Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ


2009年6月24日
    アロマコロジー 


今朝は風が涼しめでホッとしました。

毎年、梅雨から夏の間は、隠れ天然パーマのやんちゃ加減に、イライラ。
朝の通勤ウォーキングで汗をかくとクルクルはねてくるので、ここのところ日中の髪の毛は大爆発状態なのです。

このちょっとしたユウウツをどうやったら解消できるか‥
幸い自分の頭というのは、直接見ることができない場所に位置するわけで、
爆発が目に入るから気になるということは、視界にそれを入れないようにすれば良いのでは‥♪

そうだ、これからは‥   「いっさい鏡を見ないことにします!」

‥って、さすがに大人として、周りの迷惑を考えない解決策には問題ありますよね‥(笑)

では、別の方法で(^^)
自宅で作業をしていた時は、気分転換に、毎日御香を焚いて、その揺らぐ煙とカオリに包まれるとホッとしていたものでした。
残念ながら現在の作業スペースでは、御香を焚くと、香りよりも煙たい煙たい。

というわけで、こちらには、アロマキャンドルを持ち込みました。

もともと趣味で集めていたものが結構あったので、カゴに入れて、部屋のあちこちに置いてみると、火をつけなくても心地よい自然な香り。
このかすかで、まったりとした香りが、私にとってはなんとも落ち着くのです。

香りの生理的・心理的効果について科学的に検証する試みを「アロマコロジー(芳香心理学)」と呼ぶそうです。

においをかぐと芳香物質がきゅう覚を刺激し、信号となって鼻から脳に伝わり、その過程で感情や気分を決める物質の分泌を促して効果が生じるといわれたり、
芳香物質に含まれる化学成分が鼻や肺から呼吸によって体内に吸収され、血液を通して脳に入り、効果を引き起こすといわれたり‥

いろんな説があるようです。

香りはお薬ではないので、効果もさまざま。
まぁ、自分が心地よくて、効果を感じる香りであれば、ウンチクは置いといてもOKってことですね。
ただ‥
「香りには好き嫌いがある」ので、集団の場では、自分の好みだけを通してはいけないというマナーは、とっても大切な気がします(^.^)

今は、ほんのりお気に入りの香りに包まれているおかげで、
洗面所の鏡で『大爆発!』が目に入ってもイライラせずに、『小爆発』程度に直すよう心がけることが出来ています‥ムナシイドリョクデハアルノデスケレド(笑)

うっとうしい梅雨のお天気が続きますが、
少しでもさわやかに過ごせるちょっとしたMYコツを見つけて、のりきっていけるといいですね(^^)♪
  



2009年6月11日
    MOTTAINAI 傘プロジェクト 


外がにぎやかです。

今日は、風が強くて、いろんなモノがあちこちに飛ばされているようで、前のアスファルトをバケツの転がる音やら店舗前のランチメニュー看板が倒れる音やら。

全国各地で、梅雨入り宣言が出されて、これからしばらくは、はっきりしない空模様が続きそうですね。

今朝、テレビのニュースで『MOTTAINAI 傘プロジェクト』のイベントが報じられていました。

日本は傘の年間推定消費量が約1億3000万本で、その大半がビニール傘だそうです。
そこで、このプロジェクトは傘を安易に消費しないため、マイ傘を広めるのがねらいとのこと。

梅雨という、いつ雨が降ってきてもおかしくない季節には、『MY傘』を取り入れやすいのではないかしらん(^^)

ちなみに、私の今のお気に入りは、
16本の骨組みでじゃのめ傘風の、通称(勝手に娘と二人で名づけたのですが) 『まっちゃ傘』と、
上の写真の 『あおぞら傘』。

今朝は、お仕事への気合も込めて(笑)、爽やかな『あおぞら傘』を手に、出勤してきました。

ただ‥
こんなにも風が強くなってくると、傘がまくれあがらないか心配。
帰る時間になって、このままの強風なら、雨が降っていても傘はささずに、

   徒歩3分、駆け足2分!ダッシュで1分半!!
                 ‥‥たぶん、ダッシュは10秒経たないうちにギブアップでしょうが(^^;)

