Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ


2007年2月26日
    関西人なら一家にニ台!?  

今度子ども達が帰って来る週末には、「コレをしよう!」と心に決めていました。

我が家にあるコレを作る道具は、昔使っていた 直火OKの鉄製のモノ。
現在のIHコンロには対応していないので、ずーっと自宅で作ることはなくなっていたのです。

年末に娘が大阪のお友達のお家に数人でお泊まりさせてもらった際に、コレを家庭で作って出してくださったそうで、その時に福井のお友達が「家で作れるの〜??」という驚きの質問に、そこのお母さんが、「関西人なら一家に一台は当たり前よ!」とおっしゃったとか・・。

そうなんだ・・・(--)(__)

れっきとした関西人であるためにも(?)「家で作って食べた〜い」という思いがふつふつと沸いていたところでタイミングよく、いただいたカタログギフトに電気プレート版の道具を発見。
家族に提案したところ、 全員一致での了解をもらって、申込みとなったわけです。

で、待ちに待った道具が週半ばに届き、念願の「たこやき大会」を開催(^^)

コレを作る時の楽しみは、なんと言っても「くるりん♪」ですよね。
流したタネに、刻んだタコやネギやキャベツ、天かすを入れて、程よいところで、「くるりん♪」。(←我が家では娘が一番上手かったです(^^;))
タコが入っていないと、ブツブツ文句をいわれそうなので、もれのないように丁寧に・・。
タコバージョン以外に、チーズや甘辛く味付けた牛コマ肉バージョンなどなど。どれも、とってもGOODなお味でした(*^.^*)

そして、あくまでも個人的な見解ですが、お好み焼きにマヨネーズはアリですが、たこ焼きにマヨネーズは・・・(-_-;)
それに、たこ焼きは、家で作っていただく時も爪楊枝です。フォークやお箸は並びません・・・。

とにもかくにも、できたてのアツアツが一番♪
関西以外の地域にお住まいの方も、まんまるたこ焼き、ご家庭でいかがでしょう〜♪



2007年2月11日
    オノマトペ  

お昼ごはんを食べていたら、真ん中の息子が突然、「上から読んでも下から読んでも同じになるコトバ知ってる?」と聞いてくるので、「しんぶんしみたいなのでしょ?」と答えると、「そうそう」と息子。
「偶然発見したのがひとつあるねん・・。」と言うので、「なになにぃ〜?」と私。
「この木のこのキノコ」
ふ〜ん・・・・(・・;)      ・・・・・間・・・・・

「いや、それでな。オノマトペって知ってる?」と息子。

     「何それ?」と、さっきの「キノコ」で、期待の気持ちは薄らいでるものの一応たずねる私。

「日本のマンガが他の国とレベルが違うのは、オノマトペがあるからやねん。」 と息子。

     「ええ?その暗号みたいな名前何なん?」と、興味が出てきた私。

このオノマトペというのは、擬音語や擬態語のことだそうです。
ショックを受けても緊張しても音は鳴りませんが、文面で「ガーン」や「ドキドキ」というのを見ると、その様子というのが手にとるように伝わってきます。
実際に「シクシク」言いながら泣く人はいないでしょうが、「エーンエーン」よりも「めそめそ」しているイメージが伝わってきます。
「冬はお肌がカサカサしがちなので、シットリ感を大切に・・」なんて文章には、「乾燥」「潤い」のどちらの言葉も使われていないのに、私たちには何の問題もなく理解できますものね。
どうやらこれが、英語やスペイン語のような欧米の言語には、あまりないらしく、息子曰く、ソコの差が日本のマンガを高いレベルにしている・・ということのようなのです。

     「じゃぁ、日本のマンガが外国で販売される時は、どうなるん?例えばドラえもんとか」と私。

「どうやろなぁ・・ドラえもんの英語バージョンのは見たことあるけど、オノマトペの部分は日本語そのままで書いてあったような気がするわ。」と、息子。

手元にある大好きなバスケットマンガ「スラムダンク」をパラパラめくってみると、オノマトペだらけ。
シュートシーンだけでも「シュポッ」「パサッ」「パツン」「パスッ」「バシ」「ダン」「ゴギャ」 などなど。
バスケットをされる方だと、これらのオノマトペだけで、異なった情景が目に浮かぶことと思います。
そして、忘れてはならない「ダムダム」も・・!

