Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ


2006年12月27日
    お掃除の達人 

とっても気ぜわしくなってきましたね。
この前、番組で松居一代さんが訪問をしたお家をピカピカに磨き上げていくのを拝見していて、「すご〜い!」、と、ただただ感心をしてしまいました。
同じ「主婦」という分類に所属しているにもかかわらず、「こんな達人もいるんだなぁ〜」と、あの手際のよさとしっかりさ加減に見とれている間に番組は終了。
残るは、ため息ばかりなり・・(-_-;)
そんな私のガックリ疲れた様子を見て、「まぁ、人には向き不向きがあるんやから・・・・・」
という励まし(・・と、私は勝手に思ってる(^^;)の視線を送ってくれる子ども達。
それを受けて、「なんでも完璧に出来るお母さんの子どもやったら、きっと毎日大変よぉ〜。あーた達、このお母さんの子でよかったねぇ〜」と私。
この言葉に反論することもなく、苦笑いの子ども達。
この母を「受け入れて」「あきらめて」くれて「放っておいて」くれてるのでしょうね。
私にとって、この「距離感」って非常にありがたいし、実はかなり大切にしている部分でもあります。

子どもの年齢が小さいほど、お母さんをそのまんま受け入れてくれますよね・・申し訳ないくらい・・。
ありのままのお母さんに寄り添って、その姿を目標にすらしてくれる・・。
それが、お母さんにとっては、自分を鏡に映したように思えて不安になったりすることもあるかもしれないけれど、子どもにとっては、かけがえのない「お母さん」だから当たり前なのかな・・。

そのうちに、世界が広がり始めていく子ども達が、「世の中にはいろんな大人がいるんだ・・」と、感じるようになってくると、親子であっても必ずしも同じではないし、同じである必要はないと気がつき、新たな目標になる人物像を探し始めるのでしょうね。
尊敬する大人、好きになれない大人、心地よい環境、気分が悪い環境、楽しい時間、つらい時間・・。
そこで良いも悪いもたくさん経験できれば、より多くの選択肢からその子にとっての「ぴったり」が見つかる気がします。

ここで、親も「親年齢」を重ねなくちゃね。
それは、手も口を出さず、ほんの少し離れたところから見守る「強さ」を身につけるコトなのかも・・。
子どもはちゃんと「適度な距離」をもって親を受け入れてくれようとしてるんだもの。
だから私たちも・・・完璧を目指さず、がんばり過ぎずぼちぼちいこう・・・・・ねっ!
お電話では伝えきれなかったこと・・少しでも届いてくれたらいいな。

約1ヶ月ぶりに帰宅した娘は、また少し背が伸びていました。
「松居一代さんみたいなお姑さんのいる人と結婚したら、大変やろうねぇ〜!」というところで、妙に意見が一致する私たち・・(^^;)
そんでもって、お料理は楽しみながらワイワイがやがや。
今年のクリスマスケーキは、娘が作ってくれたのでちょこっとお披露目。とっても美味しかったよ、 ごちそうさま〜(^^)♪

2006年も残すこところ数日となりました。
                  皆さん、どうぞ良いお年をお迎えくださいね。



  
2006年12月18日
    たこしげ湖 

居酒屋たこしげさん 憧れの常連さんカウンターでもちダルマを囲んで・・

いつも大変お世話になっている、大阪道頓堀の居酒屋「たこしげ」さんに、週末の夜、専務と二人でお邪魔してきました〜♪
マスターがもちはだを気に入ってくださり、ブログでご紹介くださったのをきっかけにお付き合いをさせていただいて、もうすぐ1年を迎えようとしています。
終電が早い時間になくなってしまうこともあって、なかなかおうかがいできず、今回が5回目。

「いらっしゃい♪」とかわいらしい笑顔でおおみぞさんがむかえてくださって、左のカウンター席へ。
   「やったぁ〜\(^o^)/」
・・というのは、過去4回、メイン入り口に平行したカウンター席に座らせていただきつつ、左側のカウンターには常連のお客様がもう一つの入口から入ってこられて、入れ替わり着席されるのを遠巻きに拝見してました。
「こちらにどうぞ・・・」と、左のカウンター席を指しながら「そこは常連席なんよ♪」とおっしゃるおおみぞさんのお言葉に、 わずか5回目にしてこの席はあつかましいかも・・と思いながらも、大感激☆
ちゃっかり、座らせていただきました(*^ ^*)

