Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ


2008年6月29日
    形のない財産 


窯焚きの現場を、初めて見せてもらいました。

息子が高専で取っている授業「土と炎」では、プロの陶芸家さん達の間でも少なくなっているという、のぼり窯での窯焚きを年に数回行います。

この週末で2泊3日の泊り込み、夜番と昼番に分かれて、自分たちで準備した大量の薪をくべながら、スケジュールどおりに窯内の温度を上げ、最後には、「攻め焚き」といって、今回の予定では、日曜日の夜中2時過ぎになるようですが、1200度まで温度を上げて、各人の作品を焼き上げるのだそうです。

きのくに高専 のぼり窯です♪

夏休み前の面談が、偶然にもこの日にあたり、初めてのぼり窯から煙が上がっているのを見ることができました。

私達が窯を訪れた時は、まだ1日目ということで、両サイドには大量の薪がぎっしり背丈以上に積まれており、窯内の温度を185度から195度にあげるところでした。(上の写真は、先ほど息子に送ってもらったので、薪のカサがずいぶんと減ってきています。)
     185度から一気に189度まで上がってしまったので、薪を少し抜いて火をゆるめて・・
     すると、184度から183度に落ち過ぎてしまったので、また少し薪を奥へ差し込んで・・・
と、窯のまわりの昼番の学生8人が温度計を見ながら、つきっきりの作業をしていました。
これが3日2晩続くわけです。

夕食は、夜番の学生が、昼食は、昼番の学生が準備。
昨年授業をとっていた上の息子が、「窯焚きの時は、『鮭とば』をあぶりながら食べるのが最高!」と言っていたので、差し入れは、ソレと、何やら宴会のお菓子のようなおつまみ類と飲み物を息子に手渡しました。

陶芸専攻の大学生でさえも、3回生の時に一度実習をさせてもらうだけ・・という「窯焚き」。
この学校の教育環境のおかげで、
何事も本物に触れさせてもらって、贅沢な時間を体感させてもらっていることを、さすがに高専生になった息子は、実感しているようです。

ここで、面談で聞いて、うなってしまったお話をひとつご紹介。

修学旅行へ行くのか行かないのか、行くなら行き先はどうするのか、スケジュールは・・・?
全て、子どもたちが決め、全ての手配を自分たちで行うのが、この学校のルール。

ミーティングで、いろいろな意見や思いが飛び交う中、『全員参加するための』行き先と日程と行程がようやく決まり、各分担で詰めの作業を行い、いよいよ・・と日が近づいた時、一人の子が「やっぱり行きたくない・・」と言い出したそうです。

「みんなで行きたいから、行けるようにと、この場所と日程にしたのに、何を今更言うてんねん!!」
「なんで、もっと早くに言わへんかったんよっ!!??」

当然と思われるような意見・・
皆の口調も表情も険しくなり、空気も最悪・・

・・と、その時
「なぁ・・みんなの全員で行きたいという強い思いもわかってて、行くためにそこまで調整してもらってて、ホントは、納得してなくて行きたくないと思っていても、ずーっとそう言われへん雰囲気を、みんなで作ってしもとったん違うか・・・」
                                         と、静かな意見が出たそうな。

このタイミングでのこの意見、 「すごい・・」と感じるのは、私だけでしょうか・・・

いろんな問題をクリアし、結局は、全員での沖縄修学旅行を満喫し、元気いっぱい戻ってきた彼ら。

この学校で学ばせてもらってること、机の上のお勉強ではない部分も含めて、彼らの一生の財産となるのだろうな・・と、一人の大人としてちょっとうらやましかったりもするのです・・(^^)
  



2008年6月18日
     災いをラッキーにするっ♪ 


娘が脚を痛めたので、車で整形外科へ連れて行きました。

個人病院なのですが、こちらの先生は、私が中学生の頃に何度となくお世話になったスポーツドクターです。
こじんまりとした建物は、あの頃と変わりなく、さすがにソファーの色までは覚えてはいませんが、待合室の机や椅子の配置や雑誌の置き場所、診察券を入れる窓口の木枠まで、タイムスリップしたかのような錯覚に陥るほど変化はありません。

