Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。   Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ


2007年8月29日
     見〜つけた♪ 


子ども達の夏休みも、残すところあとわずかになりました。

今年の暦は、9月1日が土曜日なので、始業式は3日ということですね。
子ども達の「ラッキー♪」という声とは裏腹に、少々くたびれモードのお母さん方もいらっしゃるのではないでしょうか・・。
  

昨夜、上の息子が京都一人旅から無事に戻りました。旅の途中、お世話になった大勢の方々のご厚意に心から感謝です【Hai♪もちママ】
我が家の場合、全員が揃ったのはわずか6日でしたが、週末・日中も含めて「一人きり」になれた時間は、ほぼ皆無。
さらに、時折「子どもの宿」になるので、夏休み中の平均人口密度は、普段の数倍!
長期で家をあけることが多い彼らは、休日はど〜っぷりと「家」を楽しむタイプ。

自宅が作業場の私に、TVのボリュームやお昼ご飯の支度など、それなりに気を遣ってくれているのは、よくよくよ〜くわかるのですが、それでもそろそろ・・(^^;

            世のお母さん方、あと数日。
                     がんばっていきましょう〜!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ご紹介 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
Hanako WEST 10月号 居酒屋たこしげさんが紹介されています!【Hai♪もちママ】

見つけました〜(^^)♪

「もちはだ」をとってもかわいがってくださっているマスターが経営されている、大阪道頓堀の居酒屋「たこしげ」さんが、今号のHanako WESTに、とびっきりの記事内容で掲載されています。


若手の芸人さんが集われることでも有名なお店なのですが、そのうちのお一人、たむらけんじさんが「大切なお店」として、たこしげさんを・・そして、マスターを紹介されているのです。

たむらけんじさんの楽しそうな笑顔とインタビューが全面で、お店紹介の文字は右端に控えめに掲載されている・・このページだからこそ、お客様を含めた皆さんで、うれしくご覧になっていることでしょうね。

      毎日のブログ、スタッフも楽しみに拝見しています。
      終電の時間もあって、ゆっくりうかがえないのが残念ですが、
      前回、お気に入りメニューだけでお腹がいっぱいになってしまって、いただきそびれた
      「はっちゃんラーメン」 。
      今度こそ!

          マスター、おおみぞさん、谷口さん、 また皆で寄せていただきますね〜(^^)♪



2007年8月21日
     大人は、やっかい 


コミック本「DEATH NOTE」全13巻、メチャクチャ面白かったです。

「13巻?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、ストーリーとしては、12巻で完結。
13巻というのは、いわゆる解説本で、原作者と漫画家のインタビューやら登場人物の紹介などが書かれています。

週刊少年ジャンプで連載され、すでに評判になっていた頃、
「そんなに面白いんやったら読んでみよっかなぁ〜」と、子ども達に言うと
「これは、マンガとは言えん字数の多さやから、お母さんには無理!」と、即答の3人。

    そんなにはっきり言わんでも・・・と思いながらも、反論できず・・・(-_-;)

その後、映画の前後編を観てから、遠慮がちにブツブツ言い続けていると、
「全巻まとめてなら、大丈夫やろう。わからんところが出てきたら、その都度遡って読むように。寝ながらなんて、とんでもないで。」
と、コミック本を購入してきた上の息子が、クギをさしながら手渡してくれました。

    「うん、わかった\(^o^)/ ちゃんと読むから♪」

ベッドに入ってからの読書タイム。
しっかりと彼の言いつけを守って、少しでも眠くなったら本を閉じ、ちょっとでも疑問に思うことがあったら、前の巻にまで遡り、間が空いてしまった時は、復習をしてからと、一文も飛ばすことなく(・・のつもり・・)読み進みました。

数ヶ月かけての読破。
この妙に誇らしげな気持ちは、なんなのでしょうねぇ・・・(^^ゞ

・・・で、13巻に書かれていた原作者のコメントが、心に留まりました。

この本の内容を、ごくごく簡潔に説明すると、「名前を書かれた者は死んでしまうというDEATH NOTEを偶然拾って使ってしまった青年と、それを封印しようとする人達との心理戦」・・・といったもの。

