Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ

2006年6月22日
 

上海暖恋スタッフ【Hai♪もちママ】

先週の土曜日から今日までの日程で、中国の『もちはだ工場』上海暖恋紡織品有限公司のスタッフ3名が研修に来られました。
写真の左から、包 元紅さん、唐 明傑さん、陳 秋紅さんで、今朝我が家に来られた時のくつろぎの一枚です。
土曜日は関空到着後、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)へ。翌日曜日は、姫路城の展望台から市街を一望された後、出石そばをいただくべくドライブへと、それぞれ

もちはだスタッフが案内しました。
そして、夕方には、加古川に戻ってこられて私たち家族と焼肉の宴。ちょうど、高校生の息子の友人も泊りがけで遊びに来ていたので、総勢9名のにぎやかな食卓となりました。
食べ盛りの子ども達も揃っていたこともあって、大きなテーブルには「食べきれるの?!」という量。包さんの希望で、コンロの一つは「すきやき鍋」に。残り2つのコンロは「焼肉」になりました。
お肉も食べて食べて、ご飯も何杯かおかわりする子ども達の食欲に圧倒されつつも、お三人とも「もうお腹いっぱいです」と満足していただけたようです。

月曜日は、会社の全体朝礼に参加されて午後から大阪と神戸へ。大阪のヨドバシカメラでは、お目当てのお土産を探して2時間近く買い物されたようです。
水曜日は、工場長がもちはだスタッフと共に京都への観光へとお連れしました。清水寺、金閣寺などなど、代表的な京都めぐりの旅を楽しまれたようです。
そして、出発当日の今朝。我が家で日本の朝食を・・ということで、召し上がっていただきました。
特別なおもてなしはできなかったけれど、旅の終わりにホット一息ついていただけたご様子で、安心しました。
上海では、お茶をよく飲まれるそうです。
夫が出張の時に上海で買い求めてきた中国茶葉をカップに直接入れて、そこに熱湯を注ぎ、 カップのお茶がなくなると、茶葉はそのままで、熱湯を何度も注ぎ足し飲まれていました。
日本の緑茶のように茶葉が細かくなく、ふやけるとかなり大きくなるので、口の中に入ってしまうこともないようです。 食後のコーヒーもおすすめしたのですが、「お茶がいいです」とのことでした。

今頃、お三人とも空の上・・それとも上海空港に到着されたのかしら。
包さんと陳さんにとっては初めての日本。「何が一番美味しかったですか?」 の質問には、「焼肉!焼き鳥もおいしかったです。でも刺身はちょっと・・」ということでした。
また、いらしてくださいね。6日間、お疲れ様でした(^^)


2006年6月12日
 

Hai♪もちママ もちはだ 【ワシオ株式会社】 友人に女の子が誕生したので御祝いに行ってきました。
彼女は、 大切な友人であると同時に、パソコンについての知識などほとんどなかった私に、一からいろんなことを丁寧に教えてくれた、ひと回り年下の大先生です。
彼女との出会いがなければ、この「もちはだHP」も存在しなかったかもしれないし、パンフレットや封筒のデザインなどもできていなかったかもしれません。
出会いこそ「先生」と「生徒」であったけれど、お互いに「大切にしたいコト」が同じであったので、話しをする度に「うんうん、そうそう!」という感じで、とっても仲良くなりました。

その頃独身であった彼女は、「パソコン指導」の名のもとに家に来てくれては、子ども達と遊んだり、夕食を一緒に食べて明け方頃までおしゃべり。もちろん時には、山のようなデータ整理のお手伝いをしてくれて、夜明けまで二人してパソコンの前で作業をしたこともあります!ホンの数回は・・・(^^ゞ
ある時は、子ども達のフロアにパソコンを設置するために、ナント夜中の2時!に木を切って、棚を作ったりもしました。 やりたい事が見つかった時のワクワク感と集中力は、二人とも人並み以上のものがあるようで、ブレーキをかけるなんてコトはありません。
また、二人そろって 車であちこち行くのが大好きなので、「日帰り放浪の旅」と称して、いろんな田舎道を走っては新しい道を発見して喜んだり。満開の桜のアーチに偶然であった時は、感動でした。
そしてなんと言っても彼女も私も食べる事が大好き。お店で注文すると店員さんが(@_@)という顔になるほど、テーブルに料理が並ぶこともしばしば。ホント、よく食べました・・。
「楽しい」と感じられるコトが同じだと、遊びも仕事もこんなに楽しくやれるんだ・・と二人してよく話したものです。