で、帰ろうかなと思っています。

皆さんも、梅雨の季節、『MY傘』を楽しんでみられてはいかがでしょう‥♪
  



2009年6月7日
    「刺激」と「こだわり」 


十数年ぶりに、大河ドラマを第一回から欠かさず観ています。

きっかけは、 「今年の大河ドラマは、評判らしいよ〜」の娘の軽い一言。
「主人公は?」の質問に、「ナオエカネツグ」と言われたものの思い当たらず‥(-。-;)

そばに居た息子に「知ってる?」とふってみると、
予想に反して!、すらすらと時代背景やら人物像やらの答えがかってきて、感心するやら少々ばつが悪いやら‥
まぁ、冷静に考えてみると、大河ドラマの主人公になる人というのは、中学校の歴史のお勉強に登場する有名人でしょうし、いかに自分が『日本史』というジャンルに興味をもたずに過ごしてきたかということが、今更ながらに明らかになったまでのこと‥

で、息子のざっくりした話を聞いて「直江兼続」さんという人物に興味もわいてきて、また、 演じる俳優さん女優さんたちの顔ぶれにも期待がふくらみ、娘のミーハー的なお誘いからは、ほんの少しレベルの高い意識をもって観ることになったわけです(笑)

みはじめると、毎回、誰かしら主人公からみで、私でも多少なりとも生涯を知っているような、いわゆる小学校の社会のお勉強に出てくる超超有名な武将が登場してきて、そちらから時代の流れが見えてきたりもしています。

世の中には、今現在たくさんの人が住んでいて、過去から延べ人数で考えると、それはもう星の数より多くて、その中で自分が直接知り合える人というのは、ほんのほんのほんのごくごくわずかで、出会えなくても知ることができる人というのも、多少は増えたとしてもほんのほんの少しで‥

例の年代の近い美容師さんと昨日お話したのは、「刺激とこだわり」について。

われわれの微妙な(?)年代は、
経験値から「こだわり」が強くなり、少々の「刺激」では、響かなくなり、さらにその刺激も自分が受け入れる体制を整えている箇所へのそれは、比較的響きやすいのだけれど、
そこにまた「こだわり」が存在してしまって、自分が興味を持たない部分には、いくら強い刺激を与えられたり、その刺激が魅力的だと周りから勧められようとも心は動かない‥
かといって、刺激を受けずに平穏すぎる日々だと、まだ焦りもあったりする。

「刺激」というのは、人との出会いも含まれるよね‥

                                          と。

職業柄、自分は刺激を与える側なのだけれど、自分自身も年を重ねて同じ傾向になりつつあるのを自覚しているので、不精にならないように心がけている

                                          そうです。

そして、最後に「僕らはクリエーターじゃなく職人だから‥。提案はできたとしても、お客さんから依頼されたことを忠実に実現することが仕事でね‥」とつぶやいた後で、
「今日も楽しませてもらってありがとう!」の言葉と共に、お釣りを手渡してくれました。

帰りに自転車のペダルをの〜んびりこぎながら、思ったこと。

人と出会い知り合い、そして、仮にその刺激の場所が、興味を持っていないところだったとしても、そこはこだわりを捨てて、まず受けてみよう‥

その後で、その刺激を自分の中に落とし込むのか否か、
さらには、どういう自分なりのフィルターを通して落とし込むかは、経験や知識を信じて、決めていけばいい。
うん、まずは、大きくウエルカムの心持でいかなくちゃねっ♪

それにしても‥
こんなにも有名で魅力的な人物を、どうして知らなかったのかということは、別問題ですよね(^^;
これを機会に、本やらネットやらで、歴史に触れてみたいなと思っています(^^)



