Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ


2007年10月31日
     家の電話 


家にこもって、パソコンに向かっていると、いろんな電話がかかってきます。

よくあるのは・・
「台所の無料お掃除キャンペーン」
「外壁の無料点検」
「お布団の無料クリーニング」  ・・・などなど、どれも「無料」が合言葉のよう。

電話に出て、相手と言葉を交わしてしまった以上、できるだけ気まずい思いや不愉快なやりとりはしたくないと、それだけを頭に「そのタイミング」を図るわけです。

「そのタイミング」が、うまくかみ合えば、お互いに(・・と、私は思っているのですが)気持ちよく電話を切れるのですが、そこがずれてしまうと、ちょっと面倒なことになります。
こちらの「タイミング」を理解してもらえずに、まだまだ話を続けようとしている声を、振り切るようにして、電話を切る・・という状況にまでいたってしまったりすると、なんとも後味の悪いこと・・。

なかなか最初から要件を言ってもらえない場合が多いので、

「あの・・今仕事中なので・・」   と、言いかけると、
         「こちらのお電話は個人のお宅さんですよね!!?」  と、責められ(?!)
「家で本当に仕事をしているンです・・!」 と、電話の内容と関係のないことを言ってしまったり・・。

で、そういう後味の悪い電話のやりとりのすぐあとに、電話がかかってきて、「もしかしたらまた・・」という思いからちょっと暗めの声で「もしもし・・」と出てしまった時に限って、知人や事務所からだったりするわけで、
「あ〜しまった・・・・不愉快な気分にさせてしまったんちゃうかなぁ・・・」
と、受話器を置いたあとで、自己嫌悪の気持ちがふつふつ・・(-_-;)

理想的なのは、こちらが「意思表示」をすると、「はい、わかりました。では、失礼します。」とおっしゃって、こちらも「はい、失礼します」のやりとりで、終われるパターン。

ここまで自然にもっていくためのテクニック、まだまだ学習しなくてはなりませんねぇ・・・(^^;



2007年10月19日
     親としてのわきまえ 


「親である」というのは、なんて難しいのでしょう・・。

ここ数日、テレビの報道を見るたびに、いろいろと考えさせられています。

反抗期というのは、子どもが「親の言動が100%正しいとは限らない」というのを、ある時ふと感じるところから始まるそうです。
そういう部分からすると、親としては、子どもの手本であり続けなくてはならないという肩の荷を降ろすことのできるタイミングであるのではないかと、私は思っています。
間違ったり、ずるかったり、怠けたり・・・
私がそんな事をしてしまったとしても、その行動を全て子ども達が取り込んでしまうのではなく、周りの大人や友人の親と接する中で、彼ら自身がフィルターにかけてくれるようになったかと思うと、プレッシャーがずいぶんと軽くなるように思うのです。
もちろん、子どもにとってもこういう広い視野を持てるようになったことで、成長もしていくわけです。

技術をより高めるために師についた時、その師の教えは絶対だそうです。
技術だけでなく、その言動所作を真似てでも師に近づきたいという程の強い尊敬の念。
そこに、少しの疑いも持っては、進んでいけませんものね。

親が師であることの難しさ。
それを子どもは予想できるはずもなく、親が自分の能力をわきまえることができないと、大切な子どもを傷つけてしまう可能性があるということのように思います。

話は変わって、私事。
あることについて、中3の娘に「あなたはどうしたいの?」と、彼女の意向をたずねたつもりの時、

「そういう風に聞かれること自体、プレッシャーに感じるねん・・。」

と返されて、子どもの意思を尊重しているつもりだった私は、少々・・いえ、かなりショックを受けたことがあります。
そんなつもりはないと、彼女に言うと、

「『おかあさんはこうしたらいいと思う』って言ってくれる方がイイ。それを一つの意見にして他の人の意見も聞いて、自分で考えて決めるから。何も言われへんかったら、おかあさんはどう決めてほしいのかな・・って、そんな風にばっかり思ってしまうんやもん・・。」

あぁ・・・しまった・・・
親の言葉って、子どもにとってそういうものだったんですよねぇ・・。
現在の彼女に対して、親として気遣わなくてはならなかったのは、わきまえなくてはならなかったのは、別の部分だったということです。
反省です・・・・(-_-;)

親として 「わきまえておかなくてはならないコト」。
子どもの年齢や成長具合・環境によっても変わってくると思います。
だから、その時々の子どもの気持ちに寄り添って、きちんと持っておかなくてはなりませんね。

