Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ


2009年8月30日
    私の中の最終章 


公開初日の映画館というのは、独特の静かなにぎわい?が館内に広がっているものなのですね。

人生初の公開初日での映画鑑賞。
いつものレイトショーでは、お客さんもまばらなのに、この日は3階の大ホールにもかかわらず満席でした。その雰囲気だけでも、すでにワクワク♪

さらに、この映画においては、コミックのリメイク版であるにもかかわらず、ラストシーンがとても気になる‥

というのは、全21巻と上下巻をあわせて23巻を、念入りに2度読み直して、
さらに息子に説明を聞いたにもかかわらず、どうにもすっきりしていなかったのです。

この状況は、理解力不足の私だけかと思っていたら、そうでもなかったようで‥
映画が終了して、1階に降りるエレベーターの中では、大学生くらいの人たちの「結局アレって‥でもそうなると‥」の会話が聞こえてきたところをみると、案外みんな私と同じだったのかも‥(笑)

このお話の中心にもなっている小学生時代の日常の出来事。

20世紀少年公式サイト ダウンロード用画像

コミックで読んだ時よりも、心のチクチク度が高かったのは、どうしてかなぁ‥
音と動く映像で、心の奥深くにしまいこまれていた遠い遠い何かの記憶や感情が、呼び起こされたのかもしれませんね‥。

娘にソレを話すと、心理学の授業で聞いたというある話を聞かせてくれました。
その話によると、
大人たちは、子ども時代に自分がしたことを忘れることができているから、日々の社会生活が送れているということになりそうです。

コミックの結末を説明してくれてた京都の息子に、メールで映画鑑賞の報告をしたところ「原作と同じラスト?」の質問メールが届きました。
「う〜ん、答えるのは難しい‥」
なぜって、実のところ、コミックの結末を未だに理解できていなかったりするわけで‥
というわけで、昨夜、また1巻から読み直し始めています(^^;

それにしても、
一つの物語でこんなに何度も楽しませ考えさえてくれるなんて、浦沢直樹さんスゴイです(^^)♪



2009年8月28日
    自分力 


午後からクーラーのスイッチを落として窓を開けています。

心地よい自然風に、ちょっぴり眠気が‥(^^;
昨年は、お盆が済んでから、2度目の真夏がやってきたような暑さだったと記憶しているのですが、今年は秋の訪れが早そうですね。

さてさて‥
先週末に、とある専門の先生のお話を聞く機会がありましたので、その内容から。

いわゆる「かわいい子には旅をさせよ」的なことではあったのですが、
家族であっても社会であっても、大人であっても子どもであっても、基本は全て「自分」にある‥というような精神部分のお話。

身近であればあるほど、その人を大切に思えば思うほど、
その人が心地よい状態に居てほしいと思うから、
不自由な思いや危険にさらすことのないように、
その人の本来持つ力に自分の力を常に加えてしまう

常に心地の良い状態に置いてあげてしまうと、その人が自分力でその状態が保てているのか、それとも周りの援助があってその状態になっているのか、本人も周りの人もわからなくなってしまう‥

「別にわからなくてもいいじゃない‥助け合えばいいのだから。」

それは、ちょっと違うのだと。

一般的な状況では、大人であれ子どもであれ、自分の人生の主導権は、自分で握るべきで
だからこそ、自分力がどうなのかを知ることは、とても大切で、
『自分力』が足りない部分を、自分で補うべく努力をするのか、それとも外に援助を求めなくてはならないのか、その選択をするのは、本来自分であるべきで、

もし、その選択ができない『自分力』になっているというのなら、どのあたりが判断できなくなっていて、それは本人が自分力を回復することをのぞめるのか、それとも周りの者が補うという選択をすることなのか‥

大切なのは、『自分力』を土台に『家族力』があって、その基礎から『社会力』へと広がっていくということで、全ては、自分力を明確にすることから始まるのだと‥。
フィルターにかかっていたものをはっきりと見えるようにするというのは、何かとしんどい作業だったりするけれど、周りにいる者として乗り越えなくてはならない事柄のうちのひとつである。と。

う〜ん、やっぱり、専門家の方のようにうまく話せない‥

身近な人だからこそ、その人の自分力を知っておく必要があって、そのうえでその人の自分力を信じつつ同時に周りの者として何を補うのかを考えなくてはならない‥ということをおっしゃったのかなと思っています。