2009年6月4日
    見習わなきゃ 


新しい生活パターンになって、1ヶ月あまりが経ちました。

自分のペースでパソコンに向かっていた状況から、 決められた時間帯に作業を行うことに最初は戸惑いもあったのですが、ここにきてようやくペースがつかめてきました。
書類や本の持ち込みも終えて、足りないデータを慌てて自宅に取りに戻るということもほとんどなくなり、複数のパソコンの使い分けにも徐々に慣れつつあります。

そして、今回の変化で大きく影響を受けたSarryU^ェ^U も、今のところ順応してくれているようで一安心。

生まれてからずっ〜と、のんびり気ままに部屋をうろうろして、 私が自宅でパソコンに向かうようになってからは、机の下の私の足元が彼女の日中の定位置でした。
そんな生活から一変、、毎日一人ぼっちで長時間ゲージの中で過ごすことになるのは、間違いなく大きなストレスを感じるだろうと気がかりだったのです。

できるだけお昼には戻ってくるように心がけているものの、毎日というわけにはいきません。

それでも、体調を崩すことなく、いつもの明るいSarry。
ダダをこねません。すねません。暴れません。嘆きません。
環境の変化に対応できてて、ほんとにエライなぁ‥って思います。

LOVE♪Sarry

それにひきかえ‥‥。

その事柄というのは、仕事というカテゴリーの中では、普通にある「変化」の一つなのでしょうが、
自分がそれを決めなくてはならないというのは初めての経験で、なかなか気持ちを切り替えられないところに、さらにそういう事柄が複数重なり、
こういうこと今後もやっていけるのだろうか‥自分には向いていないかもしれない‥と考え込んでしまったというワケです。

そんな心境の時に、新しい環境になっても変わることなく、無邪気に甘えてくるSarryを見ていて、見習わなきゃ‥と。

それに、仕事を通じての喜びも楽しみも、日々感じさせてもらっているし、
さらに、私のツボを心得ている友人からのタイムリーな一言のおかげもあって、
「まだまだ未熟な部分は、これからもお仕事に育ててもらおう」と、今は思えるようになりました(^^)

Sarryのように、すんなり全てを受け入れて順応することは難しいけれど、
大切なものを見失わない気持ちを芯に据えつつ、変化に対応できていくしなやかさと強さをもつ大人になっていけますように‥♪



2009年5月19日
    ちょっとしたお話 


待ち合わせをしている友達から「ごめん、ちょっと遅れる〜!」のメールが入りました。

休日の待ち合わせは、彼女の3歳になる娘ちゃんも一緒です。
子連れのお出かけは、予定通りに出発できることの方が少ないのは経験上承知のうえなので、通常なら時間を気にせずに待ち合わせる場所を選ぶのですが、この日待ち合わせたのは、土日のランチとなると予約は必須の人気のレストラン。

通常の来店で順番を待っている他のお客さまがおそらくいらっしゃるであろう手前、予約の時間に空席というのはまずいかな‥ということで、私は先に行って席で待つことにしました。

酒蔵を改造された店内は、白壁に天井高くめぐらされた梁がそのままで、磨かれた木の床に重厚な木のテーブル。そして、かわいらしい和柄のお座布団。

注文は揃ってから‥とお店の方に伝えていたら、
「お連れさまが来られるまでどうぞ‥」と、熱々のほうじ茶を持ってきてくださいました。
趣きあるまったりした空間に香り豊かなほうじ茶で、もうシアワセ気分♪
この段階になると、ほとんど「時間待ち」をしている状況を忘れてしまっています‥(笑)

で、ここで取り出すのは、愛用している手帳です。
この手帳には、毎日のスケジュールページの下に、ちょっとしたお話が書かれてあるのです。

ほんの数行で完結なので、起承転結のある物語というわけではありませんし、
標語や詩のような、短い言葉で感動に訴えてくるような内容でもありません。
知ってためになる情報でもなければ、やる気を出させてくれるような励ましの言葉でもありません。
普通のどこにでもあるような「ちょっとしたお話」なのです。