高校生の娘に付き添って診察室に入るのも・・ということで、先生に直接お目にかかることはなかったのですが、彼女から聞くところの、トアル特徴と穏やかなしゃべり口調もそのまんまだったようです。

「すごく優しくいろいろと説明してくれた。」

高校生になって、突然に激しいスポーツを始めたことで痛んでしまった筋肉のケアから、今後スポーツを続けていくうえで、気をつけなくてはならない心構えまで、娘いわく、普通の高校生の自分に対して、まるでいっぱしの「アスリート」に対するように、わかりやすい言葉で親身になって話をしてくれたとのこと。

私が、この病院を訪れた一番印象に残っている怪我は、バスケのリング下で着地した際に、チームメイトの足の上に乗ってしまい、捻挫をしてしまった時。
みるみるうちに腫れ上がって、顧問のコーチが病院前に車を着けてくれた頃には、膝下がぱんぱんで、靴下を脱ぐこともできなくなっていて、はさみでチョキチョキ裂いてもらいました。

その時に先生が
「時間をかけても、しっかり治そうね。」
というようなことをおっしゃったことは覚えています。
思いつめた表情を見て、「こいつは、適当なところで勝手に動き始めるな」と、見透かされていたのかもしれませんね(笑)

幸い娘の足の痛みも少しずつ和らいでいるようで、一安心。
足を動かせないので、ひたすらコートの端っこで筋トレに励んでいるようです。

「なんか、腹筋割れてきたかも〜(^.^) お腹、薄〜くなっとうし〜〜♪」

・・・そうそう。
足が痛んだおかげで、一流アスリート気分も味わえて、ウエスト周りもすっきりして、あ〜よかった?! 

ということではないのでしょうが、
経験者ばかりの同級生の中にあって、焦る気持ちを抑えるように、それくらいの心持であってくれたら、母としては安心なんですよ・・・ね(^^) 



2008年6月13日
     あめあめふれふれ〜〜♪ 


残念ながら(?)今日も、梅雨の晴れ間です。

やっと出合えた、この傘。
16本の骨組みが『じゃのめがさ』っぽくて、抹茶色の和風な感じが、大のお気に入りです♪


例年、この季節には面倒に思いながらも折りたたみの傘をかばんに入れているのですが、コレが手元に届いてからは、梅雨時期をいいことに、ほぼ毎日、電車に乗って出かける時さえも持ち歩いたりしています(^.^)

しか〜し!
使いたくてうずうずしているというのに、こんな時に限って、今一歩というところで雨に降られません・・
     
「気持ち」なんて、なんとも勝手なものです。
つい最近までは、雨の日に遭遇すると、ため息をついていたのに、今は、こんなに雨が待ち遠しいんですもん♪

ちょっとしたことで、キライなものや苦手なものが、好きになったり楽しみに待つようになったりする。
だから、明日も来月も来年も、今と同じだとは、限らないよ・・
雨もまた良し!
自分なりの「ちょっとしたこと」を見つけ感じながら、ぼちぼちいきましょう〜(^^)




2008年6月3日
  のち    シークレットライブ in 東京 


昨日のお昼過ぎから、ずっと携帯が気になっています。

鳴っても困るんです。
鳴らなかったら、やっぱり・・と思いながら、これまた残念です・・

   ????  