我が子を胸に抱いている時のゆったりした笑顔、語りかける時の優しい声・・。
すっかり『母の顔』になった彼女と、久々にいろんなことを話しました。
『母』としての大きな喜びが始まったと同時に『妻』として、『嫁』として、今は少し狭い世界でがんばる時期なのかもしれないね。
誰もが悩み考えながら通り抜けていくその道を、少しだけ先に経験した者として彼女の言葉に耳を傾けていけたらいいなと思っています。

おめめパッチリのと〜〜っても可愛らしい赤ちゃんの誕生、心からおめでとう〜☆

PS : 上の写真は、ずっと昔、子ども達が寝静まってからミシンに向かい、せっせと縫っては、娘に
   着せていたお洋服の一部です。 処分できずに、いたんでないモノだけ残していました。
   「大切にしたいコト」が同じ彼女のもとに、小さな衣装ケースごと御祝いと共に 届け ました。
   とっても喜んでくれた彼女。 こちらこそありがとうね。・・です(^^)♪ 


2006年6月1日
 

近くのスーパーに行ったときのコト。
私が並んだレジでは、「只今研修中」という名札をつけた大学生くらいの女の子が会計係をしていて、途中「小松菜」を持ったところで一瞬手を止め困った顔になりました。
「ん?どうしたんかな?」と最初は思ったのですが、「あ〜あ、そういうことね」と気がついて、「小松菜よ」と彼女に向かって小さな声で言いました。「はい。すみません。ありがとうございます!」と幾分ホッとした表情を見せてから、会計を続けてくれました。
小松菜・ほうれん草・菊菜・水菜・青梗菜などなど・・バーコードが付いていない青菜類は品名を自分で押さなくてはならないようです。キャベツとレタスと白菜の違いなら問題ないのでしょうが、この青菜類、自分でお料理をしないとなかなかわからないですよね。さらにそれぞれお値段が異なるとなると、「エイッ!」と、あてモノ感覚でレジを打つことはできません。
最後にお釣りを受け取る際に、彼女が「すみませんでした」と謝られたので、「がんばってね」と声をかけると「ありがとうございます!」と、ちょっぴりはにかんだ笑顔が返ってきました。
さわやかで素直な彼女は、スーパーのレジというアルバイトを通じで成長していかれるでしょう(^^)

この辺りの公立高校は、今でもアルバイト禁止とか。
学生時代のアルバイトは、後の社会生活に多いにプラスになると、私は思っています。
どうして素晴らしい学習の機会を奪ってしまうのでしょう・・。残念です・・・。

とっくに時効(?)なので告白すると、私は地元の高校生時代、派遣のアルバイトをしていました。
いろんなスーパーで、ハムや飲み物やキャンペーン企画のお菓子などの試食販売員の時もあれば、年末のお肉屋さんに派遣されて、朝から晩までお肉の量り売りをした時もありました。さすがに3日目になると、量りに乗せる時の誤差が見事なまでに少なくなってくるものです。また、ある時は飲食店に派遣されて、山のように積まれたエビの皮むきと下ごしらえを延々とこなしたこともありました。
そして、バレンタインデー時の包装員と販売員。これは年に一度の楽しみな仕事でした。
このアルバイトのおかげで、「箱包み」という、いわゆるテープを最後に一箇所だけ止める包み方をマスターでき、現在もしばしば役に立っています。
短大時代は、このアルバイトに加えて、学校帰りにケーキ屋さんで売り子と製造スタッフも少々。
バレンタインチョコの時も、このケーキ屋さんの時も、商品を受け取られたお客さんの優しい顔を見る度に、うれしい気持ちになっていました。そのうち、お客さんの笑顔を見たいから・・と、自分なりに考えるようにもなりました。

もしかしたら・・・・
もちママとしての私は、ず〜っと昔に楽しんでいた、アルバイトの喜び体験が基本にあるのかもしれないな・・と、そろそろバイトデビューを考え始めた息子たちを見ながら思ったりするのです(^^)♪




