Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 Hai♪もちママは、もちはだの管理人のブログです。 もちはだサイト管理人が日頃思うことを綴ってます。ホット一息入れてくださいね〜♪
もちはだ本店のお買物はこちらから♪
Twitterフォローお気軽に♪

★ 最新号 TOP ★

・・・2015年・・・
1・2月 3・4月
5・6月    

・・・2014年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2013年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2012年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

植村直己冒険館で
「もちはだ」発見!


・・・2011年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2010年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2009年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2008年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2007年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2006年・・・
1・2月 3・4月
5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2005年・・・
1・2月 3〜5月
6・7月 8・9月
10〜12月

・・・2004年・・・
1・2月 3・4月
5〜7月 8・9月
10〜12月

・・・2003年・・・
1・2月 3〜5月
6〜7月 8〜9月
9月&上海北京大移動
11〜12月

・・・2002年・・・
 1月 2月 3月
4月 5・6月 7・8月
9・10月 11・12月

・・・2001年・・・
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・・・2000年・・・
10・12月

もちママ紹介こちら♪

もちママへ


見た目まるで素足♪TVで紹介されて大人気の5本指ストッキング

いろんなストッキングをご紹介。用途に合わせてお選びください。


もちはだサイトご案内

 + 商品紹介・お買物
 + 新着情報
 + 上海NOW!
 + オーダーメイド
 + Webモニター結果
 + パンフ申込
 + よくある質問Q&A
 + 全国もちはだ取扱店
 + スタッフのブログ
 + お便り広場
 + マスコミ掲載
 + 杉原敏一プロ情報
 + 会社案内
 + 会社沿革
 + 代表挨拶
 + 法人様(BtoB)サイト



+ お友だち +

ブログもお店もハートフル
 ・ 居酒屋 たこしげ
夢前の気候風土に任せて
 ・ 雪彦山 壺坂酒造


もちはだスタッフのセレクト商品をご紹介!

もちはだから美容と健康に冷やさないご提案【ワシオ株式会社】

もちはだキッズ♪ あったかルームベスト新登場【ワシオ株式会社】

もちはだ3671(さむない)アウターシリーズ【ワシオ株式会社】

もちはだネットショップ

Topページへ


  
2010年10月28日
    おおぞら保育園♪ 


一気に冬がやってきたーーー!!

前日まで、サリーU^ェ^U のお散歩はロンT一枚だったのに。
一夜明けて、裏ボアのモッズコートを引っ張り出してきてしまいました‥(笑)

今日のお昼のこと。
正午の締切時間を過ぎてしまって、焦りまくりの作業をなんとか終えて片付けていると、
ついたての向こうから聞き覚えのある声が‥。
ほぼ確信をもって顔を出すと、やっぱり〜!子ども達の保育園時代のママ友さんでした。
あまりに懐かしくて、うれしくて、お腹ペコペコだったのも忘れて、オバサントーク炸裂!
事務所の傍らだというのに‥大変失礼いたしました(^^;

おおぞら保育園
上記写真は、おおぞら保育園紹介ページより

子ども達の通っていた保育園の園長先生は、それはパワフルな方でした。
子育てに悩む母親達の「母育て」も一手に引き受けてくださってたような(笑)
保護者会役員をしていた時は、子ども達のおやつ作りを手伝いながら、ずいぶんといろんなお話を聞かせていただいたものです。

ウチの子ども達は小中高と山の中で(!)育ちましたが、その基本はココだったと言っています。
食という部分では、「命をいただいている」ということも小さいながらに受け止めるような出来事もありました。
毎日どろんこになって、ちっちゃなすり傷も作りながら、身体も心もまるごと受け止めてくださる先生に囲まれて、ホントに楽しい日々だったと思います。

今は、出勤時に、ボディ全体に園の子ども達がお絵かきをした送迎バスとすれ違うたび、
園長先生の「子育ては忍耐よ。」のお言葉を思い出します。

手のかかる子育ては終わったけれど、母はこれからもずっと母。
おおぞら保育園に出会えて、本当によかった♪
園長先生、これからもたくさんの子どもとお母さんを元気にしてあげてくださいね(^^)



Twitterでもちママへつぶやく  
  

2010年10月24日
    「ここに来ることを選んでくれてありがとう」 


すっかりご無沙汰をしてしまいました‥m(__)m

普段、「便りのないのは元気な証拠♪」というお互いさまのともだちが、ひそかにこのコーナーで私の動きを見守ってくれていたようで、
さすがに1ヶ月も更新していないのを気にかけて連絡してくれました(^^;

確かに、このコーナーで1ヶ月あいたのは、最長記録です‥。
10年めにして、新記録達成!!??
な〜んて、気にかけてくださっていた皆さま、ごめんなさい。
私は、いたって元気に、変わらずぼちぼちやっておりますデス(笑)

