Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ


2007年6月23日
     瞳孔が開く目薬 

突然右の視野に、万華鏡の色なしバージョンのような線が出現。
まばたきしても消えないし、微妙にその形も変化し続ける。
受話器片手に打ち合わせしながらも片目を覆ってみたり、目の玉をくるくる回してみたり。
それでも消えない・・・キラキラの線・・。

   ドキドキ・・もしかして、ちょっと・・ヤバイ・・?

その後数分して消失。
それ以降は、出現しなかったのでやり過ごそうとしていたのですが、「必ず眼医者さんへ行くように!」との命令で、しぶしぶ診察に行くことにしました。

「今日はどうされましたか?」と、看護士さんの診察前の問診。
      「突然、光の線が・・うまくいえないのですが、万華鏡のような立体的で色の
       ついていない鏡の破片のようなものでできた線が、右側の視野に出てきた
       んです。今はないですけれど・・」 と、しどろもどろながらも精一杯な説明。
「じゃあ、基本の検査をしましょう。こちらへどうぞ。」

そこで、目に風を当てる眼圧検査や赤い点を見つめる検査、お馴染みの「右」「左」「上」「下」の視力検査まで。

診察室に入って、席に着くと、先生が一言。
「それは・・、稲妻のような光ではなかったですか?」
          「あっ、はい!そう、それです!」

先生の説明によると、片目だけでこの光が見えるのと、両目で同じ部分にこの光が見えるのとでは、原因が大きく違うとのコト。
片目だけの場合は、明らかに目の異常なので、その目を詳しく検査する必要あり。
両目の場合は、目ではなくて、脳の血管の収縮によるもので、偏頭痛と同じで一過性のもの。

「右目だけで見えましたか?それとも両目で見えましたか?それが大きなポイントなんです!」
と、先生にじっと見つめられて、詰め寄られたのですが、
          「すみません・・・はっきりわかりません・・・(・・;)」

ということで、念のため右目の詳しい検査をすることに。

「では、検査をするために、瞳孔が開く目薬を入れますね。」

         「瞳孔が開く目薬ですか・・??!!(@_@;)」

こういう一般的な医学的検査に、とんと疎い私。
平静を装っていたつもりだったのですが、たぶん見透かされたのでしょうね・・(^^; 看護士さんが丁寧に説明してくれました。

「大丈夫ですよ。痛みも何も全くありませんから。ただ、少し光がまぶしく感じるようになって、ぼやけますので手元がみえにくくなります。5時間ほどで戻りますから、心配はいりませんよ。」

それから5分おきに2度その目薬をさしていると、見え方にちょっとした違和感が。
そのタイミングで、診察室に案内されて、右目をがっちり固定されての検査を受けました。

「顕微鏡の向こうから私の右眼球はどんな風に見えてるんだろ・・理科の教科書に載ってたあんな感じかなぁ・・」などと思いながら、指示通りに眼球を上下左右。

おかげさまで、右目に異常は見つからず、例の「稲妻」は、頭痛のカワリダネだったようです。

瞳孔が開いた自分の右目を鏡で見てみると、確かに本来点のような黒目が茶目とほぼ同じ大きさにまで広がってる。
そして、蛍光灯の光を見ると、左目だけの時より、右目だけの時の方がまぶしいし明るいし白い。
手元はぼやけるとはいえ、包丁を持つことには問題なし。
でも、気分が悪いとまではいかないけれど、なんかヘン。
     うん・・やっぱりいつもと違う・・・。

皆さんも、もし、突然視野に「稲妻」が現れることがあれば、その時は必ず片目だけに見えるのか、両目に見えるのか、検証をしてくださいね。
それが、診断の大きなポイントで、「両目で見えた」と言い切ることができれば、瞳孔が開く目薬のお世話になる必要は、ないようです・・・(^^)