食事の後、少しネットで調べてみると、日本文を翻訳する仕事をされている方にとって、また、日本語を学ぶ外国の方にとって、このオノマトペは、非常にてこずる部分だと書かれていました。
そうでしょうね・・
「パクッと食べた」と「ガブッと食べた」の違いを、文章でわかるように表現するとなると大変です。
「大きな口をあけてかぶりつき、まるごと口の中に入れた」 というような文章が「パクッと食べた」を英訳する時の下訳になるのでしょうか・・・(もっと文学的な表現になるのでしょうけれど・・(^^;)

マンガとなると、そんな長文を添えることもできないので、該当する言葉のないオノマトペについては、そのまんま掲載されているのかもしれません。

正直なところ、「この木のこのキノコ」 の時は、・・・・でしたが、オノマトペについては、息子に感謝。
日本語の素晴らしさをあらためて教えてもらった気がします。
私達の母なる言葉。日本語。
どんどん変化していく中、これからも愛着を持って大切に次世代へ伝えていきたいものですね。

追伸 : 金曜日にYahoo!ショッピングに出店しているストアの「集まり」があり、講演やら講習、
     懇親会まで参加。
居酒屋たこしげさんでいただいた新店の名刺です♪

その帰りに、いつも大変お世話になっている大阪ミナミの居酒屋「たこしげ」さんにお邪魔してきました。
4月から移転される「たこしげ2」さんの名刺をいただいたので、ご紹介しますね。(右下の赤い「たこしげ2」部分が新店舗だそうです)
新店におうかがいできるのが今からとっても楽しみ☆
ただ・・・勝手に(?)気がかりな事がひとつ。

「たこしげ」さんでは、「似合いすぎ!」とかわいがっていただいている昭和の香り漂う「もちはだ日めくりカレンダー」。
ピカピカの「たこしげ2」さんでも、この微妙な「レトロ感」がOKであってくれますように・・・(^-^;




2007年2月6日
    雪なし国  

昨日は福井県勝山にある子どもの学校へ行ってきました。
朝から来客があって話し込んでしまったので、約束の午後4時には昼食抜きでぎりぎりかも・・という出発時間になってしまい、大慌て。
ただいつもならこの時期心配な積雪については「問題なし」と予想していたので、余分な時間はかからずに済むだろうとは思っていました。

米原からスタートする北陸自動車道の滋賀県の木ノ本から福井県武生までは「山岳地帯」といわれていて、長短あわせてトンネルが14本もあり、のぼり・くだり・小カーブ・大急カーブの連続で、かなりの高低さもある区間です。
運転好きの私にとって、魅力的で大好きな区間ではあるのですが、降雪シーズンとなると話は別。
「これより山岳地帯」から「山岳地帯ここまで」の看板が立っている区間に入ると天候が一変し、長いトンネルを出ると突然の吹雪で急激に視界が悪くなったり、チェーン装着を規制されていたり、除雪車について走るため大渋滞になったりという、ちょっとした難所になるのです。

っが、この日、目の前に広がった景色は・・

    ・・・雪がない・・・

遠く北前方に見える山々も緑がほとんどで、ほんのちょっぴり白をまぶした程度。
豪雪区間のこのエリアでさえ、真横に見える山肌も真っ白ではなく、ところどころ茶色。

この道を定期的に走るようになって7年目ですが、この時期でのこの様な景色は初めてでした。
極めつけは、暖房も入れていない車内なのに、福井北ICで降りた際、窓から入ってくる空気の冷んやり感が心地よく、しばらくそのままで走り続けてしまうほどあたたかかったこと・・・。
一年で一番寒いといわれる 2月初めのこの時期にです・・