                                   ・・・・・・・ああ・・・ムズカシィ・・・・(^^;)



2007年10月10日
     第2段階で終わりますように・・ 


不覚にも風邪をひいてしまいました。

昨朝、突然のクシャミと鼻水から始まって、頭がぼーーっとしてきたと思ったらそのうち微熱。
ここ数年は、半身浴の効果もあって(・・と、自分では思っています)風邪のひきにくい体質に改善されて、この症状はホント久しぶりです。       ↓ ↓
                 半身浴と出会う数年前までは、ひどい冷え性で年に1〜2回風邪を
                 ひいて高熱を出していたのですが、すっかり丈夫になりました。
                 試してみる価値大ですよん(^^)♪

そこで、『風邪をひいた時のMYマニュアル』に従って、第1段階の処方から。

最初のステージは、『風邪のひき始めは葛根湯』ということで、1包服用。
・・・・が、午後には微熱が出始めてクシャミと鼻水がひどくなってきたので、第2段階に進むことに。

第2ステージは、「市販の風邪薬の中では、コレが一番よく効きます!」と薬剤師の方のおすすめで常備している風邪薬を服用。
このお薬、身体にも優しいということだったので、寮にいる息子たちに葛根湯と一緒に持たせているのですが、私は今回が初めて。その効き目は・・

そして、今朝。
お薬がうまく働いてくれたのか、おかげさまで微熱も下がっていました。
この調子で行けば、第3段階の「お医者さんへ行ってお薬をもらう」へは進まずに完治できそうです。

一気にやってきた秋に、私の周りにも風邪ひきさんがちらほら・・。
昨日は寒くて、慌てて半袖から長袖に着替えて、今日は暑くて長袖から七分袖に着替えて・・と、気温の変化が激しくて身体がついていくのが大変です。
        皆さんも、どうぞ体調管理には、お気をつけくださいね〜(^^)



2007年9月27日
     「ブルッと」対策 


Sarryと生活するまで、犬の毛がこんなに大量に生えかわるなんて知りませんでした。

今は、抜け毛の真っ最中。
   1回ブルッとすると、ふわふわふわ〜
   2回ブルッとすると、もわもわもわ〜〜
   3回ブルッとすると・・・毛だまり一つできあがり〜♪

                       ・・・って、そんなのできていりません!!(>_<)

この「ブルッと」を、一日に何十回、しかも家の中で所かまわずするものだから、たまったものではアリマセン。
掃除機をかけてもかけても追いつかないし、Sarryに向かって、「ブルブルしないっ!」と、スゴんだところで、やめてくれるはずもなく・・・(-_-;)

少しでも「ブルッと」被害を軽減するために、散歩を終えて家に入る前には、ブラッシング。
今使用しているブラシは、ミトン型のもので「抜け毛もこれですっきり!」のキャッチコピーにつられてペットショップで数年前に購入したものです。
確かに、以前使用していた普通のブラシに比べてずいぶんと抜け毛は取れるのですが、それでも浮いた毛束まではなかなか取りきれません。

・・・そこで、イイ道具を求めて、ネットで検索することに。ロ_ヘ(^^)

      「不必要なアンダーコートだけを、見事に抜き取る画期的なブラシ!
       元気な毛は傷めずに毛(毛根の毛)のみを抜き取ります。 」

いい感じ・・(^.^)
ナニナニ・・購入者のコメントねぇ・・・
    -+ 「ラブラドールを2匹飼っています。抜け毛がひどく一日何回も掃除機をかける
       ほどでした。」

うんうん、ラブラドール1匹のウチでもこんな状態なのに、2匹なんてとんでもないやろナ・・
    -+ 「使ってみてびっくりしました。面白いほどドンドン毛が取れるんです!!」

ふ〜ん、そんなにきれいに取れるんやねぇ・・・・でも、毛を引っ張ったら痛いんちゃうかなぁ・・・
     -+ 「わんこも気持ちよさそうです。」

こら、すぐ買わんと(笑)♪

・・ということで、本日午前中に届きました。

夕方の散歩から帰って、玄関先でかる〜くなでるようにブラッシング。
取れる取れる!やわらかい毛。
Sarryも慣れない道具にちょっと緊張したのか、最初はお行儀よく背筋伸ばして座っていたけれど、そのうち、いつものリラックス片座りU^ェ^U
気持ちよさそう・・とまではいかずとも、嫌がる様子は全くナシ。
肌に負担がかかるのが気になって全身を一通りだけで終えたのですが、 それでも袋にかなりの毛量がたまっていました。