ちょうど、この「待ち合わせ」のように、
人を待っているはずの時間がいつのまにか自分が楽しむ時間になっているように、
書かれてある内容から何をどう感じ取るか、読みたい人がきめたらいい‥という、そんなお話です。
なにせ、もともと、書き込むための手帳なので、
コレは読んでも読まなくてもお好みで‥というくらいのさり気なさで記されているのですから。

       でもね‥
       私にとっては、か〜なり大切だったりするのです。
       こういう、あいまいな時間やちょっとしたお話。
       そして、これからも‥
       そういう、一見あってもなくても自分次第のようなことを、
       自分なりに楽しめる大人でいれたらいいな‥と思ったりするのです(^^)

追記: 
ほうじ茶で満足かと思ったけれど、いえいえ、お料理をいただいて、さらにシアワセ度アップでした♪
そしてデザートは、酒蔵ならではの「こうじアイス」。
娘ちゃんは、「こうじアイス」のことを「アイス注文して」とは言わないで、
「こうじ注文して♪」と言います。
さすが蔵元の娘ちゃんです(^^)



兵庫県加西市 ふく蔵

   追伸:新型インフルエンザの影響で加古川でもマスクを着用している方が多くなっています。
       皆さんも、手洗い、うがいにお気をつけくださいね。



2009年5月1日
    二度おいしい♪ 


とある歌手さんのコンサートに行くことになりました。

といっても、私ではなく、近くに住んでいながらなかなか顔も出せていない両親へのささやかなサプライズにしようと、チケットを予約したというお話しです。

そのありがたいきっかけをくれたのは、一本の電話でした。

携帯電話を持つようになって、家電話というのはセールス系のものが多いので、「もしもし‥」の声は落ち着きめのトーンになってしまいがち。
この日も出だしは同様で、ヘンな間合いから始まりました。

2度目の「○○ですけれど‥」と、受話器の向こうの声が言いかけた時に、

       「‥! えっ?! もしかして○○ちゃん?」

  「そうよ〜♪なに、よそゆきの声だしとん(笑)」

       「ええっ〜メチャ久しぶりやん♪元気ぃ〜?」

彼女は、中高と通学を共にしたお友達で、いわゆる『テスト勉強』の名目で、お互いのお家に泊まり合い、「いろいろな♪」お話を飽きることなくおしゃべりしていたという、間柄。
それぞれ就職をして、家庭をもって、子育てをして、その間も看護士としてフルタイムで働き続けてきた彼女からの年賀状は、いつもとても忙しそうで、連絡をとりあうこともないままずいぶんと長い月日がたっていました。

この日連絡をくれたのは、
とある歌手のコンサートが近くで開催されるというポスターを目にした時に、ずっと昔に私の父がこの歌手さんのファンだと話した事を思い出してくれて
そして、長年走り続けてきた人生を、ある事情でほんの少しペースダウンしなくてはならないという状況になった時に、な〜んとなく声が聞きたくなったと‥

受話器の向こうから聞こえてくる彼女の声は、大人っぽくなっていたけれど(笑)、穏やかで優しい口調は昔のまま。
あの頃と違って、小言を言われないのをいいコトに、1時間近くも長電話をしてしまいました(^^;)

実は、もう一つ、懐かしい場へのお誘いの手紙が届いています。
こちらは、勤めていた職場の同窓会。
皆さんのイメージの中では、私は「新卒の元気印!」のままだと思われるので、○十年たってのこの風貌で出現してよいものかどうか、悩むところではありますが‥(笑)

年を重ねるというのは、
昔、繋がっていた人達と、現在の自分として、あらためて出会うことができるとすれば、
    「ニ度おいしい♪」

でも‥
もし、「昔」にこだわり過ぎたまま会うなら、ちょっと違ってくるかもしれない‥。

電話の彼女とは、ゴールデンウィークが明けて、彼女が復職する前に会うことになりました♪
お互いの「昔」から「今」をいっぱい話してきたいと思っています(^^)

そして、職場の同窓会では‥
上司をはじめ、先輩の皆さん方の『イメージ』を、ド〜ンと崩せたら大成功〜☆です(笑)

 
>>>Topページへ