2007年6月20日
      「なにさぼっとんや、走れー!!」 

バスケットボールというスポーツを知ったのは、中学校のクラブ活動選びでした。

中学入学と同時に加古川に引っ越してきた私は、当然知り合いなど一人もいるはずもなく、周りの人たちが、友達同士で「同じクラブに♪」という相談をしている中、これからの放課後の時間を何に費やそうか・・何になら夢中になれるのか・・・何がカッコイイのか・・・そんなコトを考えていたように思います。

中でも「何がカッコイイのか・・」これは、その当時かなり重要なポイントでした。
というのは、 以前住んでいたのは、都市部近郊。
「田んぼ」というのは、父の田舎でしか目にしたことはなく、まさか自分が住む家の数十メートル先にたくさん点在するなんてこと、考えられなかったのです。
小学生の頃は、いつも「車に気をつけなさい」「必ず歩道橋を渡りなさい」といわれ続ける環境にいたのに、いきなり通行人すらいない、気をつけても自転車・・という田んぼ道を歩いて通学することになったわけですから、ちょっとした焦りのような感情があったかもしれません。

それでも、個室を与えてもらえた喜びの方が、年頃の私には大きかったですし、加古川のゆったりした空気の中では、苦手な競争をしなくても済むような気がして、むしろこの地で中学生になれることでホッとしていたように思います。     

身体を動かすことが好きだったので、まず運動部。
そして、友人がいない状況だったので、個人競技ではなく仲間と支え合えるスポーツ。
走ることが好きだったので、できるだけ「待つ」という時間帯が少なく、動き回っていられる種目。

消去法で残ったのがバスケットボールだったような気がします。
その頃のどことなく不安な気持ちは、倒れそうになりながらも(何度も倒れてしまいましたが(^^;)走り続ける練習の中で薄らいでいった・・ということもあったかもしれません。

開校2年目の公立中学校で、運動場は砂利だらけのうえ、体育館は未完成。
バスケットボールの顧問は、学生時代サッカー選手だった負けず嫌いの新任体育教師。

とにもかくにも、入部届けを提出した中1の5月から引退する中3の1学期まで、カッコイイなんてコトはどっかに放り出したまま、学校生活の大半を体育館で過ごすことになりました。 

  


2007年6月17日
     五右衛門風呂 

今朝は、久々にの〜んびり朝風呂に入りました。
夜は、照明を落とした薄暗い浴室で、大量の汗を流すようマッサージしながら気合を入れて半身浴するのですが、朝風呂は、ブラインドの隙間を最大にしてめいっぱい光をとりこみ、ただボーッと湯船に浮かびます(^^;
ゆったりとぬくもっていると、まだ眠っている細胞が、ひとつずつ目覚めていく感じ・・・。
なんとも贅沢なひと時です。
夜のお風呂が心身にたまった疲れや老廃物を取り除いてくれるものなら、朝のお風呂は、これからの活動に備えて、エネルギーを充填してくれるものなのかもしれませんね。

湯船につかりながら、ふと思い出したのは、幼い頃に父の田舎で入っていた五右衛門風呂のこと。

詳しくは覚えていないのですが、お風呂の中に木が浮かんでいて、必ずそれを踏みながら入るように注意されたことは、記憶に残っています。
今なら理屈はわかります。五右衛門風呂というのは、釜の足元部分には直に火が当たるわけですから、相当の高熱になり、直接足を置いたりすると、大ヤケド!!ということだったのでしょうね。
ただ、浮いている木を踏むわけですから、端の方に足を乗せてもうまく沈んでくれませんし、真ん中に足を置いたとしても、水平に沈めていかなければ、すぐに足から外れてしまいます。
いつも先にイトコのお姉さんが慣れた足取り?でさっと入ってくれて、「さあ、お入り」と言ってもらってから、ドボンと入らせてもらっていたように思います。
「周りが熱いから気をつけてね」とも言われたように思うのですが、「熱いっ!!」と飛び上がったイヤな記憶が全く残っていないことからすると、側面はそんな危険な熱さではなかったのかもしれませんね。