秋の夜長をまどろむSarry【Hai♪もちママ】

今宵も、ブラインドのわずかな隙間から入ってくる涼風にまどろんでいるSarry。
心なしか「ブルッと」の回数が少ないような気もします。

掃除の回数が減らせて、Sarryも身体すっきりなら一石二鳥。
室内で舞う毛玉を見るたびにイライラしていた気持ちが軽くなれば、一石三鳥。

遊びに来た友人に、「ごめんね・・」と説明をして、洋服についた毛をとってもらうコロコロを手渡す時の申し訳なさも少なくなれば、一石四鳥。
そして、何より、甘えて身体をすり寄せてくるSarryを、抜け毛の季節もしっかりなでてあげることができたら、一石百鳥(^^)v

明日から毎日つづけてみ〜よぉっと♪

       * ワンちゃんの抜け毛でお困りの方、ペット用品を検索すればすぐに見つかります(^^)



2007年9月22日
     秋よ来い♪ 


9月も終わりに近づいているというのに、暑すぎです・・。

こんなに「夏」を引っ張られると、「秋」モードになりつつある身体にヘンなブレーキがかかってしまって、日常生活にも少々支障が出てきてしまっています。
ちなみに、昨日の記述・・・
途中で気になるニュースを耳にしたとはいえ、
イイタイコトガアチコチニトンデイテ、マトマリガナサスギ・・・(-_-;)

未だに一日中クーラーを入れないと汗だくになってしまうこの状況に、集中力が欠けてしまっていたり、物事の処理スピードが落ちてしまっていたり、ちょっとしたことにイライラしてしまったりしているのでしょうね・・。
もともと要領が悪いところに、この精神状態は、よろしくありません。
これら全てが、長引く猛暑のせいだとは言い切れないかもしれませんが、私の場合、自分の認識以上にかなり影響を受けてしまっているようです。

そんな自分自身の現状を思い起こした時、
もしかすると、地球温暖化というのは、自然界のルールが破壊されていくという大きな問題に加えて、人の感情や気持ち・思考を乱すという目に見えない弊害もあるのかも・・・
と、少し怖くくなりました。

私が子どもにあたってしまったり、作業効率が悪くてイライラしてしまうという程度のものなら、修復は可能な場合が多いでしょうし、運悪く?被害をこうむった人たちも大目に見てくれるかもしれません。

でも・・・
より多くの人達をまとめていく立場の人が、目に見えない力に影響され冷静な発言でなくなってしまったら・・。
その「どこかずれた発言」を受ける立場の人達も、同じ環境にあって、集団でその冷静でない発言を承認し、行動に移してしまったら・・。

本来人が持っている体内環境が心地よい状況であれば起こらない争いごとも、それが乱れることによって起こってしまうかもしれない。

極端すぎる話でしょうか・・。

でもでも・・・
人は不快な環境にいると、攻撃的になったりマイナス思考になったり・・。
人は精密機械ではアリマセン・・。

昨日のまとまりのない記述の言い訳のようで心苦しいところもあるのですが、一瞬感じたこの怖さは、かなり大切な部分ではないかと思ったりするのです・・

いつも穏やかで優しい気持ちでいるために、
日本にきちんと「春夏秋冬」が、めぐってくるように・・・。
ささやかですが、今から自転車で出かけることにします(^^;




2007年9月21日
     動かせるはずのない物が動いた時 


少し前に、「飛行機と綱引き」という親子イベントのニュースを見かけました。

飛行機って・・・人の引っ張る力で動くんですよね。

このイベントに参加した子ども達。
きっと、いろんなことを感じたことと思います。

「たくさんの力を合わせたらできないことなんてない」とか「協力するって素晴らしい」とか、「一人でできないことも大勢集まればできるんだ」・・等々。
大人は、つい理屈を子どもに伝えようとしてしまうけれど、それは、大人の感じ方。
子どもの「感じ方」はその子自身のその時の心と気持ちと感覚で・・。
動かせるなんて思っていなかった巨大な飛行機を動かせた時の「やったぁ〜!」の気持ちを・・・・と、話し進めるつもりだったのですが・・・

