Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ


2008年10月26日
    記憶 


久々にやってしまいました・・・

ガラスのコップにひびの線が入っているのに気がつかず、スポンジごと指を入れて回した瞬間、小指にグサッ。
「あっ!」と思った時には、すでに遅しです。
目線は手先なのに、実際は何も見えていないという、あいかわらずのぼんやり具合に、ちょっと自己嫌悪(-_-;)

なにせ、手先の怪我は、面倒です。
しかも今回のように、ぐっさりとやってしまうと、傷口がふさがるまでそれなりに気をつかってやらないといけないしで、ホントやっかい。

切った瞬間、

   「あ〜あ・・・」

と大きなため息がでてしまい、それをリビングで聞いた娘が

   「どうした〜ん?」   の声。

   「うん・・・ガラスのコップで指切ってもた・・・・ぁ・・・・・」    と私。

その途端、

   「ええっ!!!!!大丈夫なん?血は止まりそう??病院行かんとあかんくらい??」

と、ものすごい勢いで走ってきてくれたので、私としてはその様子にちょっとびっくり。

実は、ずーっと以前、娘がまだ保育園に行きかけた頃、同じシチュエーションで人差し指のつけねを切ってしまったことがあるのです。
その時は、傷が深く出血も多くて、素人目でも「ほっとくのはまずいな・・・」という状況で、夜間の救急病院を探してかけこみ、数針縫ってもらいました。

娘は、この時のことを鮮明に覚えているそうで、記憶の中では、母の命に関わりそうなほどのイメージにインプットされてしまっているらしいのです。

今から思うと、娘のその頃の背丈では、ちょうど目の前に血でにじんだガーゼが来るわけで、その手を押さえながらばたばたと暗がりの中病院に駆け込んで、それは怖かったのだろうと思います。

・・で、幸い、今回の私の傷は、たいしたことなく、
様子を見て落ち着いた娘が、「これからはちゃんと手元を見なあかんよ!」と言いながら消毒とテーピングをしてくれました。

人の記憶というのは、不思議なものですね。
その事柄や出来事だけでなく、自分の感情や気持ちが知らないところで結び付けられてる。
だから、子ども達には、できるだけ心地よい気持ちに結びつくものを体験させてやりたいと、親ならみな思うのでしょうね。

願わくば、今回のことで、
「母親が洗い物のコップで手を切った」という出来事についての娘の記憶は、
恐怖心から「しゃ〜ないなぁ〜」に上書きされてくれたらいいのになぁ・・と思うのです(^^)


  

2008年10月19日
    こんにちよ〜♪


ラジオ関西さんの海の見えるスタジオにお邪魔してきました。

昨年はじめて『もちはだの唄♪』(業界的には、サウンドロゴと言うそうです)を作っていただいて以来、
今年も引き続きCMやコーナー提供でお世話になっているラジオ関西さん。

今日の訪問の目的は、コーナー提供をさせていただいている『のぶりんのこんにちゴルフ』の原田伸郎さんと遠藤のぶこさんお二人へのご挨拶でした。

13時の放送を終えられるのをスタジオの外でお待ちしていると、まず遠藤さんが出てこられ、
はじめまして・・のご挨拶のあと、遠藤さんから私の名前が・・・
実は、昨冬お客さまとしてショップに来てくださった遠藤さんとメールで数回やり取りをさせていただいた際に記載されていた名前を覚えてくださっていたのです!

ちょっと性別のわかりにくい名前なので、
      「やっぱり女の人だと思ってました〜♪もちはだホントに手放せません」
のお声に、うれしくてうれしくて・・・気がついたら手を取り合っていたという・・・

お顔の見えないやり取りだからこそ、こんな風に、メールに添えた想いを受け止めてくださっているのを直接お目にかかって拝見すると、もぉ大感激なのです♪

少し遅れてスタジオから出てこられた原田伸郎さんとは、筆書文字のお名刺をいただいてのご挨拶。
その文字の一つ一つが個性的で、丸みがちょっぴりかわいらしくて、それでいて力強くてあまりにステキだったので見とれていると、「僕が書きました」と声をかけてくださいました。

そのあとは、数分間、
お二人とも、冬場のゴルフや屋外でのイベントなどの時に、いかに『もちはだ』を愛用しているかを話してくださり、
私はというと、こんなにも『もちはだ』をかわいがってくださっているご様子を拝見して、そして直接に心のこもったお言葉をいただいたことがうれしくてうれしくて、
今から思い出すと、大人げなくかなり舞い上がってしまっていたような気がします・・(^^;