雪が少なくて、生活に支障がなくてよかったよかった・・・では、ないですね・・・。
昨年の超ドカ雪で、日常生活でも大変な思いをされた福井にお住まいの方々も、「降るものが降らないと、なんだか気色悪い・・・」とおっしゃっていました。

            日本の四季が壊れてしまう・・・
             トリカエシノツカナイコトニナッテシマッタラドウシヨウ・・

昨日の景色を見た時の衝撃。
できること、気をつけられること・・
近くのスーパーマーケットや銀行、駅前に行く時は、大好きな車の運転はお休みにして、自転車で走っている今日この頃・・。 それに加えてこれからは、もう少し遠方のショッピングセンターへも、自転車で行くことにするっ!
ほんのほんの微力だけれど、この気持ちを忘れずに生活していかなくては・・と、今は強く思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おまけ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや雑誌でお馴染みの「みち子の焼きさばずし」が販売されていました

昨日は、お気に入りの南條SAで、「焼きさばずし」と、食堂メニュー人気NO1,らしい?「越前海老天おろしそば」をいただきました。
いずれもさすがの福井名物。とっても美味しかったです(*^.^*)
ただ、楽しみにしていた高速道路SA限定の「速弁(はやべん)」は、すでに売り切れで、がっくり・・。
まぁ、お楽しみは、次に・・・ってことですね(^^)♪




2007年1月28日
    動揺 

26日の文章は、このページをゆったり読んでくださっている皆さんには、事情もわからないままで、ご心配をおかけしてしまいました。
かなり動揺した気持ちのまま綴ってしまった文章で、言葉も足りなかったため「何があったの?大丈夫?!」と心配してくださったメールをいただいています。お騒がせをしてしまいました・・。
    ごめんなさい・・。
実は、友人が交通事故に遭い、全く非がなかったにもかかわらず、今後の人生に大きく影響するであろう大ケガを負ってしまったのです。
あの内容は、お見舞いにうかがった時の様子です。

人は、それぞれいろんな道を歩んでいるのですよね・・。
病院のベッドに横たわる彼との言葉少ない会話の後、「生きること」について考え、何気ない日常もたくさんの人に支えていただいているということを、今一度実感しています。
    これからも、まわりの人達に感謝しつつ、「楽しく」生きていきたい・・。
    ぼちぼち、のんびり、ゆったりと・・・私らしく・・・ですね。
    みなさん、いつも本当にありがとうございます(^^)



2007年1月26日
    神様から届けられたもの 

「おはよう」で始まる朝。
「こんにちは」「こんばんは」と言って過ぎる時間。
「おやすみ」で終わる一日。
誰にも「時間」は平等に与えられていると思ってた・・。
走り続けているうちに自分を見失ってしまってたんだね。
いつも「誰かのせいで・・」と、追い立てられていた、孤独な心の内。
立ち止まったら居場所がなくなってしまう・・そんな恐怖感からだったの
かもしれないね。

休んで欲しいと彼女が願っても決して聞き入れることのなかった彼に、神様から届けられたもの・・。
ベッドで横たわる彼は、 「これで走るのをやめられると思ったら、ホッとした・・」 と、天井をみつめて言いました。
      「そうやったんやね・・・。」と私。
「生きててよかった・・。」
      「生かせてもらえてよかったね・・。」
「うん・・・・ぅん・・・・・・・・・。」

失ってしまったものは大きいけれど、本当に神様が届けたかったものをこれから探していくのでしょうね。 彼や彼女、そして彼を支える家族のみなさんで・・・。
その答えが見つかるのは、きっと、ずっとずーっと先・・。
こうなる前は見たこともなかった表情での「ありがとう・・・」。
ようやく「自分の時間」を手に入れたのかもしれないね。
                             新しい人生のスタート、応援しているからね・・。