毎年、シーズンインのこの時期は、一気にあれやこれやと押し寄せてきて、
マイペースな私の脳は、かなりオーバーヒート状態になるのですが、
今年は、さらに、ソレもコレも加わったりなんかして、
自分であきれてしまうくらい、「脳力」が落ちてしまって、
周りの人たちにも迷惑をかけてしまったりで、さらに「気力」に響いてきて、
そんな時は、目の前の事柄を冷静にひとつずつこなしていかなくては‥と自分に言い聞かせていたら、
甘えられるこの場所が、こういうことになってしまったという‥
ホント、まだまだ未熟もんです(^^;

こんなタイミングに、B'zの稲葉さんのソロライブの日になりました。
広島の会場だったので、片道約2時間半かかります。
この状況で、実のところ、ちょっと躊躇しかけたところもあったのですが、お言葉に甘えて行かせてもらうことに。

‥で、
全てがすごかった♪

歌も演奏も演出も何もかも。

音楽のパワーで、2万人の人たちを元気にできる‥
ただただ、すごいなぁと。

今回は、肉眼で表情が見えるくらいの距離だったので、 ステージの上で、汗だくになって、
身体から心からしぼりだすような歌を何曲もぶっ通しで歌い続ける‥
世代的にも近い彼のその姿に、なぜか涙が出てきてしまいました。
これが、いわゆる「感動☆」ってものなのでしょうね。

「こんなライブを続けていて、空っぽになってしまわないのかな‥」

まぁ、私レベルで考えては、失礼すぎる話なのですけれど(笑)

でも、ステージの彼は、
「皆さんからいただいたパワーで、自分達のエネルギーを充電させてもらって、さらに気持ちよく歌い、演奏をさせてもらうことができました!」と。

そして、ステージの最初と最後に
「大切な土曜の夜の時間に、ここに来ることを選んでくれてありがとう」と。

うん、さすがです‥(^^)

今のこのタイミングに、彼のこのコンサートに触れることができて、本当によかった♪

気持ちにゆとりがなくなりかけている時にこそ、
いろんな人と話をして、いろんな事に触れて、いろんな世界を見ることが大切ですね‥
しっかり充電させてもらった彼のエネルギーを生かしていきたいと思います(^^)

‥でもって、ひとつ、おまけの話。
ソロの見せ場もあった、素晴らしいギター演奏をする男の子。
年齢は、19歳。
最初に金髪のロングヘアを見たときから、BECKのエディとだぶってしまいました。
帰り際、隣にいた娘が「映画のエディよりエディやったな♪」と言ってきたので、
たぶんBECKをご存知の方は、皆さんそんな風に思われたのではないかと思ったのでした。



Twitterでもちママへつぶやく  
  
2010年9月22日
    育てる 


Twitterで出会った一文が、心に残っています。

それは、ある国の子育て時の声がけ。
‥と、その前に。
日本では、「人に迷惑をかけてはいけません。」と子どもに教えます。
それに対してその国では‥ということで、
  「あなたも人に迷惑をかけて生きていくのだから、人の迷惑を許せる人になりなさい。」
なのだそうです。

子育てにおいて、公共のマナーを守るよう子ども達に話す時、
大声ではしゃがない、あばれない、ちゃんと列に並ぶなどなど‥
「人に迷惑をかけてはいけません。」を何度も口にしました。
大きくなった今では、さすがに「はしゃがない」は、ないですが(笑)、ひきつづき社会人としてのマナーを伝えることは、大切だと思っています。

‥が、妙にその国の声がけが、心に響くのはナゼ?

考えてみるに、この二つの文章にある「迷惑」の意味が異なることに気がつきました。
この国でも、「列に横入りする人を許してあげられる人になりなさい」なんてことではないと思うのです。

人はそれぞれ違うわけだから、当然「迷惑だ」と感じることもさまざま。
ここで言っているのは、ルール違反の迷惑行為ではなくて、
「人それぞれの好み、思い、考え、行動」ということではないかしら‥。

みんな同じ色が好きとも限らない。
みんな同じ感想をもっているとも限らない。
みんな同じ考え方で行動するとも限らない。

自分と異なる世の中のモノ全てを、排除したり否定したりすることなどできるはずもなく‥
また、逆も然り。
自分がしてしまっている事を必要以上にふり返らないといけないのも、かなりしんどい‥

で、この違いを「認める(=許す)」と考えるられる人になりましょう〜ってことではないかなと。

大人社会では、これをストレスなしでできるようになってると、
いろんな場面で、空間で、ずいぶんとラクに息ができるような気がします(^.^)

というわけで、遅ればせながら、
異国のお母さんの声がけを真似て、自分育てにチャレンジ!‥なんて、思ったりしています(^^)


              ◆本店10周年企画ページ開設のお知らせ◆

おかげさまで、本店10歳のお誕生日♪

10月5日に本店が10歳のお誕生日を迎えます。
初回は「ごあいさつ」左の写真から。
ぼちぼち更新してまいりますので、どうぞお立ち寄りくださいね。



Twitterでもちママへつぶやく  

  
2010年9月8日
    明石更新センターの電話番号は‥ 


免許の更新をしてきました!‥と言えるはずでした。

あとまわしにしないでおこうと心に決めたのに、強力な「あとまわし虫」にやられてしまい、更新期限まであと数日というところになってしまっています。

あさって金曜日には、本店10周年記念のコラボ企画について、
東京から来られる先方の広報担当の方と具体的に打ち合わせをすることになっているので、
おそらくこの土日も含めて作業が詰まってくるだろうことを予想すると、もはや今日明日しか時間をつくれそうになく‥
今朝のちょっとしたトラブルに、またまたあとまわし虫がうずうずしたものの、
ここはスタッフたちに託して、手続きに出かけることにしました。