そして、最後に原田伸郎さんから手を差し伸べてくださっての握手は、とてもあったかかったです。

        今日はお目にかかれてとてもうれしかったです。
        寒がりでらっしゃる原田さんに快適にゴルフを楽しんでいただけるように
        おしゃれな遠藤さんにより喜んでいただけるように
        『もちはだ』『もちぴた』のバージョンアップを目指してまいりますね。
        これからもお二人のますますのご活躍を心からお祈りしています(^^)♪

  ◆ラジオ関西さんスタジオ前にて 原田伸郎さん、遠藤のぶこさんともちはだせんむのお写真♪   



2008年10月8日
    懐深く・・


気持ちや考えを表現する方法は、たくさんあると思うのです。

音楽だったり、絵画だったり、ダンスだったり・・。
確かに言葉というのは、たくさんあるツールの中で、最も細かなところまで表現できて、共通した感覚を持ちやすいもののような気はします。
でも、そこに頼りすぎてしまうと、人が本来持っているであろう、繊細で少しあいまいでゆるやかな感覚が薄れていってしまうような気もするのです。

Aという感覚を持ちながらもBという言葉を発してしまったら、その人はBの人。
Cという感覚を持ちながらもBという言葉を発したなら、その人もまたBの人。

Bという感覚を持っているのにAという言葉しか思いつかなかった人は、Aの人。
Aだという信念に近いものを持ってAという言葉を発すれば、まぎれもなくAの人。

言葉は、そんなふうにグループを次々に作っていくような気がします。
そして、本来持っている感覚を少し表現方法を間違ってしまったなら、ずっと違和感を感じながらそのグループにいるコトになってしまう場合もあるかもしれません。

そもそもその『グループ』というのが、何なのか・・ってこともあるのでしょうけれどね(^.^)

その昔、江戸から名古屋まで飛脚の早便でも4日かかっていたそうです。普通便なら8日程度。
今発する言葉が、相手に届くのは8日後です。
大阪や九州へとなると、気が遠くなりそうです・・・。
そんな状況の中で、手書きの文字で綴られる言葉の一つ一つには、どれほどの思いが込められていたことでしょうね・・・

現在はというと、地球の裏側でも、メールなら約1秒。「あっ」の息継ぎをする間もないくらい。
世の中、これだけ手軽に大量の文字を送れるようになると、一つの意味に一つの言葉。一つの思いに100の言葉?!
とても細かなところまで伝えられるメリットは大きいかもしれないけれど、そうなってくると、それらは詳細な「情報」に類する気がしてくるのです。確かに・・「情報」は、多いほどありがたい。

でもね、心を表現するのは、情報じゃない・・・

大量の文字列を受け取ることに慣れてしまうと、今度は、情報をもらわないと心が満足しなくなる。
・・というか、不安になる。

          満たしてくれるのは、何ですか・・・・?

この数日、一気にページを創る中で、ふと感じて、自分なりの表現を大切に作業を進めたら、とても楽しかった♪
だから、日々のメールを重要なツールとして使わせてもらっている中で、ここは、あえての・・・。
でもでも、決して、綴る言葉に思いを込めていないということではありませんので、あしからず(^^;

言葉を大切にしながらも、言葉にとらわれすぎぬよう、
自分の得意なやり方で、自分の好きな形で、自分の心が落ち着く方法で、表現をする。
そして、いろんな人のいろんな表現を、心で見ることができるような懐の深さを身につけていく。

          ますます自由にのびやかに・・・
          人生の勉強は、まだまだこれから・・ず〜っとつづく・・・・ですね(^^)♪

  



2008年9月26日
    同じじゃないけど・・・


髪の毛がうねっています・・

見た目はストレートっぽいのですが、実は、一部分が、隠れ天然パーマだったりします。
昔っから前髪と首筋あたりからの髪は、ほんの少しでも湿り気があると「くるりん」なうえに、年齢の影響も加わって、さらに「くるくるりん♪」状態です(^^;

・・で、いつもの美容師さん、今の髪型にした時に言っていました。
    「今回は、いつもみたいに長く放っておけないと思うよ。
     肩にかかってきだしたら、タブン来たくなるだろうね。」

理由を尋ねると、
     「だって、左右のすその長さ、ホントは違うように切ってるから・・・」

目の前の大きな鏡では、何の違和感もなく、同じ長さに見えます。

彼の説明によると、コウです。
首筋からのクセの出方が左右で全く違うらしく、それぞれがとんでもなく頑固で個性的なので、長さを同じに揃えると、徹底的にストレートにブローしている状態以外では、明らかに髪の長さの見た目が違ってくる。