DEATH NOTE 13巻 【Hai♪もちママ】

原作者は、フクザツかつデリケートな一面を持つ内容であったにもかかわらず、 少年誌で掲載することができて、とても良かったとおっしゃっています。

理由は、

少年誌で掲載されることによって、物語を創っていくうえで、「善だ悪だ」という思想的な部分に自然と歯止めがきいて、マンガとして、純粋にエンターテイメントに向かえたから。
もし青年誌で掲載していたとしたら、善悪論が話題として盛り上がってしまって、そちらに人気が出てしまい、自分の望んでいなかった方向に物語が傾いてしまった可能性があるから。 

                                                   ・・・だそうです。  
   
ふ〜ん・・・・
もし、「少年ジャンプ」という場所じゃなくて、「ヤングジャンプ」に掲載されていたら、違うストーリー展開で、登場人物までも違っていた可能性もあるということ。

なるほど・・・
物事は、存在する場所によって、その方向性が左右され、気づかないうちに思いと異なる方向に進んでしまっていたり、進まざるをえなくなってしまう状況になる場合があるということ・・。
そして、先行きまでも制約される場合もある。

しかも「人」となると、そこに存在することでの責任もついてくる。
軌道修正もなかなか難しい。
いったんある場所に存在してしまうと ・・・・・・

     な〜んて。
     大人はこういう深読みをしがちだから、掲載が少年誌でよかった・・って、
     原作者はおっしゃってるのでしょうね・・・(^^ゞ



2007年8月13日
     夏の夜の心の洗濯 


10日に、兵庫県朝来市で開催された「あさご国際音楽祭2007」に行って来ました。

普段、クラッシックというジャンルの音楽に触れることは、ほとんどない私なのですが、音楽祭実行委員の中澤ご夫妻と親しくお付き合いをしている友人が誘ってくれて、ちょっぴり緊張もしながら一緒に連れて行ってもらうこととなったのです。

今年で4回目を迎えたこのイベントは、 冒頭の市長のご挨拶によると、 世界的第一人者のヴァイオリンドクターであられると同時に、モーツァルト演奏に今最も定評のある女流ヴァイオリニスト中澤きみ子さんの夫でもあられる実行委員長中澤宗幸氏が、ご自身の出身地、朝来の子ども達に、一流の音楽にふれて興味を持ってもらいたいという強い想いをきっかけにスタートされたそうです。

ヴァイオリニスト中澤 きみ子さん 【Hai♪もちママ】

毎回、世界的に著名なゲストを多数迎えられ、約1週間かけて、地元の小中学校やホールでのコンサートだけでなく子ども達へのレッスンなどもされています。
ちょっと説明をしますと、「朝来」というところは、最近「郡」から「市」になった兵庫県の山間部にある、のどかな田園風景広がる自然豊かな街。
朝来市長が「そういう地道な積み重ねの成果でしょうか・・」という前置きのあとにおっしゃっていたのは、子ども達の音楽大学への進学率が人口比にすると日本一だそうです。


コンサートの内容や音楽については、感想を述べられるほどの知識も耳も持っていないので、恥ずかしながら素人的なコメントを・・・。

一つは、昨年ベートーヴェンコンクールで優勝されたピアニスト、ヘンリー・シーグフリードソンさんの奏でられる音色が、今まで聴いたことのない響きだったことと、まるで魔法がかかっているかのように鍵盤の上を踊っている指先の美しさと迫力に魅了されて、目が離せなくなってしまったこと。

もう一つは、帰りの車中で、中澤きみ子さんが奏でられたヴァイオリンは、ストラディヴァリのダ・ヴィンチという世界でも5本の指に入る名器であり、その貨幣的価値を友人から聞いたとき、頭の中がくるくる回ってしまったこと。

そして、
・・・超一流といわれる音楽に生でふれると、心が洗濯されるということ・・・。

            また機会があったら、是非足を運んでみたいと思いました。
            素晴らしい音楽に触れる機会を、ありがとうございました・・(^^)




2007年8月3日
     告白 


夏はちょっぴり苦手です。

その理由の一つは、汗をかくとあちこちに湿疹ができるから。
自分では、そこまでのつもりではないのですが、身体に起きる現象を話すと、どうやらかなり刺激に弱いタイプのようなのです。

会社玄関のもちだるまも夏バージョン!【Hai♪もちママ】
毎年、汗ばみ始める季節が一番つらい・・(・・;)
また、やっかいなことに、いったん「かゆみスイッチ」が入ってしまうと、それまで何ともなかった刺激にまで反応するようになってしまいます。
そうなってくると、できるだけ汗ばまないように気をつけながら、かゆみモードが完全に切れるまで、余分なモノが身体に触れないようにしなくてはなりません。

