Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ

2006年8月18日
    加古川名物かつめしを全国区に・・ 

【アルバム名】 Eye to the Telescope 【アーティスト名】 KT Tunstall なんとも慌ただしい夏休みも残すところ1/3になりました。
今年も昨年同様、家族全員が顔を合わすのは、ほんの数日。しかもそのうち家族だけ・・というのがたった一日という、人の出入りが激しい夏休み。
冬場は、仕事量を考えると、子ども達のお友だちを「笑顔で」迎え入れる自信がないので、夏場は、とにかく「申込み」は、全てOK!民宿代わりに使ってね・・状態で開放しているというワケです。
何をおもてなしするわけではなく、ただ、我が家に来た子には一度は「加古川名物 かつめし」を食べてもらう・・というキマリゴトがあるくらいでしょうか。
ただ、このキマリゴトもこの夏に限っては、無効。・・というのは、長く家を空けて戻って来る度に、ちょうど兄弟の友達が来ているタイミングに重なると、自宅での夕飯は「かつめし」ばかりになる・・という事態が発生したため。
さらに、揚げ物ばかりの食生活にうんざりして帰宅した息子が、「カツはいら〜ん!」と、わめいているうるさい声も無視できず・・。
そんな事情で、全国にバラけている彼らのお友だちに「かつめし」を食べてもらって、マイナーなこのメニューを広めていこうという私の地道な計画もここにきて、一時中断。・・・実は、ちょっぴり悔しかったりするのですが・・(-_-;)

まぁ、気分直しのBGMは、「カツはいらん」息子が
 「結構イイ感じやったから、録音したいんやったら、俺がおらん間におとしこんどけよ。」
と、友だちの家に泊まりに出かける前に手渡してくれた数枚のCD。

   ・・・♪・・・♪♪・・・♪♪♪・・・・
       う〜ん♪ いいカンジ・・・ キーボードを打つ指も心なしか軽やかになってきた・・

中でも、上の写真のCDは、すっかり気に入ってしまって、ずうっーとリピート。
国内では販売されていないけれど、全英では結構人気のあるアルバムらしい。
      すっかり、母の操縦方法を身に付けている息子。
            まんまとそれにはまる母。
                 いや・・・まんまとそれにはまることを楽しむ母・・・かな (^^)♪
       残り少なくなってきた夏。 皆さん、元気に楽しく、お過ごしくださいね〜!



2006年8月7日
    巻物 

暑い・・もう溶けてしまいそうです・・(~Q~;)
事務所へ行くこととSarryU^ェ^U の散歩以外は、極力外に出ないという、すっかり出不精になっている私。
「家の中でも、さらに涼しくなりた〜い!」というわけで、お友達からいただいた火箸風鈴の音色を楽しむことにしました。
実はこの風鈴、 ここ加古川の西隣、姫路市にいらっしゃる「五十二代 明珍宗理謹識」作の由緒正しいモノ。
この「明珍火箸風鈴」には、漢字とカタカナのみから成る、古い文体の「明珍鍛治由緒書」というものが添えられていて、そこには、近衛天皇やら後醍醐天皇やら・・なにやら読み進めない文章が書かれてある・・。
難しいウンチクは、よくわからないけれど、鉄が触れ合う度に奏でられる素朴な凛とした音は、あちこちにあふれているデジタルな音とは違って、心にふか〜く、やさし〜く、しみこんできます。
「がんばれ」「ハヤク」「時間だよ」と、追い立てたり背中を押す音ではなく、作業の手を止めて、立ち止まって深呼吸したくなるようなそんな音色・・とでもいうのでしょうか。
やっぱり私は、多くの人が行き交い刺激しあう都会より、自然に囲まれてのんびり自分探しをする環境が落ち着くようです。
つまりは、仕事も家庭も、いつもゆっくり考えさせてもらって、マイペースでコトを進めていきたいっていう、かなりわがままなヤツだってことなのでしょうね・・・(^^;ゞ
夏休みになって、毎食後の食器洗い&後片付け&食事づくりのお手伝いをしてくれていた娘が、昨朝合宿に出かけてしまいました。
パソコンに向かいっぱなしのマイペースな私を助けてくれていた彼女のお出かけは、はや大きな問題となって、のしかかってきています・・(-_-;)