実は、
先日注文をしていたCDが日曜に届いたら
なんと、彼女の「シークレットライブ」の応募券がついていて、

しかも!!
それが、開封した翌日の正午締め切りという、 ちょっとミラクルチックな予感。

ただ、そのシークレットライブの場所は東京で、
翌日は、 年に一度の『もちはだ会』。
私は、朝からコースへのお見送りを予定しているけれど、
もしも、ライブに行ったら、朝一の新幹線でも間に合わない・・(-_-;)

当選発表は、 応募した携帯に、当選者のみメールが届く!・・らしい。

当選者は100名なんて、「当たるはずもない」

     うん、・・
     でも、・・・・・・
     もしも、もしも、携帯が鳴って、当選してたら・・・・・・ 

                どうしよう・・・(^^;) 



2008年5月28日
     Vespa 


この日曜日に、清水の舞台から飛び降りる買い物をしました。

・・といっても、私ではなく真ん中の息子なのですが・・(^^)
ブツは、限定版のベースギター。
友達と姫路の楽器屋さんへぶらっと出かけたところ、出会ってしまったらしいのです。

なにやらかんやら説明をしてくれたのですが、私はベースのことはさっぱりわからず・・(^^;
それより?目を惹いたのは、メチャカッコいいハードケース!
少し重厚で質感のある素材の上に、ステッチのように見えるラインがシンプルに入っていて、おしゃれなブランドロゴとカナダの国旗がさりげなくデザインされている、なんともステキなケースなのです。
あまりに私がハードケースを褒めるので、息子は苦笑い。
部屋からは、夜までベースの音が響いていました♪

彼の清水の舞台から飛び降りるお買い物は、これが2度目。
高校1年生の時から続けている、おうどん屋さんでのアルバイトで貯めたお金がもとでです。
そんな彼が、あるオークション番組を見ながら
  「俺が勢いつけて買った値段って、簡単に超えられるし、アレなんかスタートの値段やん!!」

確かに、大人から見ると、彼の清水の舞台の高さは2階建ての建物ほどもないかもしれません。
でも、彼にとっては、足元すくむ高さなんですよね・・・

清水の舞台って、一生に一回の大勝負!という感があるけれど、それってちょっと違うかも。
舞台の高さって、年齢や経験や環境や心の成長の具合でどんどん変化していくと思うから・・

だからね、
今、清水の舞台から飛び降りるほどの大きな決断を迫られて、とても考え込んでしまったとしても、
もしかすると
明日の、来週の、来月の、来年の自分が、同じ状況になった時には、清水の舞台からは飛び降りなくても、ちょっとのパワーで決断ができる事柄になっているのかもしれない。

そして、
その舞台の高さは、他人と比べるのではなく、過去の自分と比べていこうと思う。
あの時は、あんなに大変だと慌てふためいたことが、
次に遭遇した時には、平常心のまま、少し注力するだけでこなしていけるようになっていたい。

ちなみに・・・
私の人生初の清水の舞台から飛び降りるお買い物は、
高校時代、学校にナイショでアルバイトをして貯めたお金で、卒業時に購入したスクーターバイク。
当時、大ファンだった俳優さんがドラマの中で乗っていた「あの」スクーターが欲しかったのですが、高校生のたまの休日のバイト料を貯めたくらいでは手が届くはずもなく、よく似た形のもので折り合いをつけた・・という、ちょっとした思い出付です。

今なら、あのあこがれのスクーター、
へそくりをつぎ込んで、清水の舞台から飛び降りて、購入することができるかもしれません(笑)

でも、
あの頃、強く憧れても、手の届かなかったもの。
私は、今も手の届かない夢として、心の中に置いておきたいと思ったりするのです・・(^^)

  



2008年5月22日
     improvisation 


ほぼ日課となっているソファーでのうたた寝をしていた数日前の夜のこと、TVから流れてくるパンチの効いたピアノのメロディーで目が覚めました。

最初は、ちょっと?寝ぼけていたので、うっすら目を開けて半分夢見心地だったのですが、すぐに眠気も吹っ飛び、ヘンなうたた寝姿勢から座り直すことも忘れて、演奏終了まで身動き一つできずに聞き入ってしまいました。

すごいです・・・
上原 ひろみさん。

久々に、身体の中を何かが駆けぬけたような、息を止めてしまうような感動・・☆

サウンドは、エネルギッシュで素晴らしいうえに、さらに私が惹きこまれたのは、TV画面に映し出される演奏中の彼女のなんとも楽しそうな表情や、かもしだす空気。
最初の出会いが、映像つきでよかった・・・♪