2006年5月21日
 

Hai♪もちママ 京都でのお弁当 新緑美しい京都へ行ってきました。
ここ加古川から京都まではJRの新快速に乗ると、乗り継ぎなしで約1時間20分。意外と近くてビックリしました。
子どもの通う学校のお母さん方とのオフ会だったので、名古屋方面・福井方面・阪神方面の中間地点ということで、京都となったわけです。
心配していた雨もあがり、旅慣れたお母さん方の提案で、お弁当を買って嵐山まで行くことに。
私といえば、京都駅の大きさと人の多さにキョロキョロ・・(^◇^;)
そして、このお弁当を選ぶのに一苦労。有名料亭の高級なモノから一般的なリーズナブルなモノまで色とりどりの美しいお弁当があちらこちらに陳列されているため、目移りしてなかなか決められず、ようやく手にしたのが写真の「手まり弁当」。まぁるい2段重ねの器もとってもかわいらしい♪
さらに、これまたいろんな種類のデザートの中から「黒ゴマのブロマンジェ」を選んでいよいよ出発となりました。それにしても、ケーキもプリンもおいしそうだったなぁ・・・・・(・・;)

JR嵯峨野線に乗車して、嵯峨嵐山駅まで約20分。
駅にあった観光マップを手に渡月橋を渡って、川べりでお弁当をいただいて、デザートもいただいて、荷物を軽くした後は歩いての散策にと竹林を抜けていくことになりました。
雨で潤ったみずみずしい竹は、なんともしっとりと風情あるもので、一人立ち止まってしまいました。
天に向かってまっすぐ伸びていく無数の竹。とても強く芯が通っていて、でもしなやかで深い緑の輝く風貌に心が響いたのかもしれません。
高校生の頃に見た時は、感じなかった何か・・・。機会があればゆっくりと訪れて、その心地よさの正体を探してみたいと思いました。

子どもの事について、いろんなお話が出ました。
母である以上、様々な考えや教育方針があるわけで、みんな子どもにとって、家族にとって、出来る限りの最良だと思われるコトを選択し、迷いながら悩みながら子育てをしているのです。
そこにマニュアルがあるわけではなく、正解もあるはずもなく・・。
みんなそれぞれ何を大切に考えるか、個々人によって違って当たり前なんですよね。
ちなみに、私はと言うと・・・
子ども達に目標という名を付けた近場の結果を求め過ぎず、大人になっても「楽しく生きる」という『路』を、自分の背中でさり気なく見せてやることが出来るような、そんな母親であれたらいいな・・と。
「単にノーテンキでお気楽なだけちゃうん?!」という声が我が子達から聞こえてきそうなのですが・・(^^;)
まぁ、そんな母に彼らは救われているのだ・・と信じつつ、自分に都合良すぎ?!と、ほんのちょっぴりニタついたりもしているのです。

みなさん、お疲れ様でした〜!そして、段取りをしてくださって、ありがとうございました。 次は、近江八幡・・ですよねっ(^^)♪
Hai♪もちママ京都の竹林


2006年5月12日
 

楽しみにしていた庭のカラーが咲きました♪
すぅーっとのびた茎の先に真っ白い花。凛とした美しさに惹かれます・・(^^)
今日は、大阪からの帰りの電車内、出入り口付近にある補助シートに座っていた時に聞こえてきた大学生らしき男の子二人のお話。
オープンスペースに向かって座っていたため自然と聞こえてきたわけで・・・。
どうやら、この二人はこの4月に入学したての大学生。一人はカバンを持たずに手ぶらの状態で、仮に彼をA君ということにすると・・

A君 「なぁ、今日のアンケートなんて書いたぁ?この学校で何をしたいかってヤツ。」
  B君 「あれかぁ・・。ナンも書くことあらへんし、遊びたいって一言書いてだしといた。」
A君 「おまえもかぁ。俺も遊びくらいしか思いつかんかった。入ったんはエエけど、俺何のために学校行きよんか、さっぱりわからん。受験するまで大学の名前、聞いたことなかったしな。」

学校で何をしたいか・・というアンケートに「遊びたい」と一言書くという発想。しかも相談した様子もない目の前の二人ともがそうなのだ・・。さらに現在通う大学は、彼にとって運命的な出会いだったのか。それとも見つけてきてもらったガッコウを受験しただけだったのか・・。

A君 「俺のボルボなかなか帰ってこんし。ホンマ電車で学校行くの面倒やな。親がベンツにするかって言うんやけど、ベンツやBMって誰でも乗ってるやろ?そういやオカン今度は、ジャガーにするって言いよったわ。」
  B君 「ふぅーん。それで 駐車場には入るんか?」

A君は、相当なお金持ちの息子らしい。服装はTシャツにジーンズ。私がわからないだけで、ブランド品の数々を身にまとっていたのかもしれないけれど、見た目は茶髪で今時のフツウの男の子。