2006年7月26日
    この母にはこの娘・・ 

やっとこさキラキラまぶしい夏の陽射しになりました。
久々に雨の心配をすることなく、爽やかな気持ちで洗濯物を干していた今朝のこと。
手元が急に暗くなり、 ・・ん??・・と、辺りをキョロキョロ。
遠くに見える空は真っ青で、雨雲のようなものが流れてくる気配はナシ。
じゃあ・・と、ゆっくり空を見上げると・・・ビックリ!真頭上の、しかもかなり低いところにグレーの巨大な物体が・・!!(@_@)
慌てて家に駆け込み「真上になんかがおる〜〜っ!」と叫び、子ども達を外に連れ出すも、彼らが出て来た時には、すでに頭上には何もナシ。
早いスピードで東の空遠くに進んでいたその「巨大なかたまり」の正体は、後ろ姿だけを見たら何てことない、船体に「郵政公社」と書かれた飛行船だったのです。
いやぁ・・最初に遭遇した時は、地面より高い場所で、より「物体」に近かったからなのか、覆いかぶさられるようなスゴ〜イ迫力でした。
さらに、子ども達に叫んだ言葉には続きがあって、「天空の城ラピュタに出てくるみたいなヤツがおる〜〜っ!」とも・・。
突然の出来事に、とんでもなく対処できない自分の性格はわかってはいるのですが、ここまでだとは・・・(^◇^;)  それでもあきれることなく、「そうね、天空の城ラピュタね。」と言ってくれる中二の娘は、なんて優しく母を理解してくれているのでしょう。 
頼りない母の元で大きくなることは、子どもにとっては「懐の深さ」を身に付けることのできる、良い?教育環境であるのかもしれません・・・(^^;)

しか〜し!
その「(私よりは)しっかりモノ」娘から、先ほど電話。
「今、どこにおるかわからへんねん・・。」
誰に似たのか、自転車であちこち行くのが好きな彼女は、古本屋さんめぐりの旅に出たらしく、お気に入りの本をゲットして、「さあ、帰ろっ♪」と思ったその時、かなり遠方まで来てしまったらしいことに初めて気づき、左右どちらに進めば帰れるのか、わからなくなったようです。
「右手に何が見える?」
「それって、左側にあるはずやん・・」
というやりとりをしつつ、私はネットの地図を見ながら彼女の位置を特定する努力。 どうやら隣の明石市まで足を延ばしている様子。
いったん電話を切って・・・と、そこに再び娘からの電話。
「加古川・姫路の看板があったから、もう大丈夫。そっち向いて走るから。ごめんね〜♪」
「よかったね。飲み物を買って水分の補給をね。くれぐれも気をつけて・・」
この「母」にして、この「娘」あり・・ですね。  順調にいけば、明るい間には帰ってこれるでしょう(^^)

いよいよ始まった、長期の夏休み。
子育て中のお母さん方は気苦労もおありでしょうが、「『日常の全ての体験』が子どもの成長の糧につながる」と思えば、 「母の顔」で、がんばりすぎず、手本にならなくちゃと思いすぎず、時には子どもに甘えつつ、頼りつつ、そして何より一緒に笑いながら、楽しい時間を過ごせるんじゃないかしら。
子どもであっても大人であっても、「しんどい」は、「楽しい」を、より「シアワセ」に感じるために必要な体験だと、私は思っています。

sarry【Hai♪もちママ】 そして、我が家のSarryも夏場の定位置へ。
全身毛皮を身にまとっているSarryにとって、テラコッタが冷んやり心地よく、しかもクーラーの冷風が回りまわってくる玄関は、お昼寝の指定席。 ちなみに写真は、「夏はうんざり」を全身で表現する、ちょっぴり憂うつそうなSarryです。 

     PS : ご心配をおかけした洗濯機。 おかげさまでプロの手によって見事完治。
         小さなピンがパッキンに穴を開けてしまっていたようです。
         ポケットの中はしっかりチェックして、洗濯しなくてはいけませんね。



