Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ


2008年2月17日
     アンパンマン 


あの ・・
最初に申しあげておきますが、我が家には保育園・幼稚園・小学校低学年の子どもはおりません・・。

先日、娘が試験を受けに行くということでお弁当が必要でした。
小学校4年生で、現在の学校に通うようになって以来、遠足というようなものもなくお弁当を作る機会がなかったわけで、まずはお弁当箱をどうするかという問題。
どうするか・・といっても、すでに前夜10時過ぎ。
この母が、事前にお弁当箱のことにまで頭がまわるはずもなく、家にあるものの中から「どれにするか」選ばなくてはなりません。
受験の前に、お弁当箱で娘をわずらわせるのも・・・ということで、

ふたにライオンさんの絵が描かれた仕切りつきのタッパーウェア形式のお弁当箱。
         ・・・・これは、あまりに小さすぎ・・

フタがビビットカラーの色違いで同じ形の2段重ねにできるタッパーウェア。
         ・・・・ちょっと大きすぎ・・フルーツ入れてもゴソゴソ・・

そういや、お兄達の小さかった頃のお弁当箱があったはず・・!
         ・・・・真っ黒の2段重ねは、お年頃の女の子にはあんまりやね・・・

と、一人悩んでいると、
「景品でもらったアレがあるやん(^.^) 」と、いつの間にか娘がやってきて、「ほら!」と、引っ張り出してきたのは、ドーナツやさんのポイントをためてもらった2段重ねのお弁当箱。
しかもかわいいポーチ付♪
「そうや、これがあったんやねぇ〜(^O^)/」ということで、ソッコー決定。

で、翌朝お弁当も出来上がって、 娘に渡すその時に思い出したのが・・
    お箸!!!
「どうしよ〜、お箸箱、これしかないし・・・」と、私が娘に見せたのは、ナント・・

   ピカチュウがついたお箸の入った、ピカチュウのお箸箱〜〜〜( ̄▽ ̄;)

「割り箸にする・・?」と、申し訳なさそうに娘にたずねると、「いいよ、これで・・(^_^;)」の返事。
で、結局ピカチュウを、高校受験のカバンに入れて持っていきました。

その話を高校生の息子にしたら、「えぇ〜!ピカチュウ持って行ったん?!なかなかやるなぁ・・・」の感想。

・・・が、昨夜の夕食のこと。
              「見てみ v( ̄ー ̄)v 」

食べ始める時からこれを狙っていたという息子。
「写真撮るぅ〜!」と大うけの娘。

    な〜んや・・・ ピカチュウとそんなにかわらんやん・・・(^^)♪

我が家のコロッケはまん丸です♪


  

2008年2月6日
     加古川名物「かつめし」は美味しいです♪ 


かつめしのロゴ 加古川市の観光協会

今朝、新聞を見ていたら『かつめし』の文字を発見しました。

以前から何度かこちらでもお話した事があるのですが、ここ加古川には、『かつめし』というお料理が存在します。
この『かつめし』、お皿に盛ったご飯の上にカツ(本来は牛カツらしいのですが、私はトンカツで作ります)を乗せて、『かつめしのタレ』をかけるだけの超簡単お料理ながら、と〜っても美味(*^.^*)

『かつめしのタレ』で、『かつめし』の味は、ほぼ決まるわけで・・
このタレの説明には、『デミグラスソースのような』という表現がよく使われるのですが、私的には、もうちょっと言葉を加えてほしいところ。

独特の甘みと深みとこくがあって、カレーのようなスパイシーさではなく、ハヤシライスのような派手さはなく、う〜ん、なんていうか・・・まったりとしたぽってりとしたお味という感じでしょうか・・。
『かつめしのタレ』は、加古川の業者さんが作られているものを愛用しているのですが、残念ながらネットでは、販売されていないようです。
初めての方には、このお味を召し上がってほしいのになぁ・・・(^^)

そして、こうやってお話を進めながら気がついたのですが、タレの味を一言で言い表せないところに、カレーやハヤシライスと違う『かつめし』の個性を伝えにくいのかもしれませんね・・・。

それでも、 我が家に遊びに来て初めて『かつめし』を食べた子どもの友達は、「メチャ美味しい!」と全員気に入ってくれるという、事実が存在するわけです。

・・・・しか〜し!!!