ここ数日、日中もクーラーを入れるようになり、ようやくほぼそのモードが切れ、夜にかゆみで目覚めることがなくなってきています。

     あのぉ・・・・
     実は・・・
     このお話をするには、ワケがあるのです・・

ウチの健康肌着を開発している担当者から、「是非試してみて!」と研究熱心な彼の思いが詰まった肩こりに効果があるというシール付の『石』を受け取りました。
本来ならモニターとしては間違いなく役に立てる、極度の肩こり症の私。

まずは、付属のシールで試してみると、数時間でかゆくなってきたので、断念。

それを伝えると、刺激の少ないといわれるシールをわざわざ探してくれて「これで試してみて!」と、言付けてくれました。

再チャレンジ。
でも・・・これは貼った時からモゾモゾ・・。
きっと、すでにかゆみスイッチが入っていた時期だったのでしょうねぇ。
勇気を出して、症状を説明して装着できないことを告げると、「じゃあ服にシールをつけるように改造しよう!」と、またまた私のためだけにシールを手作り。
「密着性がないので効果は薄いかもしれないけれど試してみて!」

それから2週間あまりが経っています・・・・が・・・

       ごめんなさい!!

       顔を合わせながらも、モニター結果については触れられずにいたのは、
       実は、再々挑戦はできていないからなのです\(>o<)/

かゆみモードの時は、Tシャツも綿100%の洗いざらしのものだけを着て、 特に首から肩にかけては、髪の毛をひっくくって首にかからないようにしないと、あちこち赤くかゆくなってしまう程なのです。
だから、直接皮膚に貼るのではなくても、あの「かゆみスイッチ」がまた入ってしまうかも・・と思うと、どうしても、今、試すことができずにいるのです。

   なので、もう少しだけ、待ってください・・。
   決して、ほったらかしにしているワケでは、ないのです。

   「とてもサラッとして気持ちいいから・・」という、『こだわり成分混』の長袖Tシャツ。
   コチラは、しっかりモニターしています。
   夜中かゆみが治まったのは、 もしかしたら・・毎晩パジャマ代わりに着ているおかげかも・・。

   手作りシール付『石』は、かゆみモードが治まったら、きっちりモニターさせていただきまっす!
   そのあかつきには、結果を報告に行きますので、しばしお待ちを・・・・・。

                      あ〜やっと、言えた・・
                      あとは・・・・コレを読んでくれることを祈るのみです (-人-;)



2007年7月30日
     お料理をするということ 食べるということ 

今更でナンなのですが・・インターネットというのは、なんと手軽で便利なツールなのでしょう!

検索窓に知りたい事柄に関連する単語を書き込んでいくだけで、山のような情報に巡り合えます。
さらに、画面に表示されたたくさんの情報の中から、必要なモノを探し出す作業の中で、偶然別の知識を得ることができるという、うれしいオマケがついてくることもあります。

昨夜の私が、まさにそうでした。

主婦暦が長くなった今では、それなりに触れるようにはなっていますが、子どもの頃からお魚料理が大の苦手で、ぬるぬるの生タコの扱い・・これにはちょっと困ってしまいました。

しかしながら、 炎天下にがんばって釣ってきてくれたアジとタコと太刀魚。

皆さんにおすそ分けして美味しくいただきました。【Hai♪もちママ】
なんとしてでも、全てを食卓に並べなくては、なりません・・・。

そこで、キッチン横のPCでインターネット。
検索窓に 「タコ 下ごしらえ」 と 入れてみました。
すると、写真とともにおそうじの手順が丁寧に紹介されたページを発見。
書かれてある通りに、内臓を取り、墨袋を取り、大量の塩でもみ洗いを繰り返していくと、ヌメリがとれてスッキリと下ごしらえが完了しました。
で、せっかくなので、生のタコでないとできないお料理は・・・と、先ほどの検索結果が表示されている画面にもどると、「タコご飯」 の文字。
それをクリックすると、生タコの足5本を使っての美味しそうなタコご飯の写真とその作り方が掲載されていました。
生タコ料理は、迷わずこれに決定です。

アジは尾頭付きの塩焼き。
ぜいごやウロコを取って、内臓のおそうじ。これは、自力でできました。
お刺身におろせるようになるまでには、まだまだ修行が必要ですが・・・(^^;