A君 「明日は、ガッコウどうするん?」
  B君 「起きた時の様子やな。お前は?」
A君 「電車は、もううんざりや・・。」

電車での通学がかなりつらいのだろうか・・?小麦色に焼けた肌を見る限りでは、そんな病弱に見えないけれど・・。

その後、B君は明石で降りて、残ったのはA君。出入り口のドアを背もたれにその場にしゃがみこみ、しばらくは携帯タイム。おもむろに立ち上がったかと思ったら、ドアの窓部分を鏡にみたてて髪形のチェック。どうやら前髪が気になるらしい・・・。
そして、加古川に着くと、この男の子も降りて、人ごみの中に消えていきました。

たまに乗る電車内は、世間の情勢に疎い私にとって貴重な「社会勉強」の場なのかもしれません。
ただ、かなり刺激的ではありますが・・(・・;)



2006年5月4日
 

GWの谷間をぬって、家族で二泊三日土佐の高知へ行ってきました。
長年の憧れだった「四万十川で遊ぶ!」ことをはじめ、海釣りもして、美味しい「かつお料理」をいただいて、温泉にも入って、坂本龍馬が降り立った「桂浜」の海をながめて、帰る道中に本場の「讃岐うどん」をいただこうという、盛りだくさんな企画。
ここで我が家らしいのは、これらの欲張り企画は出発の
前日に思い立ち、宿がなければ車中泊でOK!というところ。幸い四万十川の河口付近に大きなキャンプ場が空いていたのでネットで予約。

翌日は、キャンプ道具とテント・シュラフ・各自の荷物と釣り道具をササッと積み込んで昼過ぎに出発しました。 約390キロを走って、オートキャンプ場「とまろっと」に到着したのは、日没前の午後6時。
ここでもラッキーなことに、海に面したキャビンに一棟だけ空きがあり!!
これで、テントをはる必要はなくなったし、ベランダではサリーU^ェ^U も自由に動き回れるし、広いし綺麗し・・と、と〜っても快適(^^)v
ベッドが4コしかないので、ジャンケンに負けた上の息子が床の上でシュラフで寝ることで一件落着。
とりあえず荷物だけ降ろして、夜釣りのポイントを検証するべく浜へ降りたのですが、足元の悪い茂みの中を抜けていかないといけないこともあり、早朝釣りに予定を変更することに。
夫がエサや仕掛けを買いにいっている間に、子ども達が火をおこしてくれて、焼肉の段取り。
道に迷いながら、やっと戻ってきた夫を待って、「いただきま〜す!」。
ナント1.5キロの焼肉とご飯があっという間になくなり、ソッコウ「ごちそうさまでしたぁ〜」。
その後は、翌朝の釣りに備えてさっと片付けて、シャワーを浴びて早々にオヤスミナサイ・・・。

翌朝は4時半起床。
夫と息子たちはすぐに浜へ。娘と私は朝食用のお湯を沸かしカップラーメンとおやつを持って、追いかけました。
ところが・・・。 釣れない。釣れない・・。引きもこない・・・。
アイナメやガシラの煮つけができるように、お酒やみりんやしょうゆまで持ってきていたのに、ようやく釣れたのが4匹。私たちの後ろで釣っていた人が一匹も釣れなかったことからすると、これでもラッキーということなのかもシレナイ・・・(^^;ゞ
カヌーをするサリー【Hai♪もちママ】 予定より早めに釣りをひきあげて、「四万十川を遊ぶ!第1弾」のカヌーに挑戦するべく上流へ。
子ども達は一人乗りを、留守番を覚悟していたサリーも同乗できると聞いて、私達はカナディアンカヌーを選択。
「よかったね・・一緒に乗れて♪」と喜びも束の間。
実際に乗船すると、サリーが右へ左へウロウロ、時には水を飲もうと水面に顔を近づけるので、その度にユラユラ揺れて、怖いのなんの。
陽射しが強くて転覆しても気持ちよさそうとは言え、自分の意思と違うところで飛び込むことはやはり避けたいですものね。
そしてもう一つ新たな事実が発覚。 私はボートを漕ぐ才能というのが、「皆無」のようです・・(-_-;)
一方子ども達は自由自在に水面を行き来して、四万十を満喫している様子で何よりでした。