なぜか、お隣の明石や姫路の人さえ、いえいえ、自転車で30分ほどで行ける浜手の高砂市の人達にさえ、この『かつめし』が知られていないという、寂しい事実もまた存在するのです・・。

数年前、関西のテレビ番組で特集が組まれて紹介されたこともあるのに、一向に広まる気配はなく、昨年には千葉のお客様から「NHKの番組で加古川のかつめしのことが紹介されていましたよ〜」とメールをいただいたりもするのだけれど、宮崎のマンゴーのようには、いかないみたい・・・・(-_-;)

で、今朝の新聞記事は何かというと、加古川の『かつめし』を全国に広めるために加古川市の観光協会がキャラクターやロゴを募集していたのが、決定したというニュースでした。
上のロゴの説明は、

「カツを表現したオレンジ色の楕円(だえん)に、添え物のキャベツを表す緑色で縁取り。カツの上にはデミグラスソースを示す茶色のひらがなで「かつめし」と書かれている。」

とのこと。
ちなみに、本来の『かつめし』は、添えるのはゆでキャベツということと、スプーンではなくお箸でいただくという、きまりもあったりするのです。

・・で、右下がこの度選ばれた『かつめし』のキャラクター。
加古川らしい感じがなんとも・・・(笑)

いつか『かつめし』が、全国版になるのを夢見て、これからも他府県から遊びに来る子どもの友達にしっかり広めていかなくては・・(^^)v

皆さんも、加古川にお越しになられる事があれば、是非是非『かつめし』ののぼりがあがっているお店で『かつめし』を召し上がってみてくださいね♪

やんちゃな男の子と、かわいい女の子をイメージし、名前は「かっつん」と「デミーちゃん」  加古川市の観光協会



2008年1月30日
 晴れ時々くもり    『かまくら』 in ショッピングモール 


ちょっと恐ろしい?話を耳にしました。

「最近ガスコンロを使う家が増えてるって知ってる?」
と、娘が言うのでその理由をたずねてみると、
「最近の子は(←中学生の娘がいう「子」なのでつまりは、「幼い子」です(^^))、プレートの上にお鍋を置いたらあったかくなると思ってて、火を使って物を炊いたり焼いたりするのを知らないから、それを見せるためなんやって・・」 とのこと。

ちょっ、ちょっ、ちょっと待ってくれ〜〜ぃ(@_@;)

「鮭の絵を描きましょう」と言われて、スーパーに並んでいるパックの鮭の切り身を描く子どもがいるというのは、聞いたことがあります。
間違いではないのでしょうが、「鮭」からイメージするのは、海を泳ぎ河を上る姿ではなく、あの「切り身」だということなのでしょうね・・・

この前の日曜日、 娘と二人で近くのショッピングモールに買い物に行った時のこと。

駐車場から入り口に向かう広場で親子連れの長い行列。
イベントでもやってるんかなぁ・・」と、話しながら歩いて行ったその先には、コンクリートの上につくられた大きな「かまくら」がありました。
どうやら、この「かまくら」の中で順番に写真撮影をしてもらえるらしい。
少し様子をみていると、係りの方が写真を次々撮っているだけで、子ども達は雪をつかんだり遊んだりできるわけでは、なかったようです。
せいぜい「かまくら」の壁タッチくらい・・・(-.-)

ここは、全国どこにでもあるようなショッピングモールの広場。
ぐずる子どもをなだめながら長時間かけて並んで写してもらった写真は、「かまくら」で撮った写真ということになるのでしょうか・・(~ヘ~;)

あれから数日経つというのに、この情景が妙にひっかかって頭から離れないので、ここに書いてスッキリすることにしました。
こんなに違和感を感じ続けるのは・・・
私の母親年齢が成人に近くなってきたからかもしれませんね・・・(^^;)



2008年1月17日
     心にしみる音 


「コレ・・仕事の時用に、たぶん気に入ると思うで・・」と、息子が一枚のCDを手渡してくれました。

仕事でありながら贅沢な話でもあるのですが、自宅でパソコンに向かう時、音楽が流れている環境でいることは、作業をスムーズにこなしていくうえで、私にとっては、はずせない重要ポイントなのです。
そして、「音楽が流れていたらいい」というわけではなくて、例えば、文章を作成している時は、日本語の歌詞はダメ・・なんて、勝手なMYルールがあったりもします(^^)

で、そんな私のクセを知っている彼が編集をしてくれたそのCDの中身は、ベースギター曲集。

ここ2年ほど、彼はベースギターにはまっていて、部屋にこもって長い時間練習してたりもします。
私はというと、ベースギターは弦が4本だということも知らなかったし、曲の中でベースの旋律を説明されても年相応の聞き取り具合からすると聞こえにくかったりもするワケで・・(^^;)

・・が、その中の一曲「Amazing Grace」が流れてきた時、キーボードを打つ手が止まってしまいました。
今まで聴いてきたような、透明感のある賛美歌のAmazing Graceとは全く違う・・
うまく表現できないけれど、もっとこもったような・・重いような・・・・ちょっと影のありそうな・・そんでもって、心にしみてくるようなそんな音。
すっかりベースギターという楽器が奏でる音に魅了されてしまったのです。