この地域の即日交付してもらえる手続き場所は、「明石更新センター」です。

お知らせハガキに書かれている電話番号をカーナビで検索して「目的地設定」をしたところ
到着予想時間は、受付時間終了の15分前、14:45と表示されました。
お知らせハガキには、「午後は比較的空いております」と書いてあるし、ネットで見ると、「受付終了時間近くが待たなくていい」という情報もあったしで、
このぎりぎり気味の状況にも、ラッキー気分半分で出発しました。

‥‥が。

阪神高速の玉津ICを降りてから、カーナビの案内が、な〜んかおかしい。
たしか、ICから山を少し降りた場所のはずなのに、カーナビはずーぅっと坂を下って海方向へと案内する‥。
「?」と思いながらもだんだん交通量が多くなり車線も増えて、横道にそれる勇気もなく、
どう考えてもおかしいと確信できたたのは、「JR明石駅前」の表示を見たとき。

そのとき、時計は、すでに14時48分をさしていました。

「たこフェリー」乗り場の広い駐車場にクルマをとめて、
ハガキに書いてある番号(カーナビ検索した番号)に電話をかけたら、担当の方がこうおっしゃいました。

       「あ〜、この番号では、カーナビによって違う場所に案内するらしいんです。
        以前から、何件か問合せいただいてて‥。
        いや、申し訳ないけど、うん、そこからやと、10分ちょっとかかってしまいますねぇ‥
        私としては受け付けてあげたいんやけど、
        講習の時間が決まってるから、3時で受付は終了させてもらってるんです。
        いやぁ〜すみませんけど、また、出直してもらえますか‥
        それと、更新センターの別の番号を今から言いますので、今後はそちらで
        お願いできますか‥その番号なら、どのナビでもココを表示するみたいです。
        じゃあ、期日までになんとか来てください。よろしくお願いします。」

ということで、
明石更新センターをカーナビで検索する時の電話番号をここにお知らせいたします。
ハガキに書かれている番号ではなく、078-912-1628です。

でもって、まっこと申し訳ないのですが、
明日の午後、再度更新センターに行かせていただきます‥



Twitterでもちママへつぶやく  
  
2010年9月1日
    ノース2号さん 


つい先日、コミック「PLUTO(プルートウ)」を借りて一気に読みました。

浦沢直樹さん作、手塚治虫さん原作ということもあってか、「母も読んどいたほうがいいで♪」と子ども達に勧められて‥。

内容は、ロボットと人間の共存や地球の平和をテーマにしたSFコミック。
う〜ん、ちょっと説明しようにも慎重になってしまうほどメッセージ性が強く、作者の世界観をもってして細かなところまで仕掛けがあり、そしてかなりスケールが大きい。

手塚治虫さんの息子である手塚眞さんが作品のリメイクを了承した席で、浦沢直樹さんに、単なるオマージュ作品ではなく「浦沢作品」としてこの作品を描くことを要望されたそうで、
あの「アトム」も「ウランちゃん」も登場しますが、あくまでも浦沢直樹さんのキャラクターとして描かれています。

全8巻。
一気に読んだあとは、「ふー」っとため息が出て、しばらくぼーっとしてしまいました。
娯楽という意味の「おもしろい」という言葉にはちょっとあてはまらない、
それでいて、心の中に入り込んでくる「ワクワク感とおもしろさ」という点では、「さすが‥」の一言でした。

私は、小説でもコミックでも、「あとがき」を楽しみの一つにしています。
著者さんご自身が書かれている場合もあるし、編集者さんだったり第3者的な立場の方がコメントされていたり。
そこで、新たな気づきをもらったり、別角度からの切り込みに「それもありなんだ‥」と感動が深くなって、一冊で2度美味しいってことよくあります(^.^)

このコミックの各巻にも「あとがき」、ありました。
ただ今回は、それらを読んでいるうちに、この作品のさらなる深さを知ることとなって、MY感想を気軽に口にすることができなくなったというのもあったりします(^^;

ちなみに、私のお気に入りは、ノース2号さんの章。
全体のストーリーからすると短めなのですが、気難しい音楽家さんとのやりとりがせつなくて温かくて、ホロリときてしまいました。
マントを外した時の様相はロボット、でも自然に「さん」をつけてしまいます‥。

子どもいわくの「読んでおいた方がいい」PLUTO。
ちょっと偉そうでなんですが私も同感です(笑)

さあ、今日から9月。
新たな気分で、元気にまいりましょう〜♪

Twitterでもちママへつぶやく  
 
>>>Topページへ