「今夜は朝までコースですよね?」というおおみぞさんの問いに、「はい。そのつもりです。」としっかり返事をする専務。横で大きくうなずく私。
そうです・・・翌日は日曜日。
「メールでお話をさせていただいているお客様の一人でも多くの方にお目にかかれたらいいなぁ・・」とお店にうかがう道すがら思い続けていました。
その気持ちが通じたのか、「もちはだ」をかわいがってくださっている皆さんにお目にかかれて、ごあいさつもできて、「もちママ」と声をかけていただいて、ホントにうれしかったです(^^)♪
残念ながらお目にかかれなかった皆さん、また次の「朝までコース」の際にお話しできるのを楽しみにしていますね。

・・・で、「もちダルマを囲んで写真を撮ろう!」ということで上の写真になったわけですが、ここで私のドンクサさが、ついに「たこしげ」さんで暴露されることに・・・。
「もうちょっと寄ってくださ〜い」と言いながらカメラを構えていると、左手のペンダントライトの光が反射して、白いもちダルマが光ってしまい、その分みんなの顔には暗い影が・・・。
そこで、少しでも写りのいい場所を・・とカメラをのぞきながら、カウンターの端で右へ左へ移動。
左は厨房の入り口にあたるのですが、もうちょっと左・・・と、左へ一歩足を出したとたん「ビチャ!!」と水溜りの中へ。
私は「あ〜あ・・」くらいしか思っていないところに、マスターが「そこ大阪中で一番臭い水溜りやで!」の声。 おおみぞさんも「あ〜あ、もちママ、メチャ臭なってもた・・」
   「え・・・ええっ・・・・そっ・・そぉなん・・(@_@;)」
靴はびっしょり、ジーンズの裾もビッチャリ・・
マスターが気を遣ってくださって、「ホンマに臭いから、しっかり拭いといたほうがいいよ。」と、おしぼりを渡してくださいました。
ちなみに、この水溜り「たこしげ湖」と呼ばれているそうです。
「スペイン料理のお店で、臭いから出てくださいって言われるかも・・」と送り出されたので、正直なことを言うと、内心はドキドキ・・。でも、ここでも帰りの電車でも大丈夫?でした(^。^;)

早朝5時半過ぎにマスターに見送っていただいて「たこしげ」さんを後に、帰宅したら朝の8時。
ここからメールチェックをして・・・とパソに向かったものの頭が働かず、このままではエライ間違いをしてしまう気がしたので、しっかり眠ることに。
それからたっぷり睡眠をとって、なんとかパソに向かったものの、いつもの三分の一位の効率でしか仕事は進まず、あくびも止まらず・・。
とんでもなく眠くて、「今夜はもう寝ることにする!」と、宣言してベットに入ったのが、幼児のおやすみ時間の午後8時。
そして、今朝。
これだけ早くに寝たら、早々朝に「自然と」目が覚めるだろうとアラームをセットしていなかった私が甘かった・・・ 時計を見たら、ナントすでに7時過ぎ!
いくら特技とはいえ、これが元気のモトとはいえ、驚異的な睡眠時間。
・・・合わせて何時間寝たんだろ・・・(^^;)

      「たこしげ」さんの皆皆さん、とっても楽しい時間をありがとうございました。
      次におうかがいできるのを楽しみにしていま〜す♪


  ■◆■ マスターが書かれている楽しいブログ。この日の題名は・・  ・・・ 居酒屋 たこしげ

  


2006年12月8日
    美容師さん 

前髪が伸びていました。
微妙な天然パーマ具合も手伝って、非常にうっとうしい・・(-_-;)
切りたい・・とにかく切りたい・・。
思い始めたらパソコンに向かっていてもコーヒーを飲んでいてもテレビを観ていても歯磨きをしていても「切りたい!」。
前々回は、この衝動に負けて、とんでもないことになりました。
「切りたい想い」が強い時にハサミを持つと大胆にカットしてしまう・・という恐ろしい結末で、鏡の前で呆然となり、その足で美容師さんの元へ泣きつくはめに・・。
「今回はなんとかなったからいいけれど、二度とこんなコトはしないように!」と、しっかり言い聞かされて帰ってきたのです。

そして・・・目の前に宿題が山のようにあるこの状況なのに・・・
      「切りた〜い!」 
「今からすぐでも空いてますか?」と美容師さんにTEL。
この心境と危険な状況を察されたのか、「すぐ来てもらって大丈夫です。」のお返事。
・・・おかげ様で、皆さんにお目にかかる大感謝祭の前に、とんでもなくヘンにならずに済みました。