2006年7月18日
    壊れては困るモノが壊れた日 

「海の日」を迎えたというのに、雨続きでスッキリした夏空がやってきませんね。
少々うっとうしい気分の中、追い討ちをかけるような「事件」発生。
どうやら洗濯機が壊れてしまったようなのです・・(>_<)
この土曜日、出来上がった洗濯モノを取り出しに行くと、洗濯機の前に小さな水溜り。 
「ん・・?」と思いながらも、汚れのひどいモノは横の洗い場で手洗いをしてから洗濯機に入れるので、その際に水をこぼしてしまったのかしら・・と、軽く雑巾で拭いてその場は終了。 
引き続いて、その日2回目のタオル類のみの洗濯を終えると、またまた先ほどと同じような小さな水溜り。
この時初めて、イヤ〜な予感が・・。
洗濯機の背面を上からのぞいてみても、水浸しになっている様子はナシ。前方のドアの隙間から水漏れがあったような水筋の跡もナシ。排水溝から水が溢れ出している様子もナシ。糸くずフィルターもゴミがたまっているということもナシ。ただ、洗濯機の下から前方にかけて、小さな水溜りができているのです。
「あ〜あ・・」の思いとわずかな希望も持ちながら、3回目の洗濯。 
さすがにこの時は、どこから水溜りが発生するのか確かめなくては・・としばらく洗濯機の前で座りこみ、様子を見ることにしました。
「洗い」が始まって間もなく、洗濯機の下から水溜りが進出。 それも一気にというのではなく、ホンの少しずつ手前に広がってくるカンジ・・。
こうなったら、現実を受け入れるしかないと覚悟を決めて、洗濯終了後、移動させて調べてみたものの、外から見る限りではどこも異常ナシ。 洗濯機をひっくり返して調査した夫によると、今時の洗濯機の底面って、ネジの一つも触れる状態じゃないほどシンプルに仕上げてあるようで、残念ながら修理はもとより、水が漏れた箇所を特定するのは素人には不可能という結論に達しました。

愛読誌である「通販生活」のカタログで購入して以来、長年がんばってくれている洗濯機。 連休中だったため、修理の相談TELの受付はお休み。 今日9:00以降TELを入れて、修理をお願いしようと思っています。
プロの手にかかって、どうか「元気」になってくれますように・・・(-人-;)


2006年7月8日
    世の中予想通りにいかないコトばかり 

私の一日の楽しみでもあり、心身ともにリセットする大切なひと時。
それは、の〜んびり ゆ〜ったり くつろぐバスタイム。
冷え性の緩和に効果的だからと始めた「半身浴」も、四季に関係なく続けて3年余り。これが、当初の予想以上にイイ感じ♪
夏場でも靴下をはずせなかった私が、今では素足でフローリングの床を歩き、そして冬場、手足が氷のように冷たいのに顔だけは真っ赤にほてる「「冷えのぼせ」の症状もほとんどなくなり、ずいぶんと
身体がラクになりました。 勧めた友人からも「たかが半身浴、されど半身浴」の声が届くほど、皆その効果に満足して続けているようです。
この半身浴、ストレッチやマッサージをしながら、頭から顔から腕から汗が滴り落ちる中、ミゾオチあたりまで湯船につかり続けるのですが、夏場は少々「がまん大会」に近いような・・。
でも、クーラーのきいた冷え冷えの場所に出入りする事が多い夏場だからこそ、気を抜くワケにはいかないのです。
そんな時、カタログから好きな品物を選べる内祝いをいただき、その中に以前から「欲しいなぁ〜」「買おうかなぁ〜」と悩み続けてて、踏ん切りのつかなかった『防水CDプレーヤー』」を発見!
音楽大好きな私にとって、お気に入りのサウンドが一緒だと、夏の「がまん大会」も楽しく乗りきれそう・・(^^)♪
ということで、「よっしゃぁー、コレにしよっ!!」と、申し込み、約2週間たって先日手元に。
で、ルンルンお風呂に持ち込むと・・・。

   「ん〜ん、いい感じ〜♪」
      「この曲が終わったら上がろっと・・・」
         「あ・・確かこの次は、あの曲ね。聴いてからにしよっかな・・」
            「 あ・・次、始まってもた。曲の途中で止めるのはイヤやし・・・」
                「また繰り返し・・・この曲こんなに長かったっけ・・・」
                     「ふぅ・・・アツい・・暑すぎ・・・(~Q~;)・・・ハヤクオワッテ・・・」

楽しみは増えたものの、半身浴が延長になり、「がまん大会」は変わらず・・ 。
何事も予期せぬコトが発生するようです・・・(^◇^;)



2006年7月3日
    たこしげさんに行ってきましたぁ! 