「ぬるかったら言いなさいよ〜!」と、外から叔母が声をかけてくれて、「ちょっとぬるいぃ〜」と叫ぶと、台所の土間の横にある薪をくべるところから火をたいてくれるのです。
そうすると、下から熱くなってくるので、お湯をくるくるかき混ぜながら、「ちょうどになったぁ〜!」と言うのです。
こんなやりとりや丸みのある「こっぽり」としたお釜の感じが好きで、少しドキドキしながらも、たま〜に訪れる田舎のお風呂を楽しみにしていたように思います。

そして、親戚が集まっても、子ども達が大勢集まっても、一番風呂は必ず祖父で、続いて大人の男性陣。 台所に火の気がなくなってから最後に入るのは、いつも叔母だったことは、子ども心にもなんとなく印象に残っていました。
叔母は、ぬるくなったお風呂を温めてもらうことはできたのでしょうか・・。それも、毎日のこと・・。

今になって、ふと突然思い出した昔の1コマ。
この頃の叔母は、今の私よりも年齢が若かったのかもしれない(・・;)

   適温の湯船にのんびり入ることができる・・・
   朝から日の光を浴びつつお風呂に入ることができる・・・

   うん・・
   これから、「ストレス」という言葉を簡単に使うのは、よそう〜っと!
 



2007年5月23日
     「ふ〜ん、そうなん・・」  

皆さんのもとに幸せが届きますように・・♪ 近所の公園で見つけました

週末帰宅してきた真ん中の息子の眉間にシワが寄っていました。
顔つきを見て「ん?!」とは、思ったのですが、こちらからたずねることはしませんでした。
フクザツな女心と違って男の子の場合、単に「お腹が減って・・」というレベルのこと、多々あるからです。
幸いこの日のメニューは彼の好物、そして早めにとりかかっていたので、

後は仕上げを残すだけというところまで出来上がっていました。

向かい合って二人で食べ始めると、珍しく「あんなぁ〜・・」とぼそぼそと彼が話し始めました。
話を一通り聞いて、

       「うん、なるほど・・・そりゃとんでもなく不愉快だわ・・」と私。

「そうやろ?めちゃ頭にくるねん!!おかげで今週サイアクやったわ・・」と彼。

続いて、その事柄に対して、彼なりにハラワタ煮えくり返る思いをオブラートに包み、「表向き」いや「対外的に」どんな対処法をとったか・・という話しになると、私の返事は、もっぱら
       「ふ〜ん、そうなん・・・」

決して気持ちを入れて聞いていないわけではないのですが、高校二年生になっている彼の話は、すでに男性としての判断や考え方が基本になっいて、女性の私には、「??」なコトが多々あったのです。

     「ふ〜ん、そうなん・・」。

実は、この言葉にたどり着くまで、ずいぶん失敗をしてきました。

相手が自分に共感してほしいという思いを全面に押し出して話してくる場合。
相手の言い分は自分の考えと同じではないけれど、話の流れや勢いをそいでしまわないように聞き流していかなくてはならない場合。
友人という親密な間柄ではなく、知り合い程度であったり、近所のお付き合い、ママ友、職場の同僚・・・などの場合。

     「うん、そうやね・・」 

私の経験からすると、 この言葉が、かなり曲者だったりするのです・・。

この相槌で聞いた話は、相手側からすると、「この人は、自分と同じ考え・気持ちなんだ」ということになる場合が多いようです。
つまり、やっかいなことに、私は何も言っていない、ただ相槌をうっただけなのに、「○○さんもそう言っていた!」という、私の考え・気持ちとして勝手に、時には私の知らない場所で成立してしまうという事態が発生するのです。
「私はそんなこと言ってない!」と、取り消して回ることもできず、悲しい想い・悔しい想いをしたこと、過去に一回や二回ではありません・・。

特に女性同士の話の場合、雰囲気からいっても、相槌、打たないわけにいかないんですよね・・。
自分が話す場合でも、ニコニコして一言も発しない相手に懸命にしゃべり続けるのは、たぶんイラッっときてしまう・・。