この美容師さんにお世話になって、もう6年くらいになるでしょうか。
切ったり、伸ばしたり、色を入れたり、パーマをかけたり、私は髪で遊ぶのが大好きなのですが、「こんな仕上がりだけはイヤ」ということを知ってくれているという安心感があるので、ずっと楽しめてきたような気がします。

カットしてもらいながら、美容師さんの苦労話?を少々・・。
「若い頃はよくお客さんにいじめられたよなぁ〜」と聞いて、びっくり。
「ストレスの発散に来られるお客さんは大勢いるから、気持ちよく帰っていただくにはそれも仕事のうち。」だそうです。
美容院というと大きな鏡があるので、お客様の背後に立っているからといって、気を抜くことは出来ず、カチンときても顔に出さないようになるには、かなりの修練が必要だったそうです。
髪を触るということは、お客様と非常に近い距離にいるわけで、「この人とはフィーリングが合わない」といったん思ってしまうと、ハサミが進まなくなるそうです。それでも仕上げなくてはならない・・。
大変ですね(^^;)

「この歳になって、いろんな事がラクになってきたけどな。」と最後におっしゃっていました。
ほぼ同じ年齢で近い業種の仕事をしているということもあって、 「歳を重ねるというのは、目に見えない微妙な空気や距離を感じ取るアンテナの感度が「経験」という技術をもってしてアップしていくことなのかもしれない」というところで、話が落ち着きました。

自分がカットしたお客様の髪が伸びて再度来店された時の髪形を見て、「前回のカットはなかなか良かったんでない?」と思える時が、ちょっとうれしいそうです。
「ここでカットしてもらったら、前髪さえ伸びないなら一年くらい来なくてもいい感じなんやけど。」
と私が言うと、
「それはそれで困る」
と言われてしまいました。

自分で切らなくて、よかった・・・・・・(^^)♪



2006年11月29日
    お買物 

今日は、迷彩柄のパーカーです。しかもグレー系なのがお気に入りです。
でも・・・実はコレ、勝手に「お気に入っている」だけで、娘の服(^^;ゞ
この月曜日学校の代休だったので、一日長く家に居ることになった娘と「美味しいスパゲティー&買い物ツアー」へ行ってきました。
勝山は、いつ雪が降ってくるか・・という状態らしく、日中上着を羽織らずに過ごせるこちらとは、気候が全く違うようです。
「あったか〜いジャンバーが欲しいねん。」ということで、例のごとくメンズのカジュアルショップへ。

「エーッ!!メンズでもファーが付いとる(@_@)!!」
勝手な思い込みかもしれませんが、ホンモノの超防寒は別として、ファッションとして「ファー」が付いているのは、女性モノだと考えていた私達は少々びっくり。
今時の男の子はこういうのを着るんだねぇ〜・・・
ん・・??!!・・我が家にも現役の高校生男子が二人もいる・・でも、彼ら自身も遊びに来る友達も「ファー」には、全く無縁な人種ばかり。
そっか・・・失礼。「今時の男の子」とひとくくりにするのは、よろしくないですね。それぞれのお好みで、楽しめればそれでOK・・でした・・はい(^^)♪

娘といえば、思うものがなかなか見つからず、私が自宅のパソコンを気にしているのを察してくれて、「次のお店でなかったら、今年もオニイのおさがりでとりあえず行くから・・・」と、優しい言葉。
じゃあ、ということで、いい出会いを願いつつ、本日最終のお店へ・・。
買い物の時、それぞれ自由に見て回り、お互いに気に入ったモノを見つけたら声をかけて、ダメだったらまた各自探す・・というのが私たち流。
レディース売り場でイイのを見つけて、 娘を呼びに行く途中、「あっ、お母さん、イイのがあるねん!!」と、うれしそうな顔でやってきた彼女に連れて行かれた先は・・・。。
そう・・私が見つけたのと全く同じ服!
というわけで、ソッコー決定で、お会計終了。
やっと見つけた「私らしい服」は、 予算より少し・・イヤかなりオーバーしてしまったこともあって、「お母さんも一緒に着よなっ♪」と母のツボを押さえることを忘れない彼女。わかっちゃいるけれど、喜んではまってしまう母・・・(^^;)