帰って来た息子に、「アレ、すごく気に入ってずっとかけてるねん♪」 と、報告。
「そう、よかったな。」と、いつものようにあっさりの返事。
「Amazing Grace 最高やった!」と言うと、
「あぁ・・あのアレンジ部分は、ちょっとスゴイからなっ・・」と、心なしかニタついているような・・

私には、男兄弟がいないし、 父親は、家の中で趣味を楽しむような人ではなかったので、高校生の息子たちを見ていると、ちょっと楽しかったりもします。
新しい世界に触れるきっかけをもらえることもありがたいですし・・。

何があったと言うわけではないのですが、子どもの成長とともに、母親としての楽しみも役割もこんなに変化していくものなのだと、ここ数ヶ月実感をしています・・・(^^)



2008年1月8日
     探すのをやめて創ってみたら・・ 


今朝、まだ真っ暗な中、長い冬休みを終えて娘が登校していきました。

「ヘンに目がさえてて、居眠りしたら乗り過ごしてしまいそうな気がするから、今日は絶対寝んとこ!」と、駅まで送る車の中で、娘が自分に言い聞かせるように何度も繰り返していたのをふと思い出して、様子うかがいのメールを入れてみました。

「無事にサンダーバード乗ってる?」

実のところ、私はこういうメールはめったに送りません・・。
それに心配だったら、フツウ、大阪駅に到着する前を見計らって、

「ちゃんと起きてる?」

と、たずねるのが、気の利くお母さんですよねぇ・・(^^;

ところが、娘は、長年の経験から知っているのです。
この母は、「連絡ないのは元気な証拠」と、特別なことがない限りたずねてこないことを・・。

彼女からの返事は、
      「うん!ばっちりやで。心配してくれてありがとう♪♪」

なんという・・・
電車を乗り換えられたかをたずねただけで、我が子から感謝されるなんて・・(^^;

こんな母でいいのか悪いのか、子ども達が幸か不幸かは別として(別にさせていただいて(^^;))、今年もこんな調子でのんびり楽しく暮らしていけたらと思っています。

ちなみに娘は、まだ公立小学校に通っていた低学年の頃、「お母さんは友達のお母さんと違うぅーーー!」とわめいた事がありました。

「友達のお母さんは、宿題はできた?忘れ物はない?って、ちゃんと聞いてくれるのに、お母さんは何も聞いてくれへん!」

そのころ母として未熟だった(今もまだまだ未熟ですけれど)私は、その裏にある娘の「気持ち」を聞かずに「言葉」だけを聞いてしまって

「宿題も忘れ物もあなたと先生とのお約束でしょう・・?お母さんが言うことじゃないと思うよ。」

あ〜あ・・なんとも・・・(-_-;)
きっと娘は寂しい思いをしたことでしょうね・・。かまってほしかっただけだろうに・・・。

でも、今、娘は言います。
「それがお母さんやから・・ずっとそうやったから・・・」

「・・」の後に、どんな言葉が続くのかは私にはわかりませんが、昨日買い物に出かけた時に、ちょっとした話から彼女が言ったのは、

「『自己中』と『他人の気持ちを考えへん』のとは、全く違うと思うねん。私は『自己中』は嫌いじゃないし、悪くないと思うし、自分もそうやと思うこともあるねん。でも、『他人の気持ち考えへん』のは、絶対イヤやねん。」

その内容を聞いていくと、
幼い頃から母への不満もたくさんあっただろうけれど、私が伝えてきたコトを彼女なりにアレンジして自分のモノにしてくれているように感じました。
幸い彼女は、母以外の大人の女性と近い距離で接することのできる環境にいるので、この母の言っていることだけを信じてしまうようなことはありません。

子育てにはいろんな形があると思います。
親育ては、頭が固くなっている分、子どもにとっては少々難儀なところもあるかと思います。
どちらか一方だけでは成長できるはずもなく、親と子で関わっていくから大きくなっていけるのだと思うのです。

そこでは、「正解」を探し求めるよりも「自分たちの形」を創りあげていくことを目標にできたなら、とても楽しい時間が流れるように、私は感じたりするのです・・・ ボチボチ・・ねっ(^^)♪   




2008年1月1日
     2008年 謹賀新年 


恒例の大晦日から新年にかけてのおまいりも終え、年賀状の配達のアルバイトへ出かける息子を、早朝送り出し、 私の2008年も静かにフツウに始まりました。
新しい年を「フツウ」に迎えられることに感謝しつつ、今年も楽しい一年になりますように・・。

       新年明けましておめでとうございます。
       2008年も皆さんにとって、ますます素晴らしい年となられますよう
       心よりお祈り申し上げます。
       どうぞ本年もよろしくお願いいたします(^^)

  

 
>>>Topページへ