そこで、私なりに考えて、たどり着いた相槌が、「ふ〜ん、そうなん・・」なのです。
耳と目でしっかりと相手の話を聞きつつ、共感できない内容に関しては決して同調しない「ふ〜ん、そうなん・・。」
最善の策かどうかはわかりませんが、今のところ、これで失敗をしたことは、ありません。

話はもどって、息子のこと。
細かな説明をするわけではなく、私に意見を求めてくるわけではない彼の話を 「ふ〜ん、そうなん・・」と「うん、そうやね・・」を織り交ぜて、ただ聞いただけ・・。
母としては、「美味しいご飯でほんわか気分になってもらおう作戦☆」として、日曜の夜にいつもよりちょっと気持ちを入れてキッチンに立ったことくらいでしょうか・・。

さてさて、今週末はどんな顔で帰宅するやら・・・(^^)



2007年5月11日
      涙の再会  

今日は、一日遅れで、どうしても銀行と郵便局巡りをしなくてはなりませんでした。
来客の予定があるので、のんびりはしていられない!
「近場は自転車」と決めているものの、一瞬「車に・・」の思いがよぎり・・でも、思い直し。
あとは、よそ見はせずに、ひたすら走る・・。

と、猛スピードで直進していると、右手のマンション駐車場に入るべく歩道に左折してきた車にさえぎられ、ストップ。
ドライバーも急ブレーキ自転車の私に少し慌てたのか、歩道上で停車。
1秒・・2秒・・3秒・・・
前に進まない神戸ナンバーの車。(ちなみに加古川は姫路ナンバーです)
その時、運転席の窓が降り始めて・・
   「もしかして、怒鳴られるっ??!!」

現れた彼女から、第一声。
実は、この時、「え?・・ええ??・・・もしかして・・??・・え、そう・・・?・・ほんまにそうなん・・・??・・・わぁーーー!」 と、心の中がめまぐるしく変化していたので、彼女がどう声をかけてくれたのか、記憶にないのです・・。

そう、なんと十○年ぶりの再会。
彼女は、入社後新店に配属された時の指導員。
社会人として右も左も全くわからなかった私に、仕事上の人間関係や対応などいろんなことを丁寧に教えてくれて、プライベートでも何度も遊びに連れて行ってくれたひと。
新人という言い訳が通用しない特殊な環境で、いろんな分野を求められて、わからないこと、できないこと、気の回らないこと、悲しいこと、つらいこと・・。
ワケもわからず、ただ言われることを日々こなすだけで精一杯だったのが、 彼女の励ましのおかげで、徐々にひとり立ちし、アレンジもしながらの仕事を任せてもらえるようになっていったのです。
そして、 「自分の香りを持つ」という大人のお洒落は、この頃彼女に憧れて始めたような・・・。
接客の基本を彼女というお手本から学ばせてもらったことは、私の大切な財産となり、現在の仕事においては、とても重要なツールのひとつになっています。

運転席には、あの頃と同じ笑顔、同じ髪型、そして、同じように手差し伸べてくれて、「すぐにわかったよ。元気そうね・・。」と、変わらない優しい声。

差し出されたあったかい手を握りながら、涙があふれそうになりました。

「ホームページ見てるよ。あの写真、○○さんの家でしょ?」

彼女の口から出てきた旧姓の響きに、なぜか違和感がなく、そして、お知らせしたわけではないのに気にかけて、このHPを見てくださっていたというのがとてもうれしくて、もう「はい・・」しか言葉が出てきませんでした・・。
そして、「またゆっくり会おうね・・」の言葉を残して、彼女の車はマンションの駐車場へと入っていきました。

      いろんな方が読んでくださっているこのホームページ、
      これからも 大切に育てていかなくちゃ。

      今日は、自転車ででかけて、本当によかった・・!



