることが出来たんだなとあらためて感謝の気持ちでいっぱいになります。昨年、上の息子が北海道に行った時も「北海道の人は親切だった」と、何度も言ってました。
 計画に時間と手間をかけた手作り旅行だから、ちょっとしたトラブルの時に差し伸べられる優しさを敏感に感じることが出来るのでしょうね。
 途中ビーチに水着を忘れて、買う羽目になり予定外の出費。手持ちのお金で昼食や観光先の入場料なども支払わなくてはならないので、旅半ばでかなりの痛手だったようです。沖縄限定のハイチュウ(お菓子)を買うのも我慢してもちこたえ、最終の残金は141円也。お見事・・(^◇^;) 
 ・・で、上の写真はご存知沖縄名物の2品。いずれも微妙に箱が崩れているところが、旅の疲れを物語っているようで良い感じです(笑)
  

2004年8月18日
 

 お盆が過ぎて急に涼しくなってきましたね。過ごしやすくなったのはうれしいけれど、妙にアノうだる暑さが懐かしく感じられるのは不思議です。季節は変わっていくのですね・・。当たり前のことだけれど・・。

 オリンピックでは、超一流のアスリートたちが超一流のパフォーマンスで連日私たちを感動させてくれています。どの種目においても鍛え抜かれた肉体はもちろんのこと、ゆるぎない精神力の強さには息を呑んでしまいますよね。本当に心臓に毛が生えてるんじゃないかと思うくらいです(笑)

 個人的に気になったのは、バスケットボール男子のアメリカチームが初戦で敗れたこと。
世界No1.リーグと言われるNBA選手が集まってできたチーム。どんな華やかなプレーで魅了してくれるんだろうという期待ばかりで、負けることなど、ほんの少しも想像してなかった。
国際ルールや審判への違和感の積み重ねがチーム全体のフラストレーションとなり、彼らの肉体の動きまでぎこちなくしてしまったような気がする。NBAオールスター戦で見た彼らとは、まるで別人のよう。ほんの少しの気持ちのほころびが、極限状態では身体も飲み込むほどの大きな穴になっていくのかもしれない。
2戦目は接戦の末、勝利したようです。そこには全身で喜びを表現するアメリカ選手の姿がありました。勝って当たり前では、なかったようです。
 
 残りのオリンピック、いろんな戦いがあるんだろうな。戦う相手・・最後は自分。選手たちを応援しつつ深く味わってみたいと思っています(^^)v


 
>>>Topページへ