長年のお付き合いの美容師さん。
私がブローを丁寧にするはずのないことも、よ〜〜くご存知なわけで、
手ぐしで乾かして放っておくであろうこれからの毎日の状況を判断して、あえて「見た目重視!」にしてくれたようです。

                                    はははっ・・・・・さすがでございます・・・(^^;

そして、このお話には続きがあるのです。

なぜ、彼はいつもより早いタイミングで私がやってくることになると予想したのか・・・

それは、
天然パーマでない頭頂部やサイドの髪が伸びてくると、この髪型では、それらの重みで、この「頑固で個性的なクセ」が影を潜め、実際の長さが見た目の長さになっっていくだろう・・という彼の読み。

                                    なんとも厄介で手のかかること・・・(^^;

そんなこんなやり取りから、そろそろ1ヶ月半余り。
今の状況はと言いますと・・・

朝は同じでも昼になると違ってたり、出先でふと目に付いた時、全然違っててちょっとびっくりしたり、
でも、夜お風呂に入る前に見たら、同じだったり・・・

同じ時もあれば違う時もあり、
でも、違ってることが日常でないのなら、
トータルで見ると「イイ感じ♪」ってことかもしれないな・・・と、私は現状を結構気に入っています(^.^)

確かに、たまたま「左右の長さ違うバージョン」の時に会った人には、「ええ??」と思われるかもしれないけれど、それはそれで、いいのです(^.^)
そういう時に出会ったというのは、そういうご縁だということだし、
「そういうことに無頓着な私」も、まぎれもなく「私」なんだし。
でもって、朝と昼と夜とで変化するっていうのも、また楽しめたりもする〜♪

         ・・ということで、今はまだ、美容院には行くつもりは全くありません。

                              ・・・でも、明日は、行きたくなる・・・かもしれないけれど(^^;

彼の名誉の為に言っておくと、
お客さんの「それぞれ」に合わせてお仕事をなさっているであろう、「プロ」の美容師さんです。

        ちなみに、今は・・・・ちょっぴり右が短めです(^^)

         



2008年9月16日
    Drive


景色は、あの頃と同じでした。

違っていたのは、
車と、流れている音楽と、隣に母ではなく娘が座っていたこと。
そして、急坂で片側急斜面の『この道』を、広く感じたこと・・・。


経験というものは、物事の見え方も大きさまでも変えてしまうものなのですね。
不安が混じりながらもドキドキする感・・コレがなくなってしまうのは、少し寂しい気もするけれど、
あの頃には感じることのできなかった風や匂いを体感できる余裕が、そこにはありました。

あと数年もすると、隣に居る娘が、私のあの頃の年齢になる。
そして、私もまた、母にとってのあの頃を生きている。

              うん、
              今日もみんなにとって、楽しい日でありますように・・(^^)♪
         



2008年9月9日
    Pleasure 2008 in Kobe


・・・というライブに行ってきました♪

娘が、このバンドのボーカルの大大大ファンで、1年前にファンクラブサイトからチケットを購入。
彼らのライブは、そのスケールの大きさとクォリティーの高さから、ファン以外の人たちにも大変人気があるらしく、かなりの激戦を制しての?ゲットだったようです。

しかも、この日は20周年記念ツアーの初日公演。
娘いわく、ライブまで行きたいというほどのファン友達は、同年代にはほとんどいないらしく、
お目当てのボーカリストのご実家が経営されているトアルお店まで電車ではるばる出かけたという唯一の同い年のファン友も、関東在住。

「ファンは、始発で会場入りするんやから!」
とまで言う娘の気分をできるだけ盛り下げないように気を遣いながら、なんとか、10時過ぎの会場入りで勘弁してもらって(ちなみに開演は18時)
行きがけの電車では彼の歌声の流れるイヤホンを片方手渡されて、曲の説明を受け、
まだ人も少なめの会場では、炎天下のもと人生初の「2時間半並び」で、ツアー限定グッズを購入し、
ツアートラックをカメラにおさめるべく係員さんにたずねて探索し・・・

途中、ベンチで休む私に飲み物を買ってきてくれたり、事前に入手している情報をもとにいろいろなイベントを一人で観に行ったり、娘はずっとソワソワ。
あれやこれやとしている間に、ようやく日も落ち、待望の開演時間になりました。