そして、私なりに、もうひとつ全く別の視点から。
時には、自分で自分の『自分力』を信じてあげることも必要かなと。
スーパーマンでないことは、充分わかっているもの‥(笑)
そしたら、
どんな事態になっても、ひらきなおりではない「何とかなるさ〜」の心持ちになれるのかもしれないな‥と思ったりするのです。

                  本日は、いつにも増して、ワケノワカラナイお話、あしからず‥(^^)



2009年8月18日
    腕立て伏せ10回と腕ずもう 


先週は、ここ数年にしては珍しく、1週間という単位で子ども達が全員揃いました。

真ん中の息子が、明日京都に戻るという土曜の夜。
筋肉を鍛えることにはまっている(?)彼に頼まれて、腕立て伏せの時に背中に座ることになりました。

椅子に腰をかけるように横向きに座ってくれというので、そのように‥(^.^)
いつも友達に背中を押さえてもらっているとのことで、
彼のイメージでは、私を乗せて軽々と腕立て伏せをして見せるはずだったらしいのですが、
彼の想像以上に私が負荷になったのか、か〜なり辛そうで、○回でダウン(笑)

「いやいや、こんなはずじゃない」
と、もう一回座ってくれというので、ここは母心。
座りながらもできるだけ身体の重みをかけないように背筋をのばして頭を天井の方へ‥って、
そんなことをしても数グラムもかわるはずもなく、彼の腕には、先ほどの疲労も残っていたのか、さらに回数がマイナスに。

「あかん、まだまだや‥」
と、軽いショックを受けつつもさらに鍛えることに目覚めた様子でした。

‥で、そのあと、
「腕立て伏せできない女の人多いらしいで‥」
という彼の発言を聞いて、いにしえのスポーツ少女時代のままの脳内イメージをもっている私は、「そんなことないわ〜女の人でも30回程度はできるよ♪」

  −−−なんて、とんでもない!!!

たったの1回目でそのしんどさに驚き、
30回と口にしたからには、こんなところでへばるわけにもいかずの5回目、
もはや腕はぷるぷるきている状況で、息子の視線を受けてズルすることもできずに7回目、
きりのいい数字「10」を目指してなんとかかんとか踏ん張りました。

「やるやん〜!その年齢でそれだけできたら上出来や!」
と、彼に褒められて、喜ぶ母。
そして、そう言う彼もなんとなくうれしそう(^.^)

この腕立て伏せで母を見直してくれたのか、、
今度は手首を鍛えるために、腕相撲ではテーブルすれすれの所でもちこたえるので思いっきり負荷をかけてほしいと頼まれました。
息子と腕相撲は、私が勝っていた、おそらく小学生の時以来‥。
あんまりテーブルに付かないものだから、最後は両手で体重をかけてさしあげました(^.^)

週があけて、右腕の付け根の軽い筋肉痛に、
あれは、やっぱり普段全く音信普通の息子なりの母への気遣い‥??
いいえ、彼の筋トレに付き合わされたんだと‥(^^)

まぁ、それは置いといて、
巣立っていく子ども達の母として、子ども達にしてあげられることの一つに、「腕立て伏せを10回できる母」であり続けるということも含まれそうですね‥(笑)
家族も年を重ねていくと、親も子も役割が変化していくということのようです。

それにしても腕立て伏せって、こんなにしんどかったかしら?
ちょっとショックだったりしたので、私も筋トレ始めてみようかな‥と思ったりしています(^^)



2009年7月31日
    見ているのに見えていない 


気象庁さん、今日、関西地方の梅雨明け宣言を行わなくてはタイミングを逃してしまうのではないかと、余計なことが気になっています(笑)

先日、大阪でとある集まりがあって、講演を聴く機会がありました。
講演のテーマというのは、自分がその時に心の中に持っている事柄に響くものであれば、一言でも有益な情報にもなりますし、
逆にいくら素晴らしいお話でも、自分が興味をもっていない分野のものだと、退屈な時間になってしまいます。

私の好みの(?)講演は、「当たり前の事から気づかせてくれる」内容のもの。
う〜ん、うまく言えないのですが、
目新しい情報を提供してくれるものではなく、日ごろ当たり前のように行っていることや感じている事柄の裏側にある、普段は自分では掘り起こさない部分を見つめる『きっかけ』を与えてくれるようなもの‥

そういう意味では、この日の講演は、とても私好みでした(^^)