「ウマいやん」と、タコご飯、完食。
そして、お魚大好きの息子の食べ終えたお皿が、マンガに出てくるような図になっていて、笑ってしまいました。

食べた後のお皿にうるさい私も、お魚料理の時だけは、ベテランの彼にはかないませんね。

マンガのようなお魚の骨(^^;【Hai♪もちママ】

       昨日の朝まで瀬戸内海を泳いでいたお魚たち。
       私たちはその命をいただかないと、生きてはいけない。
       だから、より美味しくいただけるように丁寧にお料理をする。
       そして、その命に感謝をしながら、きちんと最後まで味わっていただく。

生き物を大切にすると言いながらも、人は生き物の命をいただかないと生きていけないという事実。
料理をするということ、食べるということは、どういうことなのか・・。

長い夏休み。
普段忙しい子ども達と、実はとても大切なそんな事柄を、ゆったりと考える良い機会ではないかと思ったりします・・(^^)

  PS・・・ちなみに今日は、残りのタコを湯でておいたので、たこ焼き大会の予定です♪





2007年7月27日
     ポケットが・・・ない!! 

日曜に用があるため、期日前投票会場を調べてみたら、ナント目と鼻の先の加古川市役所ということがわかり、 朝から行ってきました。

もともと今日は外出する予定ではなかったので、ふわふわのノースリーブのワンピースのようなブラウスにレギンスという、リラックスウェア。
投票だけだし、近場だし・・ということで、バッグは持たずに携帯電話をにぎりしめ、そのままの服装で会場へ向かいました。

臨時に設けられた駐輪場に自転車を停め、カギをかけて、市役所内の投票会場へ。

期日前投票には、「宣誓書」というものを添えなくてはならないということを初めて知りました。
「ここに必要事項を記入してください」という、係の人の指示に従って着席。
にぎりしめていた携帯電話と自転車のカギを置いて、「住所・名前・生年月日等の本人確認事項」と、「なぜ期日前に投票するのか」という理由を選んで丸をつけていきました。
ちなみにその理由は、「仕事」とか「レジャー」という項目に分かれていて、「レジャー」の中には、さらに「市外へ行く」と「市内にいる」を選らばなくてはならず、「市内にいる」を選ぶと、その場所を明記しなくてはならないという説明を受けました。

記入した用紙を持って、本人確認用のパソコン前に移動。
そして投票用紙をもらい、各人に分かれているブースで投票用紙に記入後、投票箱へ。

「投票日当日家にいるとしても、こちらの方がラクに投票できるよねぇ。別に違反ではないんなら、『レジャー&市外』ってことで、これからも期日前投票にするのがいいかも♪」
と、すっかり、一仕事を終えた気分。
空は雲ひとつない青空。
自分にしては、珍しく要領よくコトが運んだので、足取り軽く駐輪場へ。

・・で、いつも通り歩きながらジーンズの右前ポケットに自転車のカギを取ろうと手をもっていくと・・・・

    ん・・?んっっ・・・??ポケットが・・・ない!!!!!!(@_@;)!!!!!!

そうだった、今日はレギンス。ジーンズではない。

    ポケットがないということは、・・・自転車のカギは・・・ない!!!!( ̄□ ̄;)!!!!

左手には、しっかり携帯電話・・・・のみ。
まぼろしのポケットを探った右手は、当然、空っぽ・・。

    また、やってしまった・・・・(-_-;)

最初の「宣誓書」を書いた時か、それとも投票用紙を記入したブースの机上か・・ワカラナイ。

    「すみません・・。自転車のカギを忘れたみたいなのですが・・・(待)
     あ・・そうですか・・机にはないですか・・・。
     申し訳ないのですが、投票用紙を記入したブースの辺りに置き忘れていません
     でしょうか・・・(再待)
     あっ・・はい!それです!
     お手数をおかけして申し訳ありませんでした。 ありがとうございました。」

周りを見ると、きちんとした仕事着を着た人たちが大勢出入りしている、朝の市役所。
そこに部屋着の延長のような格好をして、クロックスのサンダルをつっかけている、明らかに場違いのわたし。
何もかも恥ずかしくなって、あわてて帰ってきました。

    今日の教訓。
         @ ポケットのない服を着るときは、必ずバッグを持つこと!