もちはだスタッフ 左からasako・専務・ヨッシー 大阪名物食いだおれ人形の前で【ワシオ株式会社】 先週、専務と二人のもちはだスタッフと4人で、大阪へ行ってきました。
この日の目的は、『居酒屋 たこしげ』さんにお邪魔して、「もちはだ」をとってもかわいがってくださっているマスターやおおみぞさん、そしてお客様にお目にかかって、美味しいお料理やお酒をいただきながら、新商品のご報告も含めて、ゆ〜っくりお話ができたらいいな♪というもの。
・・・と、その前に、私のわがままでTVでもしばしば登場する大阪名物?食いだおれ人形の前に連れて行ってもらいました。
前回3月に、たこしげさんにお邪魔した時にも通ったらしい
のですが、あの時は夜だったのと、お店を探すことに懸命だったのと、というかワタシ的には人ごみの中で迷子にならないようにと必死で皆のあとをついていっていたこともあって(^^;ゞ、見る事ができていなかったのです。
「あれだよ」と教えてもらって、遠くから見え始めた人形を見てちょっとびっくり。TVで画面いっぱいに登場する食いだおれ人形の映像からすると、もっと大きなものだと思ってた・・・・・(^^;)
気を取り直して、「食いだおれ人形を写真に・・」と、人形の正面から少し離れたところでカメラを構えたとたん、数名の通行人の方たちが記念写真を撮り始めて、順番待ち。
このままでは、いつまでも撮影できそうにないということで、3人に人形の横に立ってもらって、「今から写真を撮ります!」を周りにアピール。無事に上の写真となったわけです。
電車でホンの1時間の所に住みながらナンなのですが、ビルの谷間や人ごみが苦手な田舎モノの私には、こんな機会でもないとにぎやかな大阪の街を歩くことは、めったにないのです。
おかげサマで、前回の心残りはスッキリ☆ ありがとうございました〜(^^)♪

そして、道頓堀の通りを少し戻って、今夜の目的『たこしげ』さんへ。
2度目の訪問に、ドキドキをおさえるべくお店の前で一呼吸をおいて、「こんばんは〜♪」
「いらっしゃ〜い!」の温かいお言葉とおおみぞさんの笑顔からスタートした、この日のたこしげさんでの様子は、 
もちはだスタッフ 左からヨッシー・asako・専務 たこしげさんで乾杯☆【ワシオ株式会社】
「もちはだ 3671 Samunai」ページでお写真と共にご紹介しておりますので、こちらをごゆっくりご覧くださいね。 
             ☆ もちはだ 3671 Samunai 紹介ページ <番外編> はこちら ☆

・・・で、時は過ぎて、午前5時30分すぎ。
すっかり明るくなった空を背に、外まで見送ってくださったおおみぞさんの笑顔と共にお店を後に・・。
ホントに楽しい時間って、あっという間に過ぎちゃうものなんですね。
「最終電車で帰るのは時間が短いし」と、車で向かいながら「今夜は4時までコースですね〜!」と若い二人のスタッフと話してはいたけれど、それがイトも簡単に現実のモノとなってしまうとは・・(^^;)

ずう〜っと昔、まだ独身の頃には、職場の仲良し組で明け方まで盛り上がったことはあったけれど、それは翌日がお休みの日だという保険つきだったような・・。
でも、この朝は、金曜日。 皆それぞれ仕事です。
私がついていながら・・・という反省もしつつ、早朝の高速道路で運転しながら、加古川に戻ってきました。 この日は、4人とも妙にテンションがあがりながらも、それぞれの場所で、「しっかり」仕事をこなしたことは、ここに申し添えておきますね。

そして、たこしげさんの皆様、とっても楽しい「一夜」をありがとうございました♪
次の機会に皆様にお目にかかれるのを楽しみにしています。 次回は、たぶん・・・電車という「保険」をかけてうかがうことになるかと思いますが・・・(笑)
これからも末永くよろしくお願いいたしま〜す( ^.^)( -.-)( _ _)

   PS: 私もちママは、その後体内時計が「48時間」を一日と認識しかけているような・・(^◇^;)
      そのおかげで白熱したワールドカップの準々決勝も完璧に見れたし、
      ・・・っまいいか♪ の週明けとなっております。 この後どうなるんでしょう・・・???


  ■◆■ とってもハートフルでにぎやかな若手芸人さんの集まるお店 ・・・ 居酒屋 たこしげ


 
>>>Topページへ