日曜の夜に、気持ちの行き違いからケンカしてしまったことも、美味しいスパゲッティーと、この「ひと時」のおかげで仲直り。
お互いの事がわかっているから良い時と わかりすぎてるから痛いところを突つき合ってしまう時。
そして、親子であっても全てがわかるはずもなく、共感できるわけではないと、冷静に考えられた頃には、「ごめんね」の気持ち。
相手に伝わる方法で、その気持ちを表現する・・。

今日着ている迷彩のパーカーは、9月頃に二人して気に入って購入した娘のモノ。
季節を追いかける私に「こっちやったらまだ着れるでしょ?」と、手渡してくれました。
私が作業をしているパソコンの画面を見て、「こんな事ができるのに、なんでやろねぇ・・・わかった!お母さんは仕事で脳みそのほとんど使ってしまってるから、他のことは『そう』なるんやね!」と、妙に納得した様子。 『そう』なるって、この母は『どう』なってるという意味なんだろ・・・?  
登校時のサンダーバードからのメールは、 「送ってもらう箱の中にマフラーも入れてね!お母さんが編んでくれたあったかいのん♪」

娘の気持ちをこちらに残させないように、あちらで心おきなく学校生活を満喫できるように、母は・・・出来る範囲で「しっかりする」ようにしますデス・・・(^^)
ありがとうねっ♪

昨日事務所に出勤したら、かわいい「もちだるま」が玄関で出迎えてくれました♪
身体は「3671」、帽子は「もちはだ 」。
あんまりかわいいので、携帯で撮影しました。
大感謝祭の時、どこかにいるので探してみてくださいね!
いらっしゃいませ・・「もちだるま」がお出迎えです 【もちはだ】



2006年11月18日
    最近の出来事に思うこと 

片田舎の加古川から「花の都 大東京」へ行ってきました〜!
今回の上京は、友人の息子さんが、JAZZダンス公演で踊る姿を観るのが一番の目的。(超繁忙期のこの時期に、快く送り出してくれるスタッフ達は、なんと心優しいのでしょう・・・感涙・・・)
この舞台は、 ダンススタジオの中のオーディションに合格した人だけが立てるという、厳しい世界らしい。 ダンスの専門的な知識など全くない私ですが、最初から終わりまでその見事なパフォーマンスにひきこまれてしまいました。

将来の大きな夢に向かって進むための最初の目標でもあったこの舞台に、 高校生でありながら、大人に混じって堂々と、しかもはじけるような喜びと楽しさを全身で表現して踊る彼の姿を観ていると、胸がいっぱいになりました。
隣席では友人が、そして後列ではご主人がいろんな想いで我が子の姿を観られていたことでしょうね。
親だから厳しい目で細部を見てしまうこともあるでしょうし、不安もあるでしょう。そして、親だからこそ理屈ぬきで、ただただ「よくがんばってきたね」の想いもあるでしょう。
きっと親の喜びというのは、我が子がステップアップしているコトにあるのではなく、ステップアップできたことを喜び楽しみ、そしてまた次のステップを踏むために努力を始める子ども自身の笑顔や言葉、その姿にあるのだと思うのです。

子どもには、子どもの人生や考えがあって、時には親のソレとは違うこともありますよね。
そんな時でも・・・そんな時なら尚更、子ども自身が自分の人生を楽しめることが親のシアワセであるということを忘れずにいたい・・と思うのです。

子どもの心からの笑顔を見るために、私たち親は、何ができるのかを考える。
それは、
子どもが転ばないように、つきっきりで見守ることかしら・・。
転びそうになったら、すぐに手を差し出し、支えることかしら・・。
転んだ時には、次に転ばないようにする方法を簡単に教えてあげることかしら・・。

子どもが困っている時、悩んでいる時、人生の引き出しをたくさん持っている親がその解決策を提示してあげれば、目の前の問題を「簡単に」解決できるかもしれない。

でも、簡単じゃいけないんですよね。簡単じゃ・・・

親として何ができるかを考える。
考えた末、何もせずにただ見守る・・・ということを選ばなくてはならない場合もきっとあるはず。

最近続いている悲しいニュースについて、 私が感じていること。
大人も子どもも、次々登場する「形あるモノ」を追っかけても追っかけても満たされなくて、不安なんじゃないかな・・。
大人になって親になっても、「子ども」の頃から持ち続けてきた思いや葛藤が、意識・無意識のどちらにおいても、いろんなところに顔を出してくる・・。
それを埋めるために目の前のモノを追いかけ続けても、結局は充足感は得られない・・。
なんでも手に入るこの時代にあって、根っこにあるはずの目に見えない「大切なモノ」・・。
「大の大人が今更・・」と気にも留めてないふりをしてる。本当はしっかりと実感していたいのに・・。
子どもの問題といわれているけれど、むしろいろんな子ども時代を過ごして現在にいたっている大人の様々な感情が、影響を受けやすい子どもを通して世の中に出て来てしまっているのかもしれない。