         A 調子よくコトが運んだ時ほど、要注意☆

Aの教訓は、何度も登場して学習してるはずなのに・・・

まぁ、そんな自分にあきれずメゲずに、励ましつつ、今日も元気にいくとしましょうか・・

     暑い毎日、熱い毎日。皆さんも体調管理には、くれぐれも気をつけてくださいね(^^)



2007年7月20日
     決してマワシモノではないのですが・・ 

順調に?圧力鍋で遊んでいます。

例の「鯛のあらだき」の出来上がりをたずねてくれたもちはだスタッフが、あまりの手軽さに感動して、お揃えの圧力鍋を購入することを決意。
そう、忙しい主婦にとっては、簡単で美味しいのが一番ですもん♪
・・・というか、「誰が使うにしても」簡単で美味しいのが一番ですものね・・(笑)

あれから肉じゃがとふろふき大根を作ってみました。
材料・調味料を入れて、錘が振れ出してわずか1〜2分の加熱後放置で、簡単すぎる完成は今までと同じ。

でも、肉じゃがについては、レシピ本の通りではちょっとお味が薄めでした。
実家からもらった「玉ねぎ」と「じゃがいも」がみずみずしく、水分が多く出たのか、それともレシピには掲載されていない大好きな糸こんにゃくを、大量に加えたから・・・?

ふろふき大根は、夜ごはんの時は、大根もお味噌を溶かした昆布だしも感動の美味しさだったのですが、翌日のMyお昼ごはんでは、昆布を取り出さずにおいていたため、ダシにも大根にもエグミが出てしまって、100分の1くらいのお味になっていて、がっかり・・。

・・とまぁ、適度に失敗もしながら学習中です(^^;ゞ

週末には娘が夏休みで帰宅するので、この感動を彼女に伝えつつ、しっかりと使い方をマスターしてもらおうと企んでいます。
息子たちには、その後に・・。
そうなれば、夏休み中のご飯のしたくは・・・・・・(^・^)

・・・ということで、私のオモチャから、家族のオモチャへ作戦!

         「誰が使うにしても」簡単で美味しいのが一番・・・ですもんね(^^)♪



2007年7月13日
     おかげさまで・・のご報告 

「鯛のあらだき」、ツヤツヤにできました〜♪

おかげさまで大成功☆【Hai♪もちママ】

昨日のブログを読んだもちはだスタッフが、朝からメールで、 「うまくできた・・?」と、こっそりたずねてくれたので、皆さんにもご報告。

鯛の身はもちろん大好きなごぼうにもしっかり味がしみていて、とっても美味しかったです。
少ない調味料でこれだけコクを出せるのも圧力鍋のすごいところですね・・。


「骨まで食べれる!」というレシピ本の見出しは、間違いではないですが、私は・・・(^^;) 
誤って口に含んでしまっても、刺さることはないという点では、良いのかもしれません。 

お手元に「圧力鍋」をお持ちの皆さん・・
これは簡単でオススメの一品です。お酒のおともにもよさそう・・。
是非お試しくださいね。

                     「ごちそうさまでした〜♪」   




2007年7月12日
     新入りは簡単すぎる♪ 

ついに買ってしまいました・・。

すでにあるモノは、IHヒーターに対応していないため、こちらに移り住んでからは、戸棚の奥にしまいこんだまんま。
「同じモノを2つもなぁ〜・・・」と、見かけるたびにためらってきたのですが、ある広告に掲載されていた数枚の写真を見て、とうとう我慢できずに注文。

    「豚の角煮」 
    「鯛のあらだき」 
    「牛スジ煮」

大好評だった牛すじ煮【Hai♪もちママ】

どれもツヤツヤトロトロで、とっても美味しそう〜♪
といっても、脂身が苦手な私は、「豚の角煮の赤み部分のみ」と「鯛のあらだきのごぼう」と「牛スジ煮のこんにゃく」に魅かれるのですが・・

で、数日して、待望のモノが到着。
早速開梱して、付録のレシピ本をパラパラ・・。

    加圧時間、わずか数分。
    材料と調味料を入れて、火にかけるだけ。

そう・・ナンといっても、短時間で簡単に調理できるのが魅力♪

    ピカピカの「圧力鍋」・・早く・・・ 使いたい・・・(ё_ё)

でも、圧力鍋となると、メニューに制限もある。
それに、なんていうか・・「さすが圧力鍋!!」っていうお料理がいい・・(・・;)

う〜ん・・・なんかないかなぁ・・・・冷蔵庫をごそごそしてると「鶏の手羽先」発見。
そういや、この前オイスターソースの味付けがダブってしまいそうになったので、こちらを取りやめたんだっけ・・。
確か・・さっきレシピ本で、手羽先を使ったお料理あったはず!!