2007年1月20日
    ドライブスルーの提案 <2> 

今度は、道路でなにやら工事をしているな・・と思いつつ数日経過。
      (18日のお話の続きなので、よろしかったら、そちらからご覧くださいね)
今朝、サリーU^ェ^U の散歩で、郵便局の前の道路を渡ろうと見渡すと、中央分離帯が白線で書かれて、コーンが長方形状に置かれているのを発見。
しかも、直線で数百メートルの道路幅はずーっと同じなのに、柵を作った郵便局の前の十数メートルにだけできてる・・。

   「なるほど、こうきたか・・。」

単に中央をコーンで区切っただけでは、道路わきに駐車した車と中央線の間をかろうじて車が通行することができる幅。
長方形の分離帯にしたことで、道路わきに車が一台でも止まれば、「道幅」がせま過ぎて通り抜ける事ができなくなったという、そんな状態。
これで、おそらく、たぶん、郵便局前の道路に路上駐車する車は一台も無くなるでしょうね。

郵便局の駐車場は、局前の道路から西に入った所にあり、本局であるにもかかわらず10台程度しかとめられません。
ここに駐車するために、わきで停車して空くのを待っている車を今までも見かけていたけれど、これからはこの列が増えて、飲食店の前の道が混雑してしまうかも。もしかすると、このせまい道に駐車する車が出てくるかもしれません。
そこには、息子がアルバイトでかわいがっていただいている「おうどん屋」さんも含まれていますし、裏手にあたられる住宅の方も同様です・・。
市役所前にもあたる郵便本局前の道路がすっきりしたのとひきかえに、そういう迷惑を引き受けることになってしまうかもしれない公共性の低い道路に面している人達がそうなった時には、誰が解決してくれるのでしょうか・・。その都度通報・・?そんなこと・・・・

たかが郵便局前の「柵」なんだけれど、やけに引っかかってしまうのです。
これって、問題が解決したことになるのかなぁ・・。
「ドライブスルー ポスト」が解決策だと主張したいわけではなくて・・・
その部分にだけ造られた、ギラギラの柵と真白の線と真新しいコーンの中央分離帯に、なんとも言えない威圧感と違和感を感じるのは、私だけでしょうか・・。




2007年1月18日
    ドライブスルーの提案 

我が家の東側には、「市役所」「市民会館」「ハローワーク」「水道局」「青少年女性センター」「保健センター」等々、いわゆる市の施設がたくさん集まっています。
なので、そこで働く人達のためのお昼ご飯を充実させている飲食店というのが、またまた多くあります。「おうどん屋」「とんかつ屋」「ラーメン屋」「バイキングレストラン」「カフェレストラン」等々・・。
家の前を数人ずつの集団が何組も左から右へ歩き始めるのが見えると、12時過ぎ。
右から左へ歩いているのを見かけると1時前。
パソコンに向かって作業をしていると、モニター画面の先にちょうどこの道路が視野に入るので、ちょっとした目安にさせてもらっています(^^ゞ

そんな環境の中、「郵便局 加古川本局」も徒歩1分30秒くらいのところにあります。
建物は、南北に走る道路に面しているのですが、 「ちょっとした用事」にやってきた人は、道路わきに駐車するので、いつも車がずら〜っと並んでいる状態。
特に、年賀状シーズンになると、対向車線側の道路脇も同様で、車のすれ違いに問題があることもしばしば。

・・で、とうとう年末から道路脇に、「柵」が建てられたのです。
高さは、私の腰くらい。大人ならかろうじてまたげるくらいの高さです。
「この柵の高さからすると、入れなくするということより、心理面への訴えかな・・」と、郵便局の前を通ったり、中で順番を待っている時など、路上駐車の様子を観察してみました。

結果・・・。

とまっている車の台数は、柵のなかった以前から、ほぼ変化なし。
男性は何の抵抗もなく、柵をまたいで越えているし、スカートをはいた女性は、柵の途切れている端まで行って歩道に入る・・。

この「いかつい」銀色の柵を建てた人達は、この柵で路上駐車が減ると予想していたのかしら・・。

あと、観察時に気がついたのは、路上駐車をする人達の約半数が、車をとめて柵を越えて郵便局の入り口にあるポストに郵便物を投函してまた柵を越えて車に戻る・・その間「約1分」。