約4時間のカヌー体験を無事に終えて、「四万十川で遊ぶ!第2弾」の川釣りへ。
近くの田んぼで掘った大量のミミズを売店で買ったアイスのメロンカップに入れて、エサの準備も万全。カヌー教室のスタッフに教えてもらった沈下橋のたもとへ移動。
ちょうど日没前で、いわゆる釣りに適した時間帯と言われる「ユウマズメ」。
次々と「引き」がきて、それぞれが5本の竿で楽しむ事ができました。
いえいえ・・・実際のところ私は、ミミズを触る事ができず、毎回エサをつけてもらうという手のかかりよう。皆のおかげで楽しませていただきましたです。はい・・(^◇^;)
超豪華!土佐の名物皿鉢料理【Hai♪もちママ】 そして、この日誕生日を迎えた上の息子の御祝いもかねて予約していた高知名物「皿鉢(さわち)料理」をいただきに出発。
写真のように、大きなお皿にお寿司やお刺身・貝料理などなど、ご馳走がいっぱい盛られて、出てきました。
そして、楽しみにしていた「かつおのたたき」も注文。 「タレとシオとどちらになさいますか?」と店員さんに質問されて、「タレ」しか経験のない私たちは、当然のことながら、全員声をそろ
えて、「両方お願いしまっす!」。
本場のかつおのたたきは、「タレ」も「シオ」も絶品〜!美味しすぎです!
全員お腹がすいていたこともあって、その他にも次々と注文。
店員さんもお料理を運んで来られる度にお皿が空になって積まれているので、少々苦笑い・・?
本当によく食べる家族です(^_^;)

その後は、市街にあった「四万十の湯」 で、ゆったり温泉につかってキャビンに戻りました。
それから皆はTVを観ていたようですが、私はいつの間にか眠りの中へ。夜中目を覚ますと足元に枕があったので、180度回転して「ちゃんと」おやすみなさ〜い・・(-_-).。oOO

翌朝は、四万十川との別れを惜しみつつ河口で釣りをするべく出発。
・・と、その前に、キャビンの片付けの早かったこと。子ども達が幼かった頃は、あんなに時間がかかって疲れていたのに・・。今では、一番仕事をしていないのは、私ですね・・・。
たまたま行き当たった場所がとてもよいポイントだったようで、先客の方々は、「サビキ」のエサなしでもひっきりなしに釣れている様子。 それぞれ竿の準備をして、釣りを開始。
針を落とし入れたらすぐに引きが来て、10cmほどのサバが一度に2〜3匹かかってきます。
「サバか・・・。この大きさだと身だけ取るのは難しいよなぁ〜。うん!唐揚でいただくことにしようっと。」というのは、シーツで作った日よけスペースに
なみなみと水をたたえる四万十川【Hai♪もちママ】
座って、暑さで息のあがっているサリーをなだめながら私が考えていたことなのでした。

四万十の恵みをたっぷり車に積み込んでから、私の希望だった「桂浜」へ。
坂本龍馬がほんの160年前に、この浜に立ち、どんな色の海を見てどんな波の音を聞いてどんな潮の香りを感じて、そして歩んでいったのか・・・。どうしても立ち寄りたかった場所だったのです。

ここからは、高速道路を通って、途中、最後の目的「本場の讃岐うどんをいただく!」を達成して、帰路に。3日間でトータル約1000キロを走って、無事に家に辿り着くことができました。

今回は、学校も1週間の休みがあったので、数年ぶりに家族だけの旅行を実現する事ができました。
子ども達も大きくなり、最近では24時間家族で一緒に過ごす機会はほとんどなかったので、久しぶりに向き合った彼らの成長に驚き、喜び、ほんのちょっぴり心配もし、そしてとても頼もしく思いました。
息子達にとって、母である私は、すでに「闘い乗り越えるべき対象」ではなく、「面倒を見てあげなくてはならない」「助けてあげなくてはならない」という風になっているようです。娘も近い将来そうなりそうな気配です。
寮生活で離れていたこともあって、「闘い」を味わう機会はほとんどなかったけれど、その分友達や学校の大人たちの中にいながら、家族や父親・母親を少し離れたところから見る事ができたのは、彼らにとっても私達にとっても良かったような気がしています。
子育てに終わりはないというけれど、終わりがないからこそ、母親が「終わり」を決めてやらなくてはならない日が来るのではないかしら・・。
すっかり優しくなった、子ども達と過ごした3日間。
母としてもきちんと歳を重ねていかなければ、そして成長して変化していかなければならないと実感しています。

そして、昨夜は102匹のサバを開いて、中骨を取って唐揚でいただきました。
揚げたてにあちこちから手が伸びて、実際の食卓にのぼったのは約半数。ホントに美味しかった♪
土佐の自然の恵みに、そして旅の間に親切にしてくださった皆さん、ありがとうございました(^^)


■◆■広くて綺麗でスタッフも親切でお気に入りになりました ・・・ オートキャンプ場 とまろっと

 
>>>Topページへ