     「大豆と手羽先の煮込み」

早速やってみた。
材料と調味料を全部一度に入れて、最初強火、錘が触れ始めたら弱火で1分だけ。
火を止めたら、後は圧がおさまるまで放っておく・・。
これで、出来上がり・・・ 

             「簡単すぎる!!」

久々の圧力鍋にちょっとワクワクしながらフタを開けてみると、しっかり味がしみこんでいそうなトロトロの手羽先とふっくら大豆と人参。
フタをガラスのものに変えて、少しだけコトコ煮詰めることに。
はい、これで一品完成〜☆
気になるお味は・・・・

              「うま〜〜い♪d(⌒o⌒)b♪」

・・・で、すっかり調子に乗って、一昨日の夜は、当初予定の「牛スジ煮」。 簡単すぎなのに、お味は Very Good☆ 
今夜は、昨夜帰宅した上の息子の希望(?)で、「鯛のあらだき」に挑戦する予定。 圧力鍋にしては長時間の35分間の加圧で、骨までいただけるようになるらしい・・。

圧力鍋のレシピ本、他にもさがしてみよ〜っと♪
しばらくは、この「オモチャ」で楽しめそうです(^^)

  ご報告 ・・・ ビリーさん、私はずーっと初心者のままです。
           バンドなんていつまでたっても使えそうにありません・・(-_-;)




2007年7月6日
      歩み寄る気持ち 

朝、新聞のトアル記事の「見出し」を見てから気持ちがモヤモヤとしています。

はっきりと分類できる感情ではなくて・・・そう、喉に小骨が刺さっているような「違和感」でしょうか・・。
家事をしていても、パソコンに向かっても、どうも頭を離れないので、ここは自分の気持ちに付き合って、ちょっと考えてみることにします。

読売新聞2006年7月6日朝刊の社会面記載【Hai♪もちママ】

その記事の見出しは、
     「親のクレーム対応学ぼう」

内容は、理不尽な要求をしてくる保護者とも良好な関係づくりができるように・・と、新任教師さんたちに向けて、

大阪市教育委員会が開催をした「クレーム対応の研修会」だと書かれてありました。

確かに、いろんなこと(極端に自己中心的なことも含めて)を学校に要望する保護者が増えているということは、TVで報道されていますし、教師をしている知人からグチを聞いたこともあります。
公立学校の先生にとって、このような研修が必要であり、ある意味マニュアル的な対処法を会得されることは、「仕事」をスムーズに進めていくうえで、重要な勉強の一つであるのだろうとも思います。

しかしながら、新聞の見出しというのは、その道のプロが書かれているだけあって、すっと心に入ってきてしまいます。

     「親のクレーム対応を学ぶ」

              ・・・・親は、先生にとってクレーマーに分類される場合もあるんだ・・。

そこで、ちょっと目先を変えてみました

    「お客様のクレーム対応学ぼう」

こういう見出しとともに、例えばデパートでの新人研修が紹介されていたら、私は違和感を感じたでしょうか・・。
答えは、「いいえ」です。

ということは、
デパートの店員さんとお客様の関係と、学校の先生と保護者の関係。
デパートの店員さんが取り扱う「仕事」と、学校の先生が触れる「仕事」。

私の認識としては、ここに大きな違いがあって、その違いの領域を越えた表現、私の希望として越えてほしくない表現をこの見出しの中に感じたから、だから仕事も手につかないほどひっかかってしまったのではないか・・。

この記事には、「親と良好な関係を築けば、子どもの改善点も見つかる」という、子どもを主役にしたコメントは、きちんと記載されていました。

うん・・そう・・・・
学校の先生にとっても保護者にとっても、共通する大切なことは「子どもを育てる」ということのはず。
それぞれの知識豊富な分野や環境から得られる情報をもってして、ある部分では役割分担をしながら子どもを育てる。

そこには、どちらかが心地よくもてなされる「サービス」なんて、存在する必要は、ないはずなのです。

先生と保護者。
立場や視点の違いから、子どもについて異なる意見をぶつけ合う場も出てくると思います。

だからこそ、この新聞を見る世の多くの親の心情に影響をあたえるであろう見出しの言葉に、こういう表現を選んでほしくなかった・・。
だって、学校の先生と保護者の関係がスムーズでない場合、間にはさまれてしんどい思いをするのは子ども達だから・・。

私のひっかかりは、どうやらこの辺りにあったようです。

この記事の最後の一文。参加された男性教師さんのコメント。
「懇談会では親から厳しい要求も出るだろうが、相手の立場に立ち言葉を選ばなくてはいけない。言葉の重みを感じた。」

そういう研修なら、こんな見出しは・・?