この場で詳細な内容をご紹介するのは、難しいですが、
私流の言葉に変えて、ほんの少し。

見ているものを見えるように心がけると、そこに疑問が生まれて、その疑問を解決したいという好奇心が生まれて、その疑問が解決をすれば、別の事柄も見えてくる。

「見えているものを見えるようにする」
今まで「目で見るだけでなく、心の瞳で見よう」ということは、大切に考えてはきたけれど、
今回のお話は、ちょっと異なる視点から。

正確に言うなら、「何気なく目にしているモノは、何百回目にしていても見えていない」ということです。
一つだけなら、ご紹介しても大丈夫かな‥
例えば、街角にあるコンビニの看板。
毎日目にしない日はないくらいの「7」の入ったあるお店のロゴマーク。
このロゴの中に組み込まれている「ELEVEN」の文字の最後の一文字だけ小文字の「n」になっているというのは、この日の講演で初めて知りました。
あの看板を目にして「あのコンビニ」と認識しているのに、そんなこと全く気づかなかった‥
「興味を持って見ていないから」というのは、自分への言い訳。
だって、このお話を聞いたあとは、看板の小文字の「n」がしっかり「見える」もの。

つまり、世の中のあらゆることにおいて、
目にしているだけのこと、耳にしているだけのこと、とてもたくさんあるのじゃないかしら。

そして、人が表しているさりげない「こだわり」を見つけ感じる力をつけることができるようになって
そこに、素直な好奇心を持つことができるようになっていったら、
次は、自分がその「おもしろさ」、そしてこの日の講演テーマの一つであった「細やかなサービス」をクリエイトすることができるようになっていくかもしれないな‥と思うのです。

うん、あらゆることにそのアンテナをたてるとなると、この世はかなり刺激的!
電車に乗っても歩いていても、車を運転してても(←コレは危険なのでほどほどにですけれど(^^;) 毎日わくわくの発見の連続ですね。

やれやれ‥
これでまた長年の憧れ、「落ち着いた大人」への道のりに、大きな寄り道をすることになるのかなぁ〜(^.^)



2009年7月7日
    人が大好き♪ 


久しぶりに「サリーちゃんママ♪」と声をかけられました。

振り返ると、 わんぱくSarry時代に、公園で何度かお話をしたことのある、ミニチュアダックスフンドのお母さん。
5年ぶりくらいでしょうか‥
よっぽどSarryのやんちゃぶりが印象深かったようで、しっかり名前まで‥(^^;)

Sarryが幼い頃は、
パワフルなエネルギーを発散させてあげるために、
中型の大きさに成長するにつれて力も強くなるので、連れて行った先々で人に迷惑をかけないようきちんとしつけるために、 毎夕1時間ほどを近所の公園で散歩と訓練に費やしていました。

ラブラドールは、一歳頃までは、お仕事中の盲導犬の落ち着いたたたずまいからは想像できないやんちゃぶり。

あの頃を思い出すと‥

少しは大人になったかな?2階から降りてくるのをいつもこの場所でしっぽフリフリ待ってるSarry♪

玄関に並ぶ靴は、ぜ〜んぶ『Sarryの歯形付き』。
テーブルの足4本のうち、1本だけを連日ガリガリ。
飲み水を入れるステンレスのボールに前足を交互に入れて、お部屋の中で水遊び!
どんな犬にもしつこくじゃれて、一声吠えられてシュンたろう。

訓練といえば、お散歩仲間の方々からいろいろなアドバイスもいただいて、 手製の超ロングリードとボールを使って、来る日も来る日も「待て」の練習。

幸いSarryのお気楽な性格もあって、訓練合宿に行くことなく、そこそこのマナーは身につけることができ、以後キャンプやら川遊びやら一緒に楽しい時を過ごして、今に至ります。

‥で、今朝声をかけてくれた方の横には、
あの頃のミニチュアダックスフンドではなく、
Sarryよりふたまわりも大柄ながら、顔つきは、まだまだ子どものラブラドール。
お話をうかがうと、 当時のミニチャダックスフンドはすでに亡くなって、今は盲導犬の繁殖ウォーカーをされているとのこと。

盲導犬候補生の犬を1歳まで預かるボランティアのパピーウォーカーは知っていたけれど、
盲導犬の繁殖犬として預かる繁殖ウォーカー(繁殖ボランティア)というのは、初めて知りました。
預かるにあたって特に決まりごとはないらしく、室内で一緒にいることと、お散歩をきちんとして、のびやかに育ててあげることくらいだそうで、
盲導犬になれるかどうかは全て血統で決まるため、盲導犬候補生から盲導犬にならなかった子達が繁殖犬として、血統を守っていくのだそうです。