そして、トークのコーナーでさらに魅了されることに。
全世界を飛び回ってらっしゃる彼女にとっては、飛行機のトラブルは日常茶飯事で、しかも公演に間に合わないかもしれないという深刻な場合もしばしば。
そこで、各国の航空会社の職員に、いろんな交渉をされることになるわけですが、こういうトラブルの中、気持ちの良いやりとりというのは望みにくい状況で、しかもうまく代替案を提示されるとも限らない。
HPで彼女のコンサートスケジュールを見てみると、世界地図に一年間でどれだけ線が引けるのだろう・・・というくらい、多数の国でかなりの頻度で演奏をされている。
しかも、彼女は、自分の口と手と足を使って、演奏に向かうという。
そんな状況について尋ねられた時の彼女の答えは・・

  「かなり、大変ではあります。でも、いろんなトラブルに遭って気持ちが疲れることになる
   のがわかっていても、私は演奏活動を積極的に行います。
   世界各地での演奏のほんの数時間が、そこにたどり着く中での全てのマイナスを
    帳消しにしてくれるくらい、自分にとっては幸せな時間だから。」

彼女の演奏は、即興(improvisation)。
次はどうなるんだろう・・という、ドキドキ感がなんとも楽しいという。

   「あぁ・・このままいったら、どうなっちゃうんだろう・・という流れになってしまうことも
    ありますよ(笑) でも・・それが、バンドメンバーの一つの音やリズムをきっかけに
    新しいものに出会えるチャンスだったりもするのです。」


そして、番組の最後に、メッセージを一言と言われて・・

    「自分の楽しみのために、努力をしてくださいね。」

                   それぞれの彼女のコメントは、私の記憶の中のものなので、
                   私色に変換されているかもしれません・・あしからず・・(^.^)


この素晴らしい出会いに感謝です。
早速にコンサートチェックしたのですが、残念ながら、近日の予定はないみたい。
CDは、ネットショップで注文済み。届くのが楽しみです(^^)♪

出合えたら、好きになること、感動すること、幸せな気持ちになること、
まだまだ世の中には、たくさんたくさんあるのに、
数十年生きてきても、未だ知らないことの方が、ほとんどなんだろうなぁ・・・

つい先日、酒蔵を改造したという趣のあるお店にご飯に行った時、
「まずは、おしょうゆも薬味もなしで召し上がってみてください。」
と、店員さんに言われて、一口。
「美味し〜〜〜い!!」と、叫びそうなのをおさえた、絶品『手作り豆腐』との出合い・・
(^.^)

そう、 美味しい食べ物も、面白い本も、私の知らない素晴らしいこと、きっと、たくさんあるはず。
あっちやこっちに・・。
そんな事柄のほとんどと、一生知り合えずに終わってしまうとしたら、
それは、どう考えても・・・・
                      すっごく損な気がする・・(--)(__)

彼女に魅了されたのは、私の目指している「楽しむ。」を、もっともっと高いレベルで満喫されているのを感じたから・・だと思う。
                 うん、私もますます「楽しむ。」ぞぉ〜っと(^^)♪





2008年5月15日
     果たして今日は・・ 


庭に、カラーの花が咲きました♪

今朝は、きらきらの朝日の中、あまりにきれいので、手元にあった携帯カメラで撮影をしてみました。

                 ・・・・やっぱり・・・携帯のカメラは苦手です(^_^;)


このカラー。凛としたたたずまいと丸みを帯びてシンプルな白い花が、大のお気に入り(^.^)
数年前に、実家から株をもらって、空いている場所に適当に植えたのですが、運良く、日陰具合と適度なじめじめ感が良かったようで、年々花数は増え、今年はすでに10輪以上の花が次々に咲いてくれています。

