Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ

2004年12月20日
 

 友人のお花屋さんで一目ぼれした、フラワーアレンジメント。クリスマスが過ぎたら、中のポインセチアを葉牡丹に変える様に言い聞かされて(^^ゞ帰ってきました。
 ピカピカの電飾は、華やかで心踊るようで大好きだけれど、自分の手に負えるものとなると、どうしてもシンプルなものに目がいってしまいます。
 ちなみに手前のふくろうの木彫りは、手の中におさまる丸みと木のぬくもりがなんともいとしくて、数年前に予約待ちをして購入したもの。公園で見つけてきた木の枝に落ち着いてくれています。
 こんな素朴なクリスマスが、今の我が家にはピッタリかもしれないな・・。

 今日は息子の受験。
昨日から乗り継ぎや時刻を調べて、電車では、行ったことのない場所へ早朝から出発。「途中まで一緒に
行こうか・・?」さりげなく言ってみたけれど、「大丈夫やで。迷ってもいいように早めに出るから。」と返されてしまいました。
 もうすぐ試験開始時刻。電話がないところをみると、無事に到着しているのでしょう・・。
 私一人なら、自分が安心するために付いて行ったかもしれない。でも、夫と二人、「我慢我慢・・」と顔を見合わせながらなんとか踏みとどまっています。
 どんな子育てが正しかなんて誰にもわからない。ただ、子どもにどんな大人になって欲しいのか・・子どもが将来楽しく人生を歩んでいくために、何を手伝えるのか・・。親業も子どもの成長に合わせて、学習していかなければならないのでしょうね。 
  

2004年12月2日
 

ビートルズ レゲエCD

 レゲエはいささか季節外れになりますが、最近運転中に聞いているのが、左写真のCD。平たく言うと、「ビートルズのレゲエバージョンカバー」ということになるのでしょうか。
久しぶりのビートルズ。リズムも違っていて、懐かしいというより新鮮な感じでとても気に入っています。

メッセージ性が強いのか、リズムに乗ってしまうのか、パソコン作業をしながらのBGMにはどうも不向きです。頭の中が音楽で混乱してくる・・私の場合。

そしたら、偶然息子がビートルズ全集のCDをお土産に買ってきました。比較的聞き取りやすい英語に馴染めたのか、そのサウンドが気に入ったのか、すっかりはまってしまって一日中流しっぱなし。
彼に言わせると、私のレゲエバージョンCDはイマイチらしい。
   そうかなぁ〜。良い感じなんだけどなぁ〜。
「元祖ビートルズは、たらふく聴いた」という方、レゲエのリズムも気分が軽くなりますよ。一度お試しくださいませd(^-^)♪
  


2004年 11月3日
 

  昨日は息子を関西国際空港に送り届けてきました。早朝の集合だったので、家を出たのはAM4:45。もちろん外は真っ暗・・。
 ここから関空までは、阪神高速から湾岸線に乗り換えて片道約100キロほどなので、手軽なドライブ気分♪真っ暗な中、左手には六甲山のふもとに散りばめられたたくさんの星を見て、時間と共に白んでいく空のもと、右手に広がる海を見てと、仕事に追われる日常の中で、良い気分転換になりました。

 帰りにちょっとした『事件』発生・・☆
適度な(?!)スピードで、右車線を走っている私の車の後ろに、一定の車間距離をとって走る白いセダンをルームミラーで発見。「お先にどうぞ・・」ということで、いったん左車線によけたのですが、右車線を走るその車はスピードを上げて追い抜いていくわけでもなし。
そのうち左車線を走っている私の前に、ゆっくり走るトラックが近づいてきたので、追い越すべく再び右車線へ。(余談ですが、私はMYスピードで走り続けるのが好きなので、特に追い越す時もスピードを上げるわけでもなく、結果的に追い越した・・という感じになります)
その間も、例の白いセダンは右車線を走る私の後ろから、一定の車間距離を置いて走ってくる。高速道路では、こんなパターンで「走り友達」というのができるので、その白い車もそうなのかな・・と思いつつ、右車線と左車線を行ったりきたりしながら、一定のMYスピードで走っていました。
 それを何度か繰り返したあとに、私が左車線に入るとその白いセダンが急激にスピードを上げて右車線を走っていきました。一緒に走るのに飽きたのかなぁ・・などとのんきに考えている私の横を、今度はシルバーワゴンが猛烈なスピードで抜き去っていきました。
 その後数秒・・・。
 左車線にいる私の数台前から一台の車が屋根にサイレンをつけながら右車線に出てきて、「前の車とまりなさい!」と、シルバーワゴンをスピード違反で捕まえるために、マイクで叫んだのです。
 そうです!私の後ろにピタ〜っとはりついていた白いセダンは、「覆面パトカー」だったのです(゜゜;)!
 そのまま湾岸道路の左端に追い込まれ、止められるシルバーワゴン。その横をドキドキしながら走る私。
    ・・・・・もしかして、私がスピードを出しそうだったから、待ってたってこと?・・・・(O.O;)(oo;) 
 皆さんも、スピードの出しすぎには注意して、安全運転を心がけましょうね。

 PS. 田臥選手がNBAの開幕選手入りを果たしましたね\(^o^)/がんばれ〜〜!!!

    


2004年10月15日
 

庭のバスケットゴール  今日は暑くもなく寒くもなく、気持ちの良い秋晴れです。庭のバスケットボードを通して見る青空もこんなに爽やか。思わずシャッターを押してしまいました。
 バスケットといえば、日本人初NBA開幕プレーヤーを目指している田臥(たぶせ)選手。
昨年までの彼は、私の中で、田臥『君』だった。でも、丸顔でかわいらしかった頬はこけ、目つきは野性味を
帯びて一点を見つめる鋭さを持ち、鍛え上げたという引き締まった体でメディアに登場した彼を、もう『君』付けでは呼べないような気がします。
 きっと、彼はバスケットを始めた子どもの頃から当然のようにレギュラーで、スターで、チームを表彰台に導き続けた選手だったはず。日本でプレーしていたらその華々しさの延長線上で、土俵であるコートに立てるかどうかなど悩むこともなかったかもしれない。
 ・・・夢・・・
 誰に命令されたわけでもない。誰のためでもない。ただ、自分の夢を実現するために、どんなにつらくてもどんなに厳しくても前を向いて歩いていく。目的のために誰かと戦って勝ち残っていかなければならなくても、戦う相手は、あくまでも夢をあきらめて現状に流されてしまいそうな自分自身。
 
 来春中学を卒業する息子は、将来のことを少しずつ考え始めました。まずは、自分のやりたいことを見つけるまでの道のりを楽しみつつ、自分探しの旅を続けるようです。苦しさもつらさも本人にとっては、達成へのステップと思えるくらいの『夢』に出会えるといいな・・と少し離れた所から見守っていこうと思います。

 田臥選手。CMのような華麗なプレーが、本場のNBAコートで見られる日がとっても楽しみ♪173pの彼が、2m10p以上の選手の間をくぐってパスやシュートをきめる姿にTVの前で声援を送りたいものです(^^)v
  
 
>>>Topページへ