2007年5月8日
     ニヤリ  

ゴールデンウィークの終わりに、娘にかり出されて、神戸三宮へお買物に行きました。
出不精の私とは違って、思い立ったらすぐに「都会」へ出かける彼女。
この日の一番の目的は、ネットで見つけたエレキギターを購入する前に、もうちょっと実店舗を探索してみたいという

この日購入したお気に入りの木彫りの指輪とブレスレット♪【Hai♪もちママ】
もの。
ギター一式の代金は、今まで貯めてきたお年玉を資金に考えてはいるようですが、様々なお洒落ショップが立ち並ぶ三宮に出かけて、それだけで済むとは、到底思えません・・。

    「Tシャツ・・・洗い替えが足らへんかも・・・。」
    「リメイクしてるジーンズ、夏にはちょっと暑苦しいかなぁ・・・。」
    「出かける時に履いていくサンダルか靴・・今ないよねぇ・・・。」

はい・・・ 母と買い物に行く・・ということは、つまりは、そういうことでもあるのです・・(^^;)

まぁ、幸い洋服や小物の好みも似通っているので、お店巡りも楽しみつつ、遠慮がちに?娘が選んだ洋服を数枚購入、アジアンテイストのお店では、あれこれブレスレットや指輪をつけて、そのうち数点を購入。
最後に楽器屋さんで「やっぱりネットのにするわ・・」と、小物2点のみを購入して、終了。
娘のおかげで、 久々の大都会お買物ツアーを満喫させてもらいました。

そして、この日一番勉強になったこと。
お土産に購入した「豚まん」のニオイが結構スゴくて、せまいエレベータに乗り込んできた女の子達が「このニオイ、なにぃ?」と話しているのを聞いて、思わず紙袋を抱きかかえた娘と、息を止めた私(←自分が息を止めても、充満した「豚まん」のニオイは消えるワケない・・(-_-;))。

そういえば、「豚まん」を買う時、お店の人がたずねてくれました。
     「温かいのか冷たいのか、どちらになさいますか?」
な〜んにも考えず、「あったかいのお願いします!」と答えたけれど、 そういう奥の深い質問だったのですね・・。 次回から気をつけなくては・・。
ちなみに帰りの電車は、そんなに混雑していなかったので、周囲の視線にドキドキすることなく、帰ってこれましたです・・・よかった・・・。

娘と母。
女同士だから衝突してしまうこと、わかりすぎて口を出してしまうこと。
小さい頃は、兄弟の誰よりも「スネ子ちゃん」だった娘も、ちょっとした気遣いができている一面を客観的に見かける機会があると、母として、やはりうれしいものです。

自分もそうであったように、娘というのは母を細かく観察し、無意識のうちに真似てしまっているもの。それは、母の立場となると少々、イヤかなり恐ろしい・・。
でも、日頃離れて生活をしている環境も含めて、最近の娘の様子を見ていると、 すでに母の行動を「真似をして良いコト」「悪い見本」、きちんと判別して見てくれていると確信がもてつつもある・・。

     うん・・
    「親子」以外の「人同士」の付き合い部分のパーセンテージを増やしていっても大丈夫・・・

母としては、「ニヤリ」の今日この頃なのです(^^)
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ご紹介 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ワガママ妊婦のおとりよせ」【Hai♪もちママ】
   大きいお写真♪

「ふわぽか ハイソックス」を掲載していただいたご縁で出会うことができた、こちらのご本。
絵本のようなほのぼのとした雰囲気がとてもナチュラルで、妊婦さんならではのアイテムから、カフェインレスのドリンク、そして低刺激のコスメなど、一般の方にとっても身体に優しいグッズが満載の一冊です。

そして、充実したローカロリー洋菓子・和菓子情報。
糖分・塩分控えめとなると、妊婦さんでなくても、安心して?!いろいろと楽しめそうです・・(^^ゞ
商品とは別に著者の方の経験に基づいたエッセイは、妊婦さんに役立ちそうな情報がいっぱいです。
中でも、私もとんでもなくひどかった「ツワリ」の経験談には、大きくうなずいてしまいました。
不安になりがちな妊婦さんの心を安らかにしてくれる、そんなさり気ないぬくもりもあちこちに・・。
興味のある方は、書店でどうぞ・・。

          「ワガママ妊婦のおとりよせ」  竹内 玲子さん著  駒草出版 


 
>>>Topページへ