今春から新しい生活リズムにバタバタしていて、一日の過ぎる体感スピードは、マッハ級。
そのうえ、ここしばらく、ちょっとした事件続き。

  ・ 突然お湯がお水になってしまった、給湯器事件。

  ・ TV画面のヨガのポーズをいろいろ夢中で真似して、いい汗かいたな・・と思っていたら
     夜になって右肩が痛み始め、キーボードが打てなくなった事件。

  ・ とうに済ませたと頭の中では「済」フォルダに入っていたある手続きが、
    実は、まだ 完了してなくて、赤枠で「至急」と書かれたお知らせハガキに焦った事件。

  ・ NTTさんの光ファイバーの増設工事連絡を、朝からずーーーっと待っていて
    身動きとれずにいたら、 「ずっと話中で電話が通じなかった」という不思議な現象で、
    日が暮れる時刻になって、やっと来てくれた事件。

  ・ ご近所さんの往復はがきが間違って配達されて、その返信期限が数日後で
    あわてて郵便局に届けに行った事件。

  ・ 何やらかんやら・・・(笑)

書いてみるとなんてことないような気もするのですが、
日替わりメニューで、何かしら毎日コトが起こるというのは、それなりに落ち着かないものです_(++)_

ちなみに、今日はまだ、何も事件は起こっていません。
久々に、コトの起こらない一日となってくれるのでしょうか・・・

ところがね、
こうもなって、お昼を過ぎても何も起こらないとなると、「次は何がやってくるんだろう・・」と、待ってたりする自分もいるようで、これまた、困ったものですね(^^;)

今週末は、遠方からお泊りのお客様あり。
                         きっと・・何かあるな・・(笑)



2008年5月7日
     朝摘みいちごをありがとう♪ 


今朝、キッチンの棚に置いてある観葉植物で、ちょっとした運試しをすることにしました(^.^)

いつもは棚からおろし、水受け皿をはずして、鉢底から水が流れ出ていくように水道水をたっぷりかけ、 水の流れがおさまったところで受け皿ごと棚に戻すのですが、今回は、棚に植木鉢を置いたままのお水やり。

めちゃ甘くて美味しかったよ!ごちそうさま♪

何が運試しなのかと言いますと・・・
鉢の中を充分に潤わせるには、受け皿に水がたっぷりたまる水量をあげなくてはならず、もし、たくさんお水をあげすぎて、受け皿からお水があふれることになれば、棚から水が滴り落ちて、下にあるキッチンツールやお鍋が水浸しになってしまうわけで・・

     ピタッ!っと止まって、スカッとした気分になるか \(^o^)/
     あ〜あ・・の思いで水浸しになった箇所の拭き掃除をする羽目になるか (-。-;)  

・・・とまぁ、
植木鉢を下ろすために、横に並ぶランプやボトルに絡まったツルをはずすのが面倒だという不精心への言い訳でもあるのですが・・・・・(^^;    

一気に思う量の水を注いで少しすると、深さ3センチほどの受け皿に、最初はかなりの勢いで水がたまり始め、三分の二を過ぎたところあたりからゆっくり満杯になって、いよいよフチが盛り上がり始めた時が、最高のドキドキ感。

流れ出そうで出ない。
お水さん・・ぷるぷるしながら、かなりねばってる・・(笑)

              お願い、がんばって〜〜!!と、心の中で叫ぶ(^^;)

その時ふと、思い浮かびました。
心の表面張力。
ほんの一滴が落ちた瞬間に、あふれ出て、勢いよく流れ出てしまったんだろうな・・
コントロール不可能でさぞかし怖かったろうけれど、あふれ出るものはいつか自然に止まるから・・
これからは、そんなに満タンにしなくてすむように・・
こちらは、
              もう、がんばり過ぎんでいいんよ〜〜!と、テレパシーを送る(^^)

・・・で、
ちなみに、『植木鉢運試し』はどうだったかと言いますと、
     あのフチから数ミリも盛り上がって流れ出ずにとどまった状態は、
     まぎれもなく大吉だぁ〜\(^o^)/

                 ってなことで、
                 今日もフツウを楽しめるコトに感謝しつつ・・
                 さぁ、エンジンかけてまいりましょう〜(^^)♪

 
>>>Topページへ