しばらくお話をしてお別れしたあと、Sarryと散歩しながら、あれやこれ‥

数年前、京都盲導犬協会に見学に行った際に
「盲導犬の隣には、必ず視覚障害者がいるということを知っておいていただきたい。」
と、講演をされた視覚障害者の方がおっしゃった一言が、心に響いたことを思い出しました。

盲導犬については、いろいろな見方や考え方、そして意見があるようです‥

私は、Sarryと一緒に暮らすことができて、とても幸せ。
Sarryには、長時間の狭いゲージでのお留守番や、短い時間しかお散歩にいけない日が多いこと、ガマンをしてもらっていることはいっぱいあるけれど、きっと同じように幸せでいてくれていると信じています。

なぜなら‥
「人が大好き♪」のラブラドールの気持ちを、そばに居る人が大切にうけとめることができていれば、
盲導犬として厳しいお仕事をしているラブも、Sarryのような普通のラブも、
きっとみ〜んなシアワセな日々なのだと、私は思うから‥(^^)

           Sarry、今日もいっぱいボール遊びしようねっ♪



2009年6月26日
    届いたぁ〜♪ 


注文してから約1ヶ月あまり、思いのほか長くかかりました。

海外通販は、過去にもトールペイントの絵の具やデザイン集、ベッドカバーや子ども服など購入したことはあったのですが、利用していたのはいずれもカタログ通販。
パソコンの画面上だけで決済までを完了する、海外サイトのネットショッピングは今回が初めての経験でした。

カタログの場合は、海外のお店さんとは言え、その印刷物を発行している販売店さんを、ある意味手の中に『実感』できるのですが、
ネットの場合は、今見ている画面が1時間後にはなくなっている‥な〜んてコワイことも想像できてしまうわけで‥(・・;)
さらに、目に映る文字は、ぜんぶ英語という高い壁。

この度の海外デビューは、最終確認画面で何度か引き返して、
最後は、「えいっ!」って感じでお買物ボタンを押しました(笑)

‥で、そんなにがんばって?何を注文したかといいますと、

事務所のデスクに並んだイギリス生まれのパジャマ♪

オーガニックコットンで作られている特殊なデザインの子ども用パジャマ。
お肌がちょっと敏感めなお子さんのお父さんからのご要望で、このデザインのパジャマを試作することになり、海外でしか販売されていないため、参考に取り寄せることになったのです。

今回、到着までにこんなに時間がかかったのは、おそらく‥たぶん‥
注文の際に、よくわからないまま(!)船便を選択していたから。
まぁ、とりあえずは、無事に到着してよかったよかった!ということで(笑)

そして、今回のお買物には、ちょっとしたオマケ♪がついて来た。
はるかイギリスの港から船に揺られて手元に到着するまでの1ヶ月余り。
「まだかな‥」 「そろそろかな‥」 「いつ着くんだろ‥」
の気持ちが、結構楽しかったということ。

今の時代、電話もメールも携帯電話で、常にリアルタイムのコンタクト。
お店は24時間営業で、ほしいものはいつでも買いに行ける。
思った時になんでもすぐに、できる‥できてしまう‥でき過ぎてしまっているような‥。
私自身もずっとネットの中をうろうろしていると、日本はもとより、地球の裏側でさえもワンクリックで飛んでいけるような錯覚をもってしまいそうな時もあったりする。

本当は、
隣町でも歩いて行けばそこそこ遠くて、日本は結構広くて、地球の裏側はめちゃくちゃ遠くて、
その道中にはいろんな景色や空気があって、たくさんの出会いがあって、ちょっとした発見もあって‥

そんな時間を楽しむ気持ち、少し薄れ掛けていたかもしれない今日この頃。
「便利」の言葉の裏に隠れてしまいがちなコト。
今回のオマケ♪は、それを思い出させてくれるメッセージだったのかもしれないな‥(^^)
                                          船便でよかったぁ〜!(笑)


   追伸:デリケートなお肌用のパジャマとなると、気を配らないといけない項目がたくさん。
       今は、慎重に生地選びのところからスタートしています。
       ご要望に応えられるアイテムに仕上がるよう、丁寧に進めていきたいと思ってます。
       いつか、大人も子どももみ〜んなに、
       もちはだのふわふわを、安心して体感してもらえる日が来ますように♪

 
>>>Topページへ