そう、肝心なのは、本来子どもに道を示しているはずの大人・・・。
まずは大人が自分の心の声を聞いて、「大切なモノ」を自分の真ん中に据えて、笑顔にならなくちゃ。
そしたら、いろんな立場の子どもがそのゆとりを信頼して、「しんどい」「つらい」と打ち明けてくれるかもしれない。

        何があってもあなたの味方だよ。
        何も言わずに抱きしめる。そっと・・、時には、ぎゅっと子どもの心を抱きしめる。
        一人じゃないよ。もう大丈夫だよ。

その後に、子どもの心の真ん中にも「大切なモノ」を据えてあげる・・。

「大人」として、子どもに何ができるか・・。
親だから、先生だから・・という立場から子どもに何かをする前に、
一人の「大人」として、子どもをまるごと受け止められる強さを持つために、大人自身が自分を見つめなおし、お互いを思いやる心の安定を得る事ができたら・・・そこから、動き出す何かがあるような気がしています・・。



2006年11月11日
    隠し味 

最近、調味料の中で、はずせなくなっているのが「ナンプラー」。
いわゆる魚醤、タイ料理で使われるお醤油です。
お料理上手なお母様方は、普通に使われているかもしれませんが、どちらかというとマイナーな調味料ですね。
以前は、名前だけを知っている程度で、どのような味付けに使うのかわからないうえに、あまり興味も持っていなかったのが正直なところです。

それが、友人のお家に泊まりに行った際、「トリとごぼうのスープ」をいただいた時のこと。
このスープ、味が濃いわけではないのにコクがあって、本当に美味しい。もぉ〜感動(*^.^*)
「すごく簡単よ」という彼女の言葉にさらに魅力を感じて、 レシピをコピーしてもらうことにしました。
そこに書かれていたのが、 「ナンプラー 小さじ3」。
古典的な「さしすせそ」の調味料であれば、仮に新しいレシピでも、分量は適当に・・いえいえ長年のカンで使うのですが、ソレ自体どんな味がするのかも、どの位の分量でお料理本体にどの程度影響を及ぼすのかも皆目見当のつかない、初体験。
さすがに初めてチャレンジした時は、軽量スプーンを手に、レシピに書かれている通りの分量をきっちり量って投入。ちょっとクセのある香り・・。
・・・・・が、味見をすると・・・  「う、うまい♪」
その後、このスープに春雨を加えたモノ我が家の定番メニューに昇格することとなったわけです。
そして、最初考えながら使っていたナンプラーも、そのうち中華スープでも炒め物でも、一味足りない時にちょちょっと適当に入れる使い方ができるようになり、今ではなくてはならない調味料となっています。

・・・不思議なものですね。
最初は、その「クセのある香り」という個性に少々戸惑い、決められた使い方しかできなかったのに、頻繁に付き合ううちに、本来持っている良さを充分に理解できるようになってきました。
そして、存在を知らなかった頃は、その仕上がりで美味しいと感じていたはずのに、今となってはこの一味がないと、もう満足できなくなっています。
その代わり、ナンプラーは、それだけで味付けが完了するような「主役」ではないし、存在を全面に強く主張し続けるような「野心」もないようです。

・・・そっか・・・そうなんだ・・・・。
自分の役割を淡々とこなす。できることをそのまんまやればいい。
・・・・うん。それでいいんだよね。

一人で言い出して、一人で納得。
ナンプラーから始まって、ワケのわからないしめくくりになってしまいましたが、 私の中では、妙に考えが落ち着いてしまいました。
今日のところは、独り言ということで、あしからず・・・・(^^;)

   追伸: 
     前回予告していた、「もちママからのちょっとしたお知らせ」。
     ホームページへの6年間の想いと共に、制作スタッフ募集のご案内をしています。
     よろしかったらご覧くださいね。
                                 ++ もちママからのお知らせはこちら♪

  
 
>>>Topページへ