ここで、流れてきたニュースを耳にして・・・ 

          大人がしなくてはならないのは、

          自分の気持ち、相手の気持ち、みんなの気持ち・・
          「子ども自身できちんと感じることのできる力」を育ててあげること。
          その時々に「感じ方」を教えることじゃない・・・・・

      学校生活や子ども同士の世界に、大人はいつもついてるわけじゃないですものね。
      きちんと自分で感じることができれば、状況が変わってもきちんと考えられる・・。       

大人として親として、子ども達に伝えていかなければならないこと、その伝え方をしっかり見直さなくてはならないとあらためて感じています。 
話の方向がちょっと変わってしまいましたが、今日は、これで・・・・。       



2007年9月8日
     どちら様・・・? 


昨夜、関西国際空港へ娘を迎えに行きました。

コーヒー片手に到着便のボード前で腰掛けていると、同じくお迎えのお母さんが来られ、 こんばんは・・のご挨拶と軽い世間話の後で、
「誰か来るみたいですね・・・」
と、左の方を見ながらおっしゃいました。
そこには携帯を片手に、出口を見つめる40代前後の女性たちの集団が・・。

と、そうしていると、
「は〜い、下がってくださいね〜!お写真を撮られる方は、左側へ行ってくださ〜い!」と、警備員さんの声。 集団の人数も、少しずつ増えていっているような感じです。

         「誰が来るんやろ〜??」

もう一人加わったお母さんが、
「とにかく写真をすぐに撮れるように、準備しておかないとね!」
と、携帯をさっと手に持たれたので、
         「なるほど・・・」 と、カバンの中をゴソゴソ・・・。

その様子を見ていた警備員さんが
「写真を撮られるんでしたら、左の方へ移動してくださいね。」
と、声をかけてこられたので、
         「いえ、子どものお迎えなんです!」
と、ちょっぴりムキになってお返事。
そう、私は、20日ぶりに会う子どものお迎えに来たのだから・・

・・と、その時後方から一人の男性が出てきて、警備員さんにたずねました。
「あの・・・誰がくるんですか?」
警備員さんの口から出るであろう名前に、聞き耳をたてていた母親組。
でも、笑顔だけで、お返事なし。

         「ええっ・・・・誰なん?誰ナン???」

なんか、めちゃくちゃドキドキしてきた〜♪
すっかり盛り上がる母親組。
こうなったら、子どもが出てきても、「誰か」を確かめるまでは、帰れないぞっ・・と。(^_^;)

携帯を片手に持った人だかりはできているものの、「誰か」をわかってドキドキしている人は、そのうちのわずかなようなカンジ。
後は、私たちのような「誰か」はわからなくて、その場にいる雰囲気にドキドキしている人・・・?

「出口を見ていても、本人が出て来た時わからないよね〜!あの人たちが盛り上がって写真を撮った先にいる人が、『その人』ってことになるよね。」
と、しっかり者のお母さんがおっしゃり、「なるほど・・そういうことか!」と、子ども達が出てくるであろう出口を見ずに、身体ごと向きを変えて、左側の集団の先頭にいる女性たちの動きをチェックする私。

          ドキドキ・・・ワクワク・・・

その時、女性達に動きが!
で、出口に目をやると、長身でお洒落なメガネをかけた男性が、女性たちに向かって軽く手を振り笑顔を送りながら、数人のお付の人?に囲まれて歩いてきました。
そのまま、私たちとは反対の左側へ・・・。

「あっ、あの人やわ!」と、隣のお母さん。
そうこうしている間に、左の方へ遠ざかって行かれました。

         「誰やったんやろ・・・」と、私。

ふと隣を見ると、携帯で「誰か」の写真を撮り終えて、「後ろ姿だけやね。」とチェックをしているしっかり者のお母さん。
私は・・というと、携帯は左手でしっかり握ったまんま。ハハ・・・やっぱりね・・・(^_^;)

帰りの車で娘と二人になってから、

       「あなた達と同じ飛行機に、『誰か』が乗ってたみたいよ」と、私。

               「『誰か』って、誰?」と、娘。

       「そんなんわからん・・でも、『誰か』やねん!」

               「・・・そう・・・・・・( 一一)・・・・・」

ワイドショーで取り上げられるような人だかりでもなかったし、結局その人物はいまだ不明。

            あの人は、誰だったんだろ・・・・・・・・・


 
>>>Topページへ