      「親とのコミュニケーション術学ぼう」

見出しとしては、インパクトに欠けてて、イマイチですかね・・(^^;)
でも、そこにはどちらの立場が強いとか弱いということではなく、一番大切にしなくてはならないコトを一緒に考えていきましょう・・という歩み寄りの気持ちを込めたつもりです。

たかが見出し。されど見出し。
学校の先生と保護者のすれ違いが大きくなっているとするならば、マスメディアから発せられるこういう言葉の影響も少なからずあるのではないかしら・・。

・・・と、こういうところで、私の朝からのモヤモヤは落ち着きそうです。

自分の立場に置き換えると、公に情報を発信する端くれとして、これからも言葉選びを慎重に丁寧に伝えていくよう、心がけなくちゃ・・ということですね(^^)

* 記事は、読売新聞2007年7月6日朝刊の社会面記載のものを引用させていただきました。




2007年7月2日
     自信はだんだんついてくる! 


日曜の夕方、食料品を買い込んで帰ってきたら、TV画面から汗だくのビリーさんがこちらに語りかけていました。

そうです。
あのDVD「ビリーズブートキャンプ」です。

流行に疎い私ですが、コレに関しては、まだ騒ぎになる前に息子から情報を得ていました。
こんなポーズ、あんな動き・・いくつかやって見せてくれる息子を前に、「へぇ〜面白そうやん♪」
「メチャクチャしんどいらしいで!」と言われても、内心「たいしたことないんちゃうん・・」。

   「夏休み一緒にやろうよぉ〜♪」

誘ってみたら、息子や娘は笑いながら拒絶しないまでも、「なんで家で母と踊らなあかんねん!!」の空気がぷんぷん。
一人でTVに向かって叫ぶ?のは、なんだか虚しい気もして、そのままになっていました。

・・が、いただいたのです。このDVDを・・・♪

週末帰宅してきた息子たちに「DVD、もらってん♪」と、ルンルン報告。
「よかったなぁ。・・あっ・・・でも、俺・・夏休みあんまし家おらんから・・。」と、明らかに予防線。
 
  「一人でやるからっ!」

・・で、私が夕食の買出しに行っている間に、息子がTV番組の時間待ちでこのDVDをイスに座って、ゆったりと見ていたというわけなのです。

  「あかんやん!動かんと!!」

両手にぶら下げていたスーパーの袋を息子に渡して、TV画面の前で踊り出す私・・。
もうスイッチが入ってしまって、画面のビリーさん達に完全にのせられてしまった。
Tシャツはびっしょり、汗が流れて、ジーンズがびったりまとわりついて脚があがらないところで、「お母さん、リズム感ないなぁ・・」という息子のつぶやきで、我に返り大慌て。

  「わぁー、はよご飯の用意せな、あかんやん!」

ぼっとぼとになった服を着替えて、ソッコウ夕食作り。
今回は、「手伝って〜!」と言うのもちょっぴり心苦しく、一人キッチンで更に汗をかきながら、なんとか食卓にお料理を並べることができて、ホッ・・(^。^;)
とっても遅くなった夕食を食べながら、ちょっとしたギモンをこっそり息子にたずねてみました。

  「ねぇ・・ところで・・。あのDVDって何の目的でやるもんなん・・(・・;)?」

いつものことながら、一人で騒いで一人で慌てて一人で汗かいて・・。
まぁ、スカッと気分が良くて、身体によさそうというのであれば、「目的」は、私にとってはたいした問題ではないということで・・。
そして、 身の丈にあったところから、コツコツやっていれば、 そのうち「自信」というヤツが、求めなくてもついてきてくれる・・・って、ビリーさんが言っていた。

ということで、
今日は、暴れやすいTシャツにバスパン(バスケットパンツ)を履いて、やってみることにします。
ただ、踊り(トレーニング?)の後にシャワーを浴びる時間をしっかり確保しなくちゃね(^^)v


 
>>>Topページへ