私なら・・・
私なら、ギラギラ光る柵の代わりに、広い郵便局の敷地を利用して、郵便局の建物を回る形で、
「ドライブスルー ポスト」を提案したい。
遠方から車で来る人たちにも喜んでもらえて、路上駐車も減って、冷たい感じの柵もなくて、柵をまたぐ時に脚をひっかけて転ぶ人もいなくて(!)、いい感じだと思うんだけどなぁ・・・。

ルールって、皆が快適に生活をするためにとっても大切だし、守らなくてはいけないことだけれど、それを作る時には、守り続けやすい環境もセットにしなくちゃね。
「命令」や「禁止」ではなく、み〜んなが気持ちよく生活していくために、工夫する事が大切な気がします。例え相手が子どもであっても・・・
いえいえ、「権力をもたない」子どもに対しては尚更、「ダメ」と言う前に大人が工夫しないと・・・・ね(^^)




2007年1月6日
    イカの塩辛 

昨日の夜ご飯のコト。
朝の番組で、「イカの塩辛と白菜のクリーム煮」をゲストの皆さんが「これは美味しい〜♪」と絶賛しながら召し上がっているのを見て、冷蔵庫の中にイカの塩辛の瓶詰めがあるのを思い出しました。
子ども達も私もイカの塩辛は苦手。
「アノ生臭さがちょっと・・」と躊躇しているところに、「これって、全く生臭さを感じませんねぇ〜!」という、まるで私のつぶやきが聞こえたかのようなゲストの方のコメント。
さらに、「このイカは、塩辛だったってことがわかりませんよね・・」とも。
「イカの塩辛は白いものとよく合うんです」と料理人の方がおっしゃりながら、材料と作り方の説明をされていて、白菜・豚肉・牛乳・・。どれも我が家にある材料ばかり。
それなら・・と、夕食の一品に決定。

何事もチャレンジが大切ですよね・・。
そう、新しい年の始まりに、積極的にやってみなくっちゃ!
     ・・・たとえ、結果が思うようにいかなくても・・・(・・;)

子ども達は、「ごめん、悪いけど・・・」。 私も味見の段階で、「・・・・」。
「コレうまい!」とOKだったのは、イカの塩辛好きの夫のみ。 「どう考えてもイカの塩辛入ってます!の味やな。」
          ・・・・・ゲストの人、もともとイカの塩辛だったと思いませんねぇ〜って言ったよ・・・。

検証の結果、汁気をきらずに入れてしまったのがまずかったんじゃないか・・ということに。
そして、子ども達には「テレビのコメントをまるごと信じ過ぎないように・・」と言われてしまいました。

新年早々、まだ6日しか経っていないのに、 「ジーンズまちがい事件」「寝ぼけ&寝過ごし事件」「財布に1000円札1枚だけ事件」そして、「イカの塩辛思い込み事件」と、この調子・・(-_-;)

私らしく?始まった2007年。
先行きが少々思いやられるところもありますが、まぁ、ぼちぼち・・。
今年もたくさんの人と語り合いつつ、いろんな心の声も聞きながら、丁寧に毎日を楽しむ、そんな一年に出来たらいいな・・・(^^)♪




2007年1月1日
    新年のごあいさつ 

除夜の鐘を聞きながら、恒例の初詣に行ってきました。
子ども達が寝てしまわないように車の窓を開けて走っていた頃が、今では懐かしい思い出です。
今冬は上の息子が郵便局の配達員さんのアルバイトをしているので、徹夜組はいないようです。
丸もちと大根と金時人参とくわいが入った白みそ仕立てのお雑煮は変わりませんが、家族で過ごすお正月の風景は、今後も少しずつ変化していくのでしょうね・・・。

         もちはだHPでは、本年も皆様に楽しんでいただけるような企画やお役に
         立てる商品をご紹介してまいります。
         どうぞよろしくお願いいたします。
         2007年が、皆様にとってもますますステキな一年となられますように・・。


 
>>>Topページへ