会場内は、比較的年齢層が高めだったおかげで私もすっかりソノ気分(^^)♪
手を挙げて、タオルもぶんぶん振り回して、もちろん立ちっぱなしで、大声で歌って(叫んで)、
ライブならではの一体感を満喫させてもらいました〜♪
隣の娘はというと・・・・  大好きなナマ彼に会えて、ホントよかったね・・・です(^^)

そして、何より、
アーティストとしてクリエーターとしての「プロの仕事」を体感させてもらって感動・・。
ファンだとかそういうモノを超えて、開演から終演まで、会場の整備からアナウンスまで、45000人の観客たちを「音楽」という「技」で、あそこまでひきつけてしまうのは、すご過ぎです・・

そして、
年の近い彼からの舞台メッセージが、ここのところ私が思っていた「走る」というコトと、偶然ぴったり重なったのが、ちょっぴりうれしかったりしたので、ここでご紹介しますね。
    
            走り続けたから、ここにたどり着けた。
            ゆっくりでも、早くでも(走っていれば)必ずたどり着ける場所がある。

娘にとってもこの日一番心に響いた彼からのメッセージだったようです。
              でもね・・・たぶん・・・
              娘と私では、響き方も響く場所も違ったでしょうけれど・・(^.^)

                    ステキな時間をありがとう・・・♪

         


2008年9月1日
    SPEED 


すっかりご無沙汰しているうちに、なんと9月になってしまいました。

8月は「走る」。
そんな言葉ぴったりの1ヶ月を過ごしたような気がします・・(^^)

この夏、ひょんなことから娘と二人きりで初めての1泊旅行に行くことになりました。
それぞれのヘッドフォンを耳にして、お気に入りの音楽を聴きながらゆったりしていると、退屈する間もなく東京駅に到着です。
所要時間は、新大阪駅からのぞみ号でたった2時間半。
ちなみに、新幹線ひかり号が開通した1964年、新大阪と東京間は、4時間かかっていたそうで、その頃の大人達と比べると、私は、往復で3時間も時間をプレゼントしてもらったことになるわけです。

こんな風に、
日常生活でも仕事でも、
移動や作業、情報収集、何かにつけて、
昔の大人たちよりも、自由に使える時間を多く持つことができているはずの私達。

     それなのに、いつも何かに追われている気がするのはどうしてなんだろ・・・。

とある講演会で「今年のテーマはSPEEDです。」と、演台に立たれた方がおっしゃっていました。
いかに早く判断をして、いかに早く決断をして、いかに早く行動するかが決め手だと。

限られた時間を有効に使わなくちゃいけない。
効率よくコトを進めて、少しでも短時間で物事を処理していかなくてはならない。

今この時代を生きている私達は、フツウに生活しているだけで、すでに昔の大人たちよりもたくさんの「時間」を持つ事ができているはず。
なのに、街行く大人たちは、皆とても忙しそうで、
かといって、昔の大人たちよりも人として高まっているかというと、どうもそうは思えなくて・・

     あの「3時間」は、私の中でどこに消えていってしまってるんだろう・・

     その3時間を使って、またさらなる時間を生み出し、そして、それもまたさらなる時間を
     生み出すために使って・・・

     これじゃあ、せっかく時間をプレゼントしてもらっているのに、
     「もっともっと!」の貯金ならぬ「貯時間」にばかり励んでるのじゃないだろうか・・・

確かに世の中のスピードはとても早くなっているかもしれないけれど、
春が来ないと夏は来ないし、朝が来ないと昼にならない。
自然のSPEEDは、新幹線が開通したあの頃と変わっていないはず。
それなら、
私も自然の中で生かせてもらっている生き物として、
ありのままの「時間」を楽しんでいきたいと思う。

そう思うと、
同じ走るのでも、自分の意思で全速力で走ったり、駆け足になったり、時には立ち止まって景色を眺めたり、思うように時間を使えるような気がしてきた・・(^^)♪

割り当てられたモノではなく、「プレゼント♪」なんだもの。

      だから、私は追い立てられて走るのではなく、
      Happyなプレゼントをいっぱい感じるために、走ることにする♪

                    ・・・・・と、思うことにします。
                        「今は走る」コトに、変わりはないのだけれどね・・(^.^)

この日、娘と二人、
六本木ヒルズの屋上にあがることができました。
天候の穏やかな日に限って開放されているそうで、屋上から見た東京タワーは、今まで展望台から見てきたそれとは、ちょっと違いました。

もしかすると・・・
この「ちょっと違う」東京タワーが、私の3時間のプレゼントの一つだったかもしれません・・ね(^^)

